お役立ち情報詳細

ウォシュレットの故障による水漏れ

ウォシュレットの故障による水漏れ

また、他にも水がでないとか、タンクの水が溢れる、そして、タンクから便器にちょろちょろと水が流れ続けている、などの症状もあります。

さらには古くなって錆びた管のジョイントの水漏れで困るのが、ウォシュレットの故障と誤作動です。

最新式のウォシュレットは、ウォシュレット本体に水を貯める構造になっていないため、そのような故障はないのかもしれませんが、旧式のタイプでは水を貯蔵している部分から、水を発射する部分につながる部分の故障で、水漏れを起こすことがあります。

大きな水漏れでないので最初は気づきにくいですが、放置してしまうと便座の横に水漏れしていることが多くなります。専門の業者に見てもらえれば部品の磨耗による水漏れとわかるはずです。この場合、部品を取り替えることで水漏れはおさまります。

ウォシュレットの誤作動による水漏れ

故障ではないですが、水漏れの原因としてウォシュレットの誤作動もあります。 お尻洗浄のボタンを押すと水が発射されますが、誤作動が起こり発射した水が止まらなくなってしまうのです。

このため、トイレ周りに勢い良く発射した水が散乱し、床が水浸しになってしまいます。

原因はもちろん業者を呼んでみてもらえばすぐに判明して修理することが出来ますが、もしウォシュレットの老朽化が原因になっていると、修理してもまたいつ故障するかという不安があるため、老朽化してきた時は、ウォシュレットを新しいものに交換することも検討してみてはいかがでしょうか。

ウォシュレット交換と節水型への検討

ウォシュレットの交換は時間をかければ自分でも行うことが出来ます。

取り付け方としては、まず現在取り付けてあるウォシュレットを取り外していきます。(ウォシュレット便座は、ナットで2箇所止めてあるだけですので、簡単に取り外すことができます。)

次に新しいウォシュレットを固定するための部品を取り付けていきます。(こちらも同様に2箇所をナットで固定していきます。)

そして最後にウォシュレットのホースをトイレタンクに接続して終了です。注意点としては、ウォシュレットの位置調整を行う必要があるので、ナットを止める際、若干ゆるめにしておいた方が良いでしょう。

また、これを気に便器本体を節水型に変えることを考えてみてはどうでしょうか。節水型にすると水道代が年間で1万円以上違ってきます。

交換時の出費は痛いですが、後々のことを考えるときれいな新しいトイレを使用でき、電気代、水道代も安くなるので悪くないと思います。

便器を交換するのならば、ウォシュレットの交換はともかく、大工事になってしまうので業者に頼むことをおすすめします。

icon

まずはお電話でご相談ください!

通話料無料
24時間受付
ico_phone

0120-0120-24

通話料無料
24時間受付

「 ホームページを見た」でご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210122
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop