お役立ち情報詳細

トイレのつまりを道具なしで直す方法を紹介!家庭にある物を使った直し方とは?専門道具が必要な状況も解説

2020/12/02

トイレがつまってしまったけれどつまりを直す道具がない、買いに行くにもお店が遠くて難しい…といった状態でお困りの方が多くいらっしゃいます。
発生してしまったそのトラブル、専門の道具を使わずに一時的に直せる可能性があります。
トイレのつまりを専用道具を使わずに直す方法を詳しく解説します。

道具なしで直せる状況とは

モンキーレンチ

専門の道具を使わずに直せるつまりの症状は、「水溶性のもので発生しているつまり」「手や専門道具の代用品が届く範囲でのつまり」に限られています。素手で直す場合は大きめのビニール袋やゴム手袋を装着して手を突っ込むことになりますが、こちらは最終手段です。その前に実践できる「一般家庭にあるもの」を使用してつまりを改善しましょう。

つまりを専門道具なしで直す!

手を直接便器の中へ突っ込むことに抵抗がある方が大半でしょう。また衛生面でもあまりおすすめはできません。では、トイレのつまりを直せる「一般家庭にある物」とは何なのでしょうか。使い方とともに紹介します。

お湯

火にかける

つまりの原因がトイレットペーパーや流せるトイレクリーナー等の水溶性物質の場合に有効的な手段です。熱湯ではなく40度から最大でも50度までのお湯を使うことが重要です。熱湯を流し込んでしまうと陶器でできている便器にひび割れが生じる原因となってしまいます。

お湯の準備ができたら、便器より少し高い位置から勢いをつけて排水口へ流し込んでください。水を流し込むときにはできるだけ便器内に水がない状態にしておくと、より効果的です。可能であれば水を抜いておくと良いでしょう。流し込んだお湯がつまりの原因を溶かし切るまで1時間程度かかりますので、それまでにバケツに水をくんでおきます。

1時間ほど経過したらバケツの水を流し込み、水位が上がらず正常に流れていくか確認しましょう。問題なく流れているようであればレバーで水を流して完了です。

重曹×お酢

お湯を流しても改善しない場合は、重曹とお酢を試してみましょう。重曹150g、お酢100mlを使います。まずは重曹とお酢を直接便器の中に投入し、便器の穴が塞がる程度までお湯を勢いよく注いでください。その後はお湯の時と同様に1時間程度待機します。

同じくバケツのお水を注ぎ込み、水位が上がらずに流れていくか確認します。お料理のふくらし粉としてよく使われる重曹ですが最近は掃除に使う方が増え、ご家庭に常備している場合も多いでしょう。手元にあるもので簡単につまりが改善できるおすすめの方法です。

ペットボトル

ペットボトル

先述の方法は水溶性物質をほぐす、あるいは溶かしてつまりを解消する方法でした。それでも流れない場合にはペットボトルで物理的にアプローチする方法もあります。

500mlのペットボトルの下3cm程度をカッターやハサミで切り、キャップは外してください。キャップとは逆、切断した方から排水口にペットボトルを差し込み、ペットボトルの口を指で覆います。

実はトイレのつまり解消に使うラバーカップと同じ状況を簡易的に作り出せるのです。口をふさいだペットボトルをラバーカップの要領で上下に押したり引いたりしてください。

つまりの原因が押し出されたら完了です。ペットボトルを動かす際に汚水が手にかかる可能性があるため、ゴム手袋やビニール袋で手をカバーすることをおすすめします。

針金ハンガー

針金ハンガーを解体するかペンチで切断し、先端を変形させて丸く輪を作ります。針金の先端を差し込んでしまうと便器に傷がついてしまうため、必ず丸くしておきましょう。これを排水口に差し込みます。何度か抜き差しを繰り返し、つまりの原因を削ることができれば水が流れていくはずです。

最後にバケツで勢いよく水を流せば、つまりの原因が多少残っていたとしても一気に流れていく可能性があります。水位が元に戻れば完了です。上記のいずれの場合もタンクから水を流すと水位が上昇して漏水の原因になる場合がありますので、必ずバケツ等で水を流して確認しましょう。

ビニール袋2枚

全ての方法を試してみたもののつまりが改善されない場合の最終手段として、ビニール袋を使った方法をご紹介します。念のためゴム手袋をはめた上からビニール袋2枚で手を覆います。目に見える個所や手の届く範囲につまりの原因があれば、直接掻き出してください。

手の届かない個所の場合には、排水溝の穴を塞ぐようなイメージでグーにした手を突っ込んで勢いよく押し引きを繰り返します。こちらもラバーカップと同じ原理です。とにかく直ぐにつまりを解消させたい場合におすすめします。

放置しても良い場合

トイレットペーパーや便によるつまりであれば2時間〜3時間程度様子を見ることで解消される場合があります。あまり急いでいないのであれば3時間ほど放置した後にバケツで水を流して確認をしてみると良いでしょう。

専門道具が必要な状況とは

先述の方法で解決しないトイレットペーパーや便の頑固なつまりや固形物の詰まりに有効なのが「専門道具」を使う方法です。どれもホームセンターで販売されている一般的な道具で、価格は2,000円前後。万が一に備えて常備しておくと良いでしょう。それぞれどのようなつまりに有効か、また使用方法を解説します。

ラバーカップ

トイレットペーパーやトイレクリーナーを大量に流してしまった場合に有効です。排水口を塞ぐようなイメージで直接突っ込み、真空状態を作り出した状態で押したり引いたりします。そのため真空が解除される際に水が跳ねてしまうことが多々あります。

またつまりが解消したことで汚水が溢れる可能性もありますので、使用時はラバーカップの上から便器全体をビニール袋で覆ったり、床にはビニールシートを敷いたりといった対策をおすすめします。

真空パイプクリーナー

真空パイプクリーナーはラバーカップよりも高い効果があります。ラバーカップと原理は同じですが、取手を引くだけで同じ効果を得られるため水が跳ねにくいのがメリットです。サイズによって使用用途が異なりますので購入時には注意が必要です。トイレのつまりには大きいサイズを購入しましょう。

ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは真空を利用する道具とは異なり、トイレの中へワイヤーを挿入してつまりの原因を直接削り、破壊する方法です。「排水管用」と「トイレのつまり用」が販売されているため、トイレのつまりを直す場合には必ずトイレ用を購入しましょう。

つまりが直った後は?

洗面所

つまりが直った後トイレの詰まりを繰り返すようなことがなければそのまま様子を見ても良いでしょう。しかし繰り返し詰まるようであれば排水管の中につまりの原因となるゴミや汚れが蓄積している可能性があります。またトイレのつまりはタンクから流れる水の量にも影響しますので、タンクにも異常がないか確認する必要もあるでしょう。そのため業者へ連絡して点検や無料見積もりを依頼してみましょう。

つまりが直らない場合

水滴

上記の方法でつまりが直らない場合、排水管の奥につまりの原因となる不溶性固形物がつまっている可能性があります。またつまりの原因は排水管の中にある固形物だけでなく、排水管自体が劣化して流れが悪くなっているケースも考えられます。ご自身でつまりを解消できない場合には漏水などに繋がらないうちに業者に点検してもらいましょう。

まとめ

洗面所

自宅にあるものを使ってトイレのつまりを解消することは可能です。また原因によっては2〜3時間放置するだけで自然に解消することもあります。そのため慌てずに色々な方法を試してみれば、数時間で解決できるかもしれません。

しかし全てのつまりをご自身で直せるわけではなく、根深い原因がある場合は改善どころか更に状況が悪化する恐れもあります。また熱湯を使ってはいけなかったり汚水が飛び散ったり、漏水しないように注意したり、注意点が沢山あります。

できるだけ素早くつまりを解消するには、業者に依頼するのがもっとも確実です。24時間体制で受け付けている業者を選べば「今すぐどうにかしたい」というご希望にも沿うことができるでしょう。

icon

まずはお電話でご相談ください!

通話料無料
24時間受付
ico_phone

0120-0120-24

通話料無料
24時間受付

「 ホームページを見た」でご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210122
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop