和式トイレでの水漏れの原因とは

和式トイレのタンクは隅付きロータンクと言って、壁の角に三角に取り付けられています。配水管で便器とタンクがつながっています。

しかし、和式トイレでも洋式トイレでもロータンクの場合、水漏れの修理方法はほとんど変わりません。使用後に水がいつまでも流れ続ける現象が続けば、タンク内部に原因がある場合がほとんどです。

現在多くの家が洋式トイレを設置していることを踏まえると、和式トイレの水漏れの場合、タンク内部の部品の劣化の可能性が高いのではないかと思います。


和式トイレの水漏れトラブル確認方法

和式トイレ

まずは、止水栓を閉めましょう。

次にタンクのフタを開けて中を調べなければならないのですが、古いタイプの隅つきロータンクの場合、タンクのフタをあけられない場合があります。

原因はタンクのフタが手荒い管ホースとつながってしまっているからです。この場合、ホースはネジでとめられているので、ネジを外してから作業を始めましょう。

その際、古いタンクの場合は陶器で出来ていますので、フタを落とさないように気をつけましょう。

タンクのフタを開けることが出来れば、あとは洋式トイレの場合と変わりません。

タンク内の水位を確認して、それぞれの症状にあわせた修理をしていきましょう。

・水漏れを発見したときの対処法  ・ゴムフロート・ボールタップの劣化による水漏れ  ・オーバーフロー管・浮き玉トラブル

ただし、和式トイレ自体が古い場合は、下手にいじると症状が悪化してしまうこともあるので注意しましょう。


和式トイレでの水漏れ応急処置

配水管から水漏れしている場合は、とりあえず融着テープで応急処置をしましょう。水漏れしている箇所に融着テープをグルグル巻けば完了です。

これはあくまでも応急処置なので落ち着いたら業者に頼むなり、自分で配管を変えるなりしてください。長年使用している古い配管は、中から腐食している場合がありますので、交換することが一番確実です。

ちなみに、和式トイレの場合、水漏れは対応できても水のつまりは便器が床とくっついてしまっているため、素人ではかなり難しいので業者にお願いしてください。