お役立ち情報詳細

ウォシュレットの取り付け費用を解説!相場とチェックポイントは?後悔しないための正しい手順を知ろう

ウォシュレットをつける時、業者に取り付けをお願いする人は少なくないでしょう。

しかしながら、当然取り付けるにはお金がかかります。

どのくらいの費用がかかるのか、不安に感じる人もいるのではないでしょうか。

取り付け費用の相場や、ウォシュレットと業者の選び方について解説します。後悔しないための選び方を知っておきましょう。

取り付け費用の相場

お金と電卓

結論からいうと、ウォシュレットの取り付け費用は1万円前後が相場です。

オートやリモコン式洗浄タイプのウォシュレットにする場合、更に2000円ほど高いことが多いです。

もちろん業者によって値段に差があるため、よく吟味して選ぶのが大切といえます。

相場より安いからといって選ぶと、工事がずさんだったり、ウォシュレットが壊れやすかったりすることがあります。

必ず信頼できるメーカーかどうか、製品やサービス内容を確認しておいてください。

ウォシュレットそのものの費用とは別

先に紹介した1万円前後というのは、あくまでも「取り付けるための工事費」です。

ウォシュレット本体の価格は、また別途でかかるということを忘れないようにしましょう。

処分費用が別にかかることがある

古くなったウォシュレットを、新しいものに交換したいから予算を立てている…という人もいるのではないでしょうか。

またはウォシュレットに対応するために、新しい便座に取り換えるという場合も少なくありません。

その場合は、更に処分費(交換費)もかかります。処分費は約3000円程です。

追加費用がかかることがある

ウォシュレットをつける際にトイレに何らかの問題があり、その対応も必要だった場合は追加費用がかかります。

たとえばトイレの部屋にコンセントがなかった場合や、止水栓にトラブルが起こっていた場合などです。

コンセントをつけるとなると2万円、止水栓の修理は5000円~1万円ほどかかります。

決して安い値段ではありません。

依頼する前にこれらの追加費用がかかるかどうか、かかるならどのくらいかかるのかを確認しておきましょう。

このように、ウォシュレットをつけるだけと思いきや、予想以上にお金がかかってしまう可能性があるのです。

予算は多めに用意しておいた方が良いでしょう。

「基本工事費込セット」はお得?

業者

業者やメーカーによっては、ウォシュレット本体取り付け費用を合わせたサービスを行っている業者もあります。

費用は3万円前後が平均ですが、ウォシュレット本体の値段を考えると工事を別に依頼するよりもお得なことが多いです。

ただし、値段に含まれている工事はあくまでも「基本的にかかる取り付け費用」に過ぎません。

追加料金がかかる場合は更に高くなったり、サービス自体を受けられなかったりすることもある点に注意してください。

取り付け費用を決める際のチェックポイント

チェック項目

ウォシュレットの取り付け費用は、業者によって数千円程の差があります。

基本的には予算と相談して決めて問題ありませんが、あまりに安いものは避けた方が無難です。

これは工事費だけではなく、ウォシュレット本体の値段にも通じます。

というのも、ウォシュレットは本来精密機器です。

そのため安い製品は品質が悪くて壊れやすく、短期間で修理や交換に出さなければならなくなるケースも少なくありません。

工事においても、取り付けが甘いとウォシュレットが漏電したり、故障したりする危険性があります。

予算の事情はあるでしょうが、相場よりかなり低い値段の業者は避けておくのがおすすめです。

ウォシュレットの取り付けで後悔しないために

落ち込む人

ウォシュレットの購入や取り付けは、ある程度お金がかかることが分かったのではないでしょうか。

決して安い買い物ではないので、後悔しないためには業者だけでなく、製品選びも重要です。

そのためには、以下のことを事前にやっておくことをおすすめします。

複数の業者から見積もりを出してもらう

ウォシュレットの取り付けで後悔しないために最も重要なのが、複数の業者から見積もりを出してもらうということです。

ウォシュレット本体も取り付け費用も、業者やメーカーによって差があります。

そのため最初から「絶対ここ」と決めるよりも、複数で見積もりを出してもらって比較してから決めるのがオススメです。

サービスや追加料金がかかった時の対応も、業者によって違うことは少なくありません。

いくつか検討してから決めるのが、何よりも後悔しない方法になります。

また見積もりはネットからでも行える上に、匿名で依頼することも可能です。

気になる業者があれば、気軽に見積もりをお願いしてみましょう。

便座・部屋のサイズを知っておく

ウォシュレットを取り付ける場合、事前に便座のサイズを測っておきましょう。

計測すべき場所は以下の2つです。

・便座の取り付け穴から便座の先端
・便器の開口部

サイズによっては、ウォシュレットを取り付けるためのボルトが別に必要になったり、便器そのものを交換したりすることが必要になります。

また、トイレのある部屋の広さやコンセントの位置も事前に確認しておいてください。

ウォシュレットの種類を知っておく

当然の話ではありますが、ウォシュレットを取り付けるなら種類や機能について調べておくことも大切です。

ウォシュレットには「貯湯式」「瞬間式」の2つのタイプがあります。

貯湯式はタンクに貯めているお湯を事前に温めておく、従来式のタイプです。

瞬間式は、水を使う時に瞬間的に温める新しいタイプになります。

瞬間式の方が値段は高いものの、水切れの心配がなかったり、電気代が安くなったりと貯湯式にはないメリットがあるのです。

ウォシュレットとしての見た目は同じです。

これとは別にオート洗浄タイプリモコン操作ができるタイプなど、様々なウォシュレットがあります。

機能によって値段は大きく違いますし、追加料金が発生する可能性もあるのです。

ウォシュレットを使うなら、ウォシュレットのことを知っておきましょう。

ウォシュレットを自分で交換する場合

工具

ウォシュレットを取り付けるには相応の費用がかかります。

とはいえ、そこまで余裕がないという人もいるのではないでしょうか。

その場合リスクはありますが、自分でウォシュレットを取り付けるという方法があります。

自分でつける場合、かかるのはウォシュレット本体の費用だけで、取り付け費用は発生しません。

自力でウォシュレットの交換は可能

ウォシュレットの取り付けは業者が行っているイメージが強いですが、実は専門的な技術は必要ありません。

自分で取り付けることも可能なのです。

条件としては隅付を含むロータンクタイプのトイレで、かつ部屋の中にアースタイプのコンセントがあること。

また一般的なマイナスみぞやハンドル形式か、内ネジ式の止水栓であることも条件です。

以上すべての条件がそろっていれば、自分で取り付けられます。

そして取り付けるのであれば、モンキーレンチやマイナスドライバーといった工具も必要です。
手順としては

1. 便器を外す
2.ウォシュレットをボルトで取り付ける
3. 止水栓に分岐止水栓を取り付ける
4. 付属のホースとアース線を接続する

以上で取り付けることができます。

簡単に感じるかもしれませんが、実際にやってみると大変です。

また、先に解説したようにウォシュレットは精密機器なので、自力で取り付けると漏電などのリスクがあります。

慣れていないと手順が分からなくなってしまう場合も多いので、自信がない場合は業者に依頼するのが無難です。

工具費などでお金がかかる可能性がある

モンキーレンチ

自分でウォシュレットを取り付ける場合、取り付け費用がかからない代わりに工具などの費用がかかる可能性があります。

必要なのは先に解説した通り、モンキーレンチとマイナスドライバーです。

最近は取り付けるためのボルトがプラスチック製で、手で取り付けられる場合もあります。

しかし、多くの場合は工具が必要なので、家にない場合はホームセンターで買うなどして用意しておきましょう。

工具費は取り付け費用ほどではないですが、数千円ほどはかかります。

取り付け費用は店ごとに見比べて決めるのがオススメ

水道業者

ウォシュレットの取り付け費用について解説しました。

最近はウォシュレット本体の費用とセットで取り付けサービスを行う業者も多いです。

別途にするよりも安く済ませられる場合もあるのでオススメです。

ウォシュレット自体は自分で取り付けることもできますが、付けた後のトラブルなどを考えると業者に依頼するのが安全といえます。

決して安くはない費用がかかるからこそ、見積もりをよく比較し、納得した値段で取り付けてもらいましょう。

icon

まずはお電話でご相談ください!

通話料無料
24時間受付
ico_phone

0120-0120-24

通話料無料
24時間受付

「 ホームページを見た」でご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210301
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop