お役立ち情報詳細

洗浄剤がトイレの事故・故障の原因になるって本当?

2017/12/12

毎日使用し、家を訪れたお客様が使う可能性もあるトイレは常に清潔に保っておきたいもの。
洗浄剤を使って汚れを予防したり、定期的に洗剤を使って掃除したりして清潔さを保っている方がほとんどだと思います。
しかし、使用するトイレのタイプや素材によっては、洗浄剤・洗剤の使用が故障や事故の原因となってしまう可能性があります。

手洗い場に置くタイプの洗浄剤

トイレタンクの上部に手洗い場がついている場合、手洗い場に置くタイプの洗浄剤を使っているご家庭も多いのではないでしょうか。
こういった洗浄剤を使用することでたびたび見られる事故が、トイレの「水漏れ」です。

洗浄剤やタンクの形状によっては、トイレの使用後に水を流し、手洗い場の水位が上昇することで洗浄剤が転倒してしまいます。
転倒した洗浄剤が排水口をふさぎ、手洗い場から水が溢れてしまうのです。
手洗い部分に洗浄剤が隠れるくらいの深さがあり、なおかつ手洗い部分の注水量が多いという場合は特に注意が必要です。

また、手を洗った際に洗浄剤に手が当たって倒れてしまうというケースもあるため、手洗い場に置くタイプの洗浄剤を使用する場合は、水量を調整するなどの対策を行うようにしましょう。

タンク内に入れるタイプの洗浄剤

手洗い場に置くタイプの洗浄剤ではなく、タンク内に入れるタイプの洗浄剤を使用している場合も注意が必要です。

トイレタンクの中には、溜めている水が便器に流れないようにしておくための「ゴムフロート」という部分があります。
タンク内に入れるタイプの洗浄剤を使用することで、ゴムフロートの開閉を妨げてしまう可能性があるのです。

ゴムフロートが開いたままになっていると常に水が流れ続けてしまうため、水道料金が一気に跳ね上がってしまいます。
タンクに入れるタイプの洗浄剤を使用していて、「トイレから常に水の音が聞こえる」もしくは「流した後になかなか水が止まらない」という場合は、一度タンク内の洗浄剤を確認してみてください。

トイレの素材をよく確認して

先ほどは自動的にトイレを清潔に保ってくれる洗浄剤による事故・故障をご紹介しましたが、ブラシ等でお手入れする際の洗剤選びにも注意が必要です。

最近はトイレを清潔に保つため、さまざまな素材・コーティングが使用された便器が多くなってきています。
トイレの素材を確認せずに洗剤を使ってしまうと、割れや変形、またはコーティングの劣化の原因になってしまいます。
便器の説明書をしっかりと読み、適した洗剤で掃除をするようにしましょう

トイレの洗浄剤による事故や故障についてお話しました。
便利な洗浄剤ですが、注意して使用しないと水漏れなどの事故を招くだけではなく、トイレ内部の劣化を早めてしまう可能性もあります。
洗浄剤とトイレの注意書きを良く確認した上で使用し、トイレを清潔に保っていきましょう。

修理もやり方によってはトイレが破損してしまう可能性がある

トイレのつまりを解消する上で、薬剤を使ったりお湯を使ったりすることもあるでしょう。もちろんこれらでトイレのトラブルを解消することはできます。

しかしながら、使いようによっては逆にトイレの故障や破損の原因になってしまう可能性があるのです。正しい使い方で修理をするようにしましょう。

修理でトイレが破損してしまう原因・力の入れ過ぎ

つまりの原因を無理矢理とったり、こびりついた汚れにも力を入れてこそぎ落としたりすることもあるかと思います。

しかし、あまりにも力に任せてしまうとトイレが破損してしまう可能性があります。便器は陶器なので割れやすいのです。力の入れ過ぎには注意してください。

修理でトイレが破損してしまう原因・熱湯をかけた

トイレのつまりはお湯で直ることも多いですが熱湯は厳禁です。

先に解説した通り便器は陶器なので、熱湯をかけたら割れてしまう危険性があります。トイレつまりに使うお湯は必ずぬるま湯を使ってください。

修理でトイレが破損してしまう原因・薬剤が残っている

修理に使った薬剤は、必ず綺麗に拭きとっておきましょう。これは酸性薬剤・アルカリ薬剤問わず共通です。便器の表面を傷つけてしまいます。塩素系漂白剤を使う場合も同様なので注意しましょう。

加えて特に注意しておきたいのはトイレがウォシュレットだった場合です。薬剤が残っていると気化したガスがウォシュレット内に入り込んでしまい、故障を引き起こす可能性があります。
またウォシュレットに薬剤を使う際は、手早く拭き取るようにしてください。薬剤をつける場合は3分以内に拭きとるのがベストです。

トイレを破損させないために

つまりを改善する筈が、逆にトイレそのものを壊してしまっては元も子もありません。破損させないようにするには、正しい手順・正しい使い方で修理するようにしてください。
薬剤を使う際は必ず使用方法をよく確認しましょう。

また薬剤は化学反応を起こす危険性もあります。便器の破損だけでなく、人体にも害を及ぼす可能性もあるため、近くに別の薬品を置かないようにしてください。

拭き取る際は必ず濡れ拭き

便器についた汚れを布や雑巾で拭きとる場合、必ず水で濡らしてください。乾拭きだと繊維やプラスチックが陶器とこすれ、便器が傷ついてしまいます。

ウォシュレットに薬剤が付いた場合も同様です。
濡れた布でしっかりと、そして手早く拭き取りましょう。

業者が一番安全で確実

うっかりミスでトイレが破損してしまうかもしれない…と不安になる人もいるかもしれません。

どうしても不安な場合は、業者に依頼するのが一番安全です。

お金はかかりますが、専門技術を持っている人であればトイレを破損させず、確実にトラブルを解決することができます。

icon

まずはお電話でご相談ください!

通話料無料
24時間受付
ico_phone

0120-0120-24

通話料無料
24時間受付

「 ホームページを見た」でご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210122
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop