水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2021年09月17日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

お役立ち情報詳細

【お風呂の排水溝】つまりの原因と直し方を解説!ひと目でわかるつまりの原因は?簡単に解消する方法も紹介

お風呂場を使った時、水が流れなかったり逆に排水口から水が溢れたりすると慌ててしまいます。

これらは排水溝詰まりの症状です。排水溝の内部に何かがつまっていて水が流れなくなってしまっています。

何が原因で詰まりが起こるのでしょうか。お風呂の排水溝詰まりの原因と自分でできる解消法を解説します。

突然起こるお風呂の排水溝つまり

浴室

ある日お風呂場を使うと排水口から突然水があふれ出して大惨事になった、というのは水回りトラブルでよくあることです。

こうしたつまりは突然起こるものと感じる人が多いですが、実際はそうではありません。

何年もの長い期間の間積み重なった汚れやゴミがつまりを引き起こしているのです。

排水溝つまりの原因

水

何故排水溝がつまるのか、その原因が分からなければ解消のしようがありません。

つまりはどの家庭にも起こりうることです。トラブルの原因はしっかりと把握しておきましょう。

特に多い原因は髪の毛

排水溝つまりの原因で最も多いのは髪の毛です。

体を洗うお風呂場では当然抜けた髪が大量に出てきます。排水溝はこれらもすべて吸い込んでいるのです。

排水口のすぐ下には髪の毛やゴミを受け止めて排水管につまるのを防ぐヘアキャッチャーという部品があります。

しかし髪の毛とゴミ、汚れが混ざることでヘアキャッチャーの穴が埋まって詰まってしまうことも多いです。

髪の毛が排水溝に流れることは必然なので、定期的に掃除をして溜め過ぎないようにしましょう。

皮脂や石鹸カス

排水管に蓄積した汚れ髪の毛と同様につまりの原因として多いのが汚れです。

お風呂場は石鹸カスや体からでる皮脂汚れが大量にでます。それらは水に流され、排水溝に溜まっていくのです。

皮脂汚れと石鹸カスが混ざるとぬめり汚れになり、さらに髪の毛が絡むことでつまりの原因になります。

またこのようなぬめりは雑菌が発生しやすく、悪臭の原因にもなるのでこちらも定期的に取り除くことが大切です。

異物がつまっている

化粧品

髪の毛や皮脂汚れは自然に溜まるものですが、人為的な事故で異物を排水溝に落としてしまい、つまってしまうこともあります。

排水溝掃除の際に誤ってブラシなどを落としてしまうといった二次災害が起こらないように注意しましょう。

他にも普段使っているシャンプーボトルのキャップや、かみそりの刃などが落ちてしまうことも意外と起こりうることです。

これらの異物に汚れや髪の毛が付着して、大きなつまりの核になってしまうと自力で解消するのが難しくなってしまいます。

異物は薬剤を使って溶かすことはできません。道具を使っても取り除けないほど奥まで落ちてしまっている場合は業者に相談しましょう。

つまり解消に必要なもの

歯ブラシ

浴室の排水溝つまり解消に必要なものを紹介します。そこまでしつこい汚れでないなら、専用用具がなくても家にあるもので十分です。

  • 歯ブラシ
  • ゴム手袋
  • ティッシュ
  • ビニール袋

つまりの原因が奥にある場合はワイヤーブラシなどの掃除用具もあった方が良いでしょう。

次に汚れを落とすための薬剤ですが、歯ブラシや水で洗い流せる程度なら必要ありません。

しっかり綺麗に洗ってしまいたい場合は塩素系洗剤重曹とクエン酸などが有効です。

汚れている部分につけてしばらく置き、水で洗い流しましょう。

パイプユニッシュならパイプの上から薬品を注ぐだけでゴミや汚れを溶かすことができ、ます。

また排水溝はカビも発生しやすい場所です。カビもとりたい場合はカビキラーなども用意します。

カビ用の洗剤は毒性があるので直接触れないようにしてください。

つまりの簡単な解消方法

排水溝掃除

排水溝の中にある排水トラップが取り外せるタイプの場合、つまり解消はそこまで難しくありません。

ゴミを取りながら、手前から順に部品を丁寧に外していきましょう。

もし排水トラップが外せないタイプの場合は可能な範囲での掃除になります。

それでもつまりが解消できない場合は業者に相談したほうが良いでしょう。

排水口のフタを取り外す

当然ですが、排水口にはフタがあります。これを外しましょう。

ゴミがついていたら予め取り除いておくと後が楽になります。

ヘアキャッチャーを外す

フタの中にはほとんどの場合ヘアキャッチャーというゴミ受けがあります。

排水管が詰まらないようにするためにある部品なので、無論髪の毛や汚れが一番溜まりやすい場所です。

ゴム手袋をはめた手で髪の毛やゴミなどを取り除きましょう。

排水トラップ(封水筒)を外す

ヘアキャッチャーを外すと排水トラップという水が溜まっている部品があります。これらが入っているのが封水筒です。

この部品を外すと詰まった髪の毛や汚れが出てくることがあります。しっかり取り除きましょう。

これは排水管から上がってきた悪臭や害虫などが浴室に入ってこないようにする部分です。溜まっている水が封水と呼ばれます。

溝にこの封水となる水が溜まっているのですが、構造上ゴミが溜まりやすい場所です。

ここがつまりの原因になることもあるので、ゴミや汚れが溜まっていないか確認しましょう。

ただし、中身が確認できない場合は無理に外さないようにしてください。破損の原因になります。

排水ピースを外す

次に排水ピースという部品があるのでこれも外しましょう。

ここから下は排水管になります。

排水ピースがあった場所もゴミが詰まっていることがあるので、これも取り除いてください。

ゴミを取って各部品を掃除する

歯ブラシ

外した部品についたゴミと汚れを取り除きます。

取ったゴミはティッシュに包み、ビニール袋に入れて捨てましょう。

こびりついた汚れは古い歯ブラシ(なければスポンジ)でこすって落としてください。

ゴミをとってから汚れを拭かないと、洗い流した時に排水管が詰まる恐れがありますので注意が必要です。

頑固な汚れがあり水で洗い流すだけでは落としきれない場合は薬剤をつけておく必要があります。

しばらく時間を置いたら洗い流してください。排水管も一緒にシャワーで洗っておきましょう。

排水管がつまっているようなら、パイプユニッシュなどを使うと汚れを溶かすことができます。

またワイヤーブラシがあると直接つまりの原因を落とすことも可能です。

外した順番と逆の順に部品を戻す

部品もパイプもきれいに洗ったら、先程外した時とは逆の順番で部品を戻していきます。

排水溝のつまりは未然に防げる

お風呂場

排水溝のつまりは自分で解消できますが、一番大切なのはそもそもつまらせないことです。

日頃からメンテナンスをしたり、目立つ髪の毛などは毎日手で取り除いておいたりしておくとよいでしょう。

1、2週間に一度パイプクリーナーで汚れを溶かすのも効果的です。

長年蓄積した汚れやゴミは固くなり、パイプクリーナーなどを使っても落とせなくなってしまうことがあります。

そうした事態を防ぐためにも定期的なメンテナンスが大切です。

もし薬剤で落とせない状態になっていたらワイヤーブラシやラバーカップなどの道具を使いましょう。

お風呂場の排水溝は汚れの蓄積に注意しよう

浴室

排水溝つまりの原因と解消法について解説しました。

浴室は日頃から使う上に体を洗う場所なので、どうしてもゴミや汚れがでます。

しかしそれらを長い間放っておくとつまりが起こってしまうのです。

つまりは何の前触れもなく突然起こるのではなく、大抵蓄積したものが一定のラインを超えることで起こります。

だからこそ、日頃から掃除をして気を付けるようにしましょう。そうすれば予防することが可能です。

つまっていなくても排水溝の状態をチェックしておくことをおすすめします。

関連記事:お風呂のお湯が出ないときの対処方法

お風呂・シャワーの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom
Copyright© Aqualine Ltd. All Rights Reserved.