お役立ち情報詳細

めざましい進化!現代の日本のトイレ事情

2017/12/08

昭和30年代の日本のトイレ

昭和30年代のトイレは、汲み取り式のトイレが一般的でした。
トイレは臭く、汚い場所というイメージが定着しており家の奥に設置する家庭が多かったのです。

トイレはしゃがんで用を足す和式で、今のようなロールタイプのトイレットペーパーはなく、紙を1枚ずつ取ってふいていたようです。
ハエなどの虫が寄ってこないようにハエ取り紙を用意したり、便器には木製のフタが備えられていました。

そして用を足した後は、手水という手洗い桶で手を洗っていたようです。

昭和60年代の日本のトイレ

昭和60年代には水洗トイレが主流となり、どの家庭にも広まるようになりました。

今では欠かせないウォシュレットもこの時代に発売されましたが、当時は便座カバーが主流だったことと、価格が高かったため設置している家庭は少なかったようです。

しかし、その後ウォシュレットは1994年には50万台、2005年には2000万台も売り上げるトイレの必需品となりました。

現在では海外旅行客がウォシュレットをお土産に買って帰る光景も珍しくなく、世界にも日本のトイレ技術が認められるようになりました。

昭和60年代のトイレは現在のトイレに比べ、一度に使用する水がかなり多いものでした。

このため、トイレの回数が多いと水道代が高くなるというイメージが強かったようです。
現在では当時の半分の水量で水を流せるものなど、節水型のトイレの開発に取り組むメーカーが増えています。

進化し続ける日本のトイレ

トイレ
1993年にはタンクのないタイプのトイレが発売され、そのスタイリッシュなデザインと節水性により多くの商業施設に取り入れられるようになりました。

また、トイレの音を消す際に、水を流していた女性が多いことから開発された「音姫」が1998年に登場しました。こちらも主に商業施設に取り入れられ、現在では一般的になっています。

その後2000年には、ついに自動でフタが開閉し、水が流れる全自動のトイレが登場しました。
今では珍しくないこのトイレですが、海外からきた観光客は驚くようです。
今後もさらに便利で省エネのトイレが登場することでしょう。

こちらの情報はお役に立ちましたか?

自分でやってみるのが怖い。
プロにお願いしたい!

そんなお客様は
今すぐご相談ください!

まずは症状を教えてください!

通話料無料/24時間365日受付

フリー
ダイヤル

0120-0120-24

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210409
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop