お役立ち情報詳細

イナックスのトイレを修理する方法を解説!自分でどこまで修理できる?業者に依頼した場合の費用相場も紹介

2021/03/18

シャワートイレで人気のあるイナックス(現LIXIL)。しかし他のメーカーと同じく、使っていれば故障はつきものです。

費用の面を考えても、できれば自分で修理したいと思う人も多いでしょう。

イナックスのトイレが故障した場合、自力での修理は可能なのでしょうか。

また、業者に修理を依頼した場合の費用についても解説します。

イナックス(INAX)のトイレは自分で修理できる?

トイレ点検

結論からいうと、ある程度のトイレトラブルなら自分で修理することは可能です。

故障している箇所にもよりますが、そこまで重篤ではない水漏れやつまり、部品交換は自分で対応できます。

特に部品交換はとても簡単に行える上に、部品も店で売っているので手に入りやすいです。

ちなみにINAXの部品の方が良いという場合は、LIXILのパーツショップがあります。

これらは公式サイトから見ることが可能です。

とはいえトイレトラブルの経験がなく、自分で修理できるかどうか判断がつかない人もいるのではないでしょうか。

そのような人におすすめしたいのが、LIXILの公式サイトで行っているトイレトラブルの診断です。

症状別にどこが修理する必要があるのか、また自力で修理できるかどうかを確認することが出来ます。

修理できる場合、その手順も書いてあるので確認してみると良いでしょう。

トラブル別イナックストイレの修理方法

トイレ

イナックスのトイレで修理できるトイレトラブルと、その修理方法について簡単に解説します。

公式のトイレトラブル診断と合わせて確認してみてください。

タンクと便座の間からの水漏れ

タンクから水漏れしていたり、タンクと便器を繋ぐパイプから水漏れしたりするのはイナックスに限らずよくあるトイレトラブルです。

この場合はタンク内で異常が起こっていると考えられるので、タンクの中を点検します。

これ以上被害が広がらないために、点検する前に止水栓を閉めるのも忘れないようにしましょう。

タンクのふたを開け、樹脂カバーの上に水が溜まっていないか確認します。この上に水が溜まっていると水漏れしてしまうのです。

樹脂カバーの上に水が溜まっていたり、溜まっていた形跡があったりした場合は整流スポンジの故障が考えられます。

このスポンジを交換しましょう。

ゴム玉交換

水が止まらない場合、タンク内にあるフロートゴム玉に異常が起こっている可能性があります。

タンクを開けて上から確認してみましょう。

ゴム玉がずれていたり、鎖が絡まっていたりしているだけだった場合は正常に戻せば問題ありません。

チェーンが切れている、正常なのに正常に流れない等といった場合はゴム玉を交換します。

ゴム玉やチェーンは経年劣化で故障することが多い部品です。長い間使っている場合は買い換えを検討しましょう。

イナックスのトイレは洗浄方式の関係で、一つのトイレに大小二種類のフロートゴム玉があります。

どちらが必要なのかはまずトイレの型番を確認し、トラブル診断で必要なゴム玉を確認しておきましょう。

ゴム玉を交換するにはゴム玉を掴んでレバーに着いたリングの隙間からチェーンを引き抜きます。

無理矢理外すと部品が壊れてしまうので慎重に行ってください。

次に新しいゴム玉をはめます。最初にゴム玉をつけ、最後に外した時とは逆の手順でチェーンを取り付けましょう。

イナックスのトイレ用のフロートゴム玉は白い棒がついていて、より簡単に取り換え可能です。

それを中心の穴にはめ込み、最後にチェーンをレバーに取り付ければ交換完了となります。

イナックストイレの中にはフロートゴム玉が替えられない構造になっていることもあります。

その場合はメーカーに相談してください。

オーバーフロー管の交換

水が止まらない場合、ゴム玉ではなくオーバーフロー管に異常が起こっている可能性も否定できません。

管が折れたり故障したりすることで水が調節できなくなってしまうのです。

TOTOなどと比べると、イナックスでは起こりやすいトラブルといえます。

オーバーフロー管の交換はタンクを持ち上げたり工具を使ったりすることが多く、相応の力が必要です。

力仕事が苦手な人やあまりDIYに慣れていない人には難しいため、無理はしないようにしてください。

手順はまず止水栓を閉め、レバーをひねってタンク内にたまった水を抜きましょう。

ナットを外して給水管や便器からもタンク本体を外します。

オーバーフロー管以外のタンク内の部品も取り出しておいてください。

最後にオーバーフロー管を固定しているタンク底のナットを外します。

新しいオーバーフロー管を取り付けて固定し、他の部品も付け直しましょう。

止水栓を開けたらボールタップを調整し、水漏れがないか確認したら完了です。

トイレつまり

トイレとラバーカップ

イナックスのトイレでも、トイレつまりの解消法は基本と変わりありません。

トイレットペーパーや排泄物が詰まった場合、そこまで重度でなければしばらく放置することで直ることも多いです。

お湯や重曹とクエン酸・ラバーカップでより解消しやすくできます。

ただ、水に溶けない異物(固形物)が奥で詰まってしまった場合は自力で取り出すのは難しいでしょう。

業者に依頼して解消してもらうのが最適です。

水が流れない

水

水が流れない場合、トイレタンクを開けて水位を確認してみましょう。

オーバーフロー管に記されている「WL」より4cm以上水位が低い場合はタンク内の水位を調整する必要があります。

調整の仕方はボールタップの形状によって異なるので、形状に合わせた方法で行いましょう。

調整リングがある場合はリングを引き上げて右方向に回してください。90度回すと水位は8mmほど上がります。

下げる際は左方向に回しましょう。

リングがないタイプの場合は浮き球の棒を曲げます。水位が低い時は上に曲げ、高すぎた場合は下に曲げて調整しましょう。

曲げたら棒の付け根にあるナットをしっかりと占めることも大切です。

回し終わったらリングを下げて再び固定しておいてください。

逆に水位が高すぎる上に水が流れない場合はトイレつまりが疑われます。

イナックスのトイレで使える部品

バスルーム

イナックスのトイレの部品は、必ずイナックス(LIXIL)のものでなければならない、というわけではありません。

一般的な形状の部品なので、ホームセンターなどで購入することも可能です。ただし、部品のサイズなどはよく確認しておきましょう。

少しでもサイズが違えばトイレトラブルが解消できないどころか、新たなトラブルを招く可能性もあります。

このようなリスクがあるので、他のメーカーの部品では不安、という人もいるのではないでしょうか。

不安がある場合はトラブル診断の上LIXILのパーツショップから購入するようにするのが無難です。

業者に依頼する必要があるトイレトラブル

トイレ

部品交換や水位調節なら専門知識がなくてもDIYで対処できます。

しかしより重度のトラブルになるとそれは難しいでしょう。

業者に連絡すべきトイレトラブルを紹介します。

便器・タンクの破損

水位がおかしい・つまっているのではなく、本体が故障してしまっているのであれば業者に連絡する他ありません。

ひび割れている場合も同様です。本体が故障している際は交換になります。

便器と床の間から水漏れ

便器と床の間から水漏れしている場合、これは本体の取り付けがうまくできていない可能性が高いです。

自分で直せるものではないので一刻も早く業者に連絡し、見てもらってください。

応急処置として水漏れが発覚した時点で止水栓を閉めておくと被害が広がりません。

シャワートイレ本体からの水漏れ

シャワートイレが水漏れしているということは、シャワートイレ本体に異常が起こっているということです。

シャワートイレは機器なので、自分で直すのはかなり難しいといえます。

止水栓を止めて業者に連絡するようにしましょう。また、タオルを敷いておけば床下への漏水も防げます。

業者に依頼した場合の費用相場

お金

業者に修理をお願いする場合、気になるのは費用でしょう。

相場は修理によってまちまちです。簡単な修理なら1万円前後、大規模な修理になるなら5万円ほどはかかると思った方が良いでしょう。

さらに出張料などもかかってきます。

便器やタンクなどの交換となると、本体の費用も上乗せされることも忘れないようにしておきしょう。

イナックスのトイレにはLIXILのトータルサービスというサポートがあります。

トイレトラブルの相談だけでなく、修理も行ってくれるのです。

一般的な水道業者よりは費用が若干高いですが、正規料金内で修理してもらえるという安心感があります。

水道業者の中にはぼったくりな値段を提示したり、料金に見合わない修理をしたりするような会社があるのも事実です。

どの業者で修理をお願いするかは、複数から見積もりをもらいながらしっかり見極めて決めることをおすすめします。

自分で修理する場合は慎重に行おう

トイレ

イナックスのトイレの修理方法について解説しました。

イナックスだからといって特別なことはそれほどありません。基本的な修理方法は他のメーカーとほぼ共通しています。

どのメーカーでもいえることですが、トイレ修理は慎重に行うようにしてください。

修理に失敗してから業者に連絡すると、修理が大掛かりになって値段が高くなってしまうことも多いです。

またイナックスの場合はLIXILのサポートサービスもあります。

困ったことがあったら診断を受けたり、相談したりしてみることをおすすめします。

こちらの情報はお役に立ちましたか?

自分でやってみるのが怖い。
プロにお願いしたい!

そんなお客様は
今すぐご相談ください!

まずは症状を教えてください!

通話料無料/24時間365日受付

フリー
ダイヤル

0120-0120-24

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210409
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop