水栓トイレの水が止まらない場合

トイレタンク構造

自宅の水洗トイレから水の音がする場合、タンク内でトラブルが発生していると考えられます。

まず便器に水を流す役割を果たしている部位をオーバーフロー管(予定した水面より水かさが上がって 水が溢れるのを防ぐために水を流すパイプ)と言います。

もしタンク内の水が一定以上上がっても水が止まらないのならば、水がオーバーフロー管よりも上に行ってしまっていることが考えられます。

浮き玉が外れてしまっていたり、何かに引っかかった状態で下がったままになっていたり、もしくは浮き玉が破損していて中に水が入ってしまっていると、タンクへの水の流れが止まらないといったトラブルが発生します。


オーバーフロー管よりも水位が上にある場合

オーバーフロー管よりも水位が上にある場合、タンクに水を送り込む部品のボールタップ内のピストンバルブが劣化している可能性もあります。

浮き玉によるトラブルの音が勢いのいいジャージャーという音ならば、こちらは少量の水が流れるポタッポタッという音です。水の音で判断してみましょう。


浮き玉による水漏れトラブルの修理方法

トイレの水供給の仕組みは、浮き玉がタンク内の水の量によって浮き上がることで、水が止まる仕組みになっています。ではまず、浮き玉によるトラブルの修理方法から見てみましょう。

必要な工具はプライヤー(物をつかんだり挟んだりする作業用の工具)です。最初に止水栓で水を止めましょう。

タンクのフタを開け(開けづらい場合もあります。あきらめずにタンクをずらして開けてみましょう。)、浮き玉を確認します。浮き玉はタンク内の水の量を調整する重要や役割を果たしていますから、外れていたら浮き玉を回転させてねじ込み直します。

支持棒がボールタップから外れている場合には、支持棒を回転させてねじ込みなおしましょう。外した際に浮き玉に破損がないかチェックするのも忘れずに。もし破損が見つかったら新しいものに交換しましょう。

また、一般的によく起きてしまうトラブルとしては、浮き玉に付いているチェーンが外れてしまうことでも水漏れが発生しています。

この場合は、外れてしまったチェーンを再び浮き玉にかけることで解消しますが、 注意点としては、チェーンをかける際、チェーンの長さは長すぎず短すぎず、調度いい長さに調節してください。