トイレがつまってしまう主な原因としては、大半の場合トイレットペーパーによるトラブルが多いですが、タンク内に水があるにもかかわらず、トイレの水が流れないといった場合は、タンク内で鎖が切れてしまっていたり、浮き玉の劣化などにより、正常な働きができていない場合などもあります。ここではそれぞれのパターンによる自分で出来る修理方法をご紹介いたします。

一般的によくあるトイレのつまり

トイレのつまりは突然やってきます。何気ない日常に突然起こるので、ほとんどの方がプチパニックになってしまいます。トイレが詰まってしまう一番の原因は、大量のトイレットペーパーが流れきれずに詰まってしまうことです。子供のいたずら、もしくはトイレ自体が老朽化してしまっているのか。→詳しくはこちら



タンクに水があるのに流れない場合

水が出ないトラブルは、大抵の場合は簡単に直すことが出来ます。水が出ないと思ったらまず止水栓を確認してみましょう。長期旅行の際、止水栓を締めていた事を忘れてしまう人が意外と多いのです。また、ボールタップのバルブが汚れてたり、異物が付着してたりする時も水が流れにくくなります。→詳しくはこちら



タンク内に水がない時の流れない原因

タンクに水がない場合、浮き球がタンクの内側に引っかかっていたり、ピストンバルブが汚れていて浮き玉が上下できず、タンクに給水されていない可能性があります。水がなければ、まず止水栓を調べてみましょう。ここが問題なければ、次は浮き玉のチェックです。壁に引っかかったりしていると・・・→詳しくはこちら



吸引カップでつまりを解消する方法

トイレが詰まってしまう原因は、大抵の場合トイレットペーパーの流しすぎか、もしくは水に溶けない紙を流してしまい、排水口でつっかえてしまうというものです。「水に溶けます」と言う書き込みがあっても、大量に流してしまえばつまりの原因となります。流した際に水の量が通常よりもあきらかに・・・→詳しくはこちら



配水管用ブラシを使用してつまりを解消

吸引カップを使用しても駄目なときは、配水管専用のワイヤー式パイプクリーナーを使用してみましょう。使い方は、ワイヤーを排水溝の奥深くまで押し込んで、ゴミを引っ掛けます。もちろん見えないので、そこは手に感じる手ごたえで作業を進めてみてください。ゴミが引っかかった事を感じたら・・・→詳しくはこちら