お役立ち情報詳細

トイレの洗浄レバーがおかしい? 原因と対処法

2017/12/08

トイレの水が流れない…このようなトラブルが生じると私達はとても困ってしまいます。
水が流れなくなる前に「トイレの洗浄レバーが動かない、空回りする」という異常を感じるはずです。
今回はトイレレバーに関するトラブルの原因と異常を感じた時に即対応すべき対処方法をご紹介致します。

 

トイレレバーの役目

トイレレバーの先には鎖がついており、タンクの底にあるフロートバルブと繋がっていています。
レバーを回すと鎖がフロートバブルを引っ張って持ち上げ、水が流れる仕組みになっています。

レバーの劣化や鎖が外れるなどのトラブルが生じると、フロートバルブの動きにも異常が生じて水が流れなくなったり、常に水が流れている状態が生じてしまうのです。
> トイレの修理と料金表はこちら

鎖の異常によるトラブル

フロートバブルを引っ張り上げる役目がある鎖に異常があると、さまざまなトラブルが発生します。

 

まず第一に確認したいのが「鎖が絡まったり他の部品に引っかかっていないか」という点です。
鎖が絡んでいれば必要な長さを確保できないのでレバーが正しく戻らずに水が流れたままの状態になることがあります。
この場合はレバーの動きがいつもと違うので、よく確認してみましょう。

 

次に確認するのは「鎖が外れていないか」という点です。
レバーの先には「大」と「小」用に2本の鎖が付いており、それぞれがフロートバブルにつながっています。

 

しかし、この鎖がレバーから外れているとレバーを回した時にとても軽く感じ、空回りするはずです。
鎖が外れていれば当然フロートバブルを持ち上げられないので水が流れないというトラブルが生じます。

鎖のトラブルはトイレタンクを開けて確認すればすぐにわかります。
気になる場合は一度タンク内をチェックしてみましょう。
> トイレの修理と料金表はこちら

トイレレバーの異常によるトラブル

トイレレバーの先には白いプラスチックの棒が付いています。
一度タンクの蓋を開けて確認をしてみましょう。
この白い棒の先に鎖が付いており、レバーを回すと鎖を持ち上げる仕組みになっています。

 

もし、白い棒についているネジが緩んでいたり、この棒自体が折れていれば、レバーを動かしても正常に作動しません。

レバーを回しても空回りしたり、いつもより異常に軽く感じる場合はトイレレバーの内側をチェックしてください。
ネジが緩んでいる場合はドライバーでネジを締め直し、折れている場合はホームセンターなどで新しいレバーの部品を購入して交換すれば直すことができます。
レバーの部品を購入する場合は、取り外したレバーの部品を持参して同じものを購入するようにしましょう。
> トイレの修理と料金表はこちら

修理する前に

洗浄レバーが故障した場合、修理する前にやっておきたいことを紹介します。

排泄物を流しておく

トイレの洗浄レバーがおかしいと気付くのは、いざトイレを流そうと思った時ではないでしょうか。

用を足した後になってからレバーがおかしくなっていることに気付き、水が流れなくなるのは慌てるものです。

便器に排泄物がのこったままなのは気になりますし、業者を呼ぶ必要があると判断してもためらわれます。

トイレ自体がつまっていないのであれば、水を注ぐことで流してしまうことが可能です。

バケツに6リットル程の水を入れ、便器に注いでおきましょう。便器内の汚水が跳ねないよう、静かに注ぐのがポイントです。

止水栓を閉じておく

修理をする際は、必ず止水栓を閉じておくようにしましょう。洗浄レバーの修理の場合、何度か異常がないかレバーを動かすことになります。

止水栓が閉じていないと水が流れてしまいます。修理中に水が流れると、部屋が水浸しになってしまうことがあるのです。

また、保険としてタンクの蓋も同時に外して開けておくと良いでしょう。

タンクの蓋は手洗い管と繋がっているタイプもあります。

その場合はナットを回して外すようにしてください。

レバーが戻らない場合の対処法

一度押した洗浄レバーが元の位置に戻らない、というトラブルは少なくありません。

更にレバーが元に戻らないことで水が流れっぱなしになってしまいます。

そのまま放置した結果、トイレの水道代だけで約7万円に上ったという事例もあるのです。

レバーの位置が元に戻らない・戻りにくい場合も、すぐに対処するようにしましょう。

レバーの位置が元に戻らない原因

レバーの位置が戻らない原因は様々です。

・劣化

・錆びや汚れ

・チェーンが他の部品に引っ掛かっている

・フロートバルブが外れてしまった

チェーンが引っ掛かっていたり、フロートバルブが外れてしまったりしているのであれば配置を見直す・取り付け直すといった修理をします。

ただし、チェーンやフロートバルブが原因だったというケースはあまり多くありません。

多くはレバー本体が汚れているか、劣化によるものです。

レバーが戻らないのは買い替え時のサイン?

レバーが錆びついている・汚れている場合は一度レバーを取り外し、きれいにしてから取り付けます。

しかしそのような原因らしきものが見当たらない場合、レバーそのものが劣化している可能性が高いです。

いわゆる「経年劣化」というもので、長年使っているトイレでよく起こります。

この場合は新品のレバーと交換するのが最適です。

経年劣化でレバーの位置が戻らないのはよくあることなので、「レバーが戻らなくなったら買い替え時」と覚えておくと良いでしょう。

慌てる前に自分でチェックと手直しを

0122_02

「トイレが壊れた!」と慌てて修理を依頼する前に、落ち着いてトラブルの原因を自分でチェックして手直しすれば、意外に簡単に直ることもあります。

 

トイレは私達の生活に欠かせない大切な存在です。
それだけに普段からチェックと調整を続けることが大切です。

 

トイレレバーのトラブルは女性でも手直しできることが多いです。
落ち着いて状況を把握して対処するようにしましょう。
> トイレの修理と料金表はこちら

こちらの情報はお役に立ちましたか?

自分でやってみるのが怖い。
プロにお願いしたい!

そんなお客様は
今すぐご相談ください!

まずは症状を教えてください!

通話料無料/24時間365日受付

フリー
ダイヤル

0120-0120-24

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210409
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop