お役立ち情報詳細

便座の交換(ウォシュレット)

便座をウォシュレットに交換してみよう


便座が故障したと思ったら、思い切ってウォシュレットに変えることを考えてみてはいかがでしょうか。実はウォシュレットは、便座のみ交換すれば簡単に自分で取り付けることが出来ます。

賃貸の人でウォシュレットを考えている人は、退出時に再び取り付けるために、もとより付いていた便座を取り外した後、きちんと保管しておきましょう。

ただし、ウォシュレットを取り付ける際には、トイレに電気のコンセントがあることが条件となりますので、確認してみてください。

ウォシュレットの交換方法(本体の取り付け)

サイズが必要となるところは、

  • 便器の先端からタンクまでの全長
  • タンクから便器の穴の先端までの長さ
  • 便器の幅、便器の穴の縦の長さ
  • タンクから便器の取り付けネジまでの長さです。

もちろん、トイレの広さも確認しておきましょう。

また、止水栓とタンクの距離が長い場合、別にホースが必要となりますので確認しておきます。

※ ウォシュレットをご自分で取替え・取り付けを行う場合はとくに水漏れに注意してください。

【 新しいウォシュレットの交換方法 】

まず新しいウォシュレットを用意したら、既存の便座を外しましょう。外し方はナットを外し、ナットの後ろについている座金とパッキングを同様に抜いて便座を外します。

さび付いてナットが外れない場合は、スプレー式の潤滑剤を使用しましょう。

新しい便座の取り付け方は、製品によって異なる場合があります。大抵の場合、外し方の逆の手順で取り付け可能ですが、製品の取扱説明書を確認しながら行いましょう。

ウォシュレットの交換方法(給水ホース)


本体を取り付けることが出来たら次は給水ホースです。まずは止水栓を閉めてから、タンクのフタを外します。

次に工具を使って給水管を取り外して、新しいウォシュレットに付属している分岐金具を取り付けていきます。この際、パッキングを入れることを忘れないようにしてください。

給水ホースは柔らかいので、多少長さが少し違っても大丈夫です。また、ホースが新しいウォシュレットについていない場合もありますので、購入の際には必ず確認しましょう。

連結ホースをウォシュレット本体に取り付け、もう片方の先端を分岐金具に取り付けていきます。

タンクのフタを戻し、閉じていた止水栓を開け、タンクに水を入れて流れに不具合がないかも確かめましょう。ここまで終わったら、コンセントを入れてみて、便座が暖かくなれば作業完了です。

こちらの情報はお役に立ちましたか?

自分でやってみるのが怖い。
プロにお願いしたい!

そんなお客様は
今すぐご相談ください!

まずは症状を教えてください!

通話料無料/24時間365日受付

フリー
ダイヤル

0120-0120-24

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210409
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop