トイレのトラブルと言えば、すぐに思いつくのがトイレのつまり、水が流れない、水が止まらない、の3つです。しかし細かく見てみると実に様々なトラブルが上がってきます。例えば、便座のひび割れ、水洗ロータンクのフタが開かない、手洗い管の排水口の汚れ等々多種多様です。これらのトラブルがあった場合、時間があるのならぜひ自分で直してしまいましょう!

トイレの水が止まらない時の対策

自宅の水洗トイレから水の音がする場合、タンク内でトラブルが発生していると考えられます。便器に水を流す役割を果たしている部位をオーバーフロー管と言いますが、タンク内の水が一定以上上がると水が止まらない場合、水がオーバーフロー管よりも上に行ってしまっているのかも知れません。→詳しくはこちら



水漏れを発見した時の対処方法

水周り、特にトイレの水漏れは臭いや汚れの原因になり、放置しておくとカビの発生や、その水漏れが下の階のお部屋に広がるなどの事もおきかねません。またほかにも水がでないとか、タンクの水が溢れる、そして、タンクから便器にちょろちょろと水が流れ続けている、などの症状もあります。→詳しくはこちら



ゴムフロートのトラブルによる水漏れ

レバーが直らず水がジャージャー流れっぱなしの場合、タンク内にあるゴムフロートが上がりっぱなしになっていないか、きちんとはまっているかを確認しましょう。ゴムフロートの下にゴミがあったりするときちんとはまりません。また、ゴムフロートが劣化していると水がちょろちょろ流れてしまいます。→詳しくはこちら



ウォシュレットの故障による水漏れ

自宅の水洗トイレから水の音がする場合、タンク内でトラブルが発生していると考えられます。水周り、特にトイレの水漏れは臭いや汚れの原因となってしまい、放置しておくとカビの発生や、その水漏れが下の階のお部屋に広がるなどの事もおきかねません。また、他にも水がでないとか、タンク・・・→詳しくはこちら



トイレタンクからの水漏れトラブル

前日は何事もなく使用できていたトイレが、翌朝起きてみると水が漏れていて床が水浸しになっていた、と言う経験ありませんか?トイレの中を見てみるとタンクから水が次々にあふれ出ていて起きたての頭はパニックに。そんな時、考えてしまいがちなのが床の水をどうにかしないと、と言うことですね。→詳しくはこちら



流した後に水がダラダラ流れ続ける

トイレの水を流した後、ダラダラと水が流れ続け止まらなくて困ってしまった経験はないでしょうか。水が止まらなくなってしまったら、大惨事になる前に対処していきましょう。まずタンクの中をのぞいてください。空気が入った丸いボールのようなものが浮かび上がらなくて、水が止まっていませんか?→詳しくはこちら



和式トイレの水漏れトラブルの対策

和式トイレのタンクは壁の角に三角に取り付けられています。配水管で便器とタンクがつながっています。和式トイレでも洋式トイレでもロータンクの場合、水漏れの修理方法はほとんど変わりません。使用後に水がいつまでも流れ続ける現象が続けば、タンク内部に原因がある場合がほとんどです。  →詳しくはこちら