お役立ち情報詳細

水道工事の費用相場や業者選びのコツを解説!工事業者と便利屋の違いは?緊急事態に頼れる業者を探そう!

2020/12/01

突然起きてしまう水道のトラブルや今にも故障しそうな蛇口設備の交換等、実は水道工事が必要な事例は身近に沢山あります。
こうした水回りのトラブルに対応するのが水道工事業者です。
水道工事はトラブル箇所や症状によって修理費用が異なりますし、業者によっても費用に幅があります。
できるだけ安く、確実に修理してくれる業者に依頼したいものです。
今回は水回りのトラブル事例別の費用相場や業者選びのコツを解説します。
緊急事態に頼れる業者をあらかじめ探しておきましょう。

水道工事の費用相場

費用

水道工事は一般的に水道業者・修理箇所・修理に使用する部品・発生している問題の内容によって料金が変動します。
「前回の業者さんはもっと安く修理してくれたのに」ということにならないよう、工事代金の相場や基準を紹介します。

トイレ工事

トイレ工事で一番多いのが「つまり」の修理です。次いで漏水、タンクや便座の交換となっています。
項目別に見ていきましょう。

・便器のつまり:4,000〜7,000円
・排水管のつまり:8,000〜12,000円
・水漏れ修理:8,000円〜13,000円

つまり修理の相場は4,000円〜7,000円とですが、こちらは修理の工賃として考えましょう。この価格に出張費が加算されます。
出張・交通費の相場は3,000円前後となっており、合計するとトイレのつまり解消修理は7,000円〜10,000円が相場です。

風呂場工事

お風呂場の工事はシャワーや蛇口等の設備不良や漏水が主な修理内容です。
トイレの修理依頼とは違い、設備の入れ替えや部品の交換が必要なケースが多く、工賃以外に料金がかかります。
相場を把握して見積もりを依頼しましょう。

・シャワーヘッドの交換:8,000円〜12,000円
・シャワーや水栓のパッキン交換:3,000円〜5,000円

シャワーヘッドの交換やパッキン交換は部品の価格によって変動しますので、見積書に記載されている部品代金・作業費用を確認すると良いでしょう。

キッチン

台所

キッチンで一番修理依頼が多いのは漏水です。
キッチンシンクからの水漏れや蛇口のパッキンの劣化による漏水が多く見られます。
蛇口周りの水漏れであればパッキンの交換程度で終わるため部品代も安価ですが、シンク等の漏水となると防水工事が必要なこともあります。
相場を確認して見積もり依頼を行いましょう。

・蛇口のパッキン交換:2,000円〜3,000円
・シンクからの漏水:4,000円〜15,000円

キッチンシンクからの漏水の場合、必要な部品・パッキン交換だけであれば相場は上記が相場でしょう。
しかし修理すべき箇所が複数であった場合や床下部分・排水管が傷んでしまっていた場合には数万円の修理費用がかかります。
キッチンの排水管や収納部分から異臭がした場合は漏水に繋がるサインかもしれません。
すぐに状況を確認して初期段階で業者へ依頼することをおすすめします。

修理の無料相談・無料見積もり

マンションやアパートは新築時あるいはリフォームの際に新調している場合がほとんどでしょう。
しかし既存の戸建てを購入した場合や長年住み続ける中で水回りの設備を一度も点検・交換していない場合は注意が必要です。
水回り設備の耐用年数は10年〜20年といわれています。
10年以上設備を取り替えていない場合には水道管・排水管・その他部品が劣化している可能性がありますので点検依頼や相談、見積もりを取ってもらうことをおすすめします。
無料で点検してくれる業者もありますので、定期的に点検をして突然のトラブルや深刻な水漏れを未然に防ぎましょう。

業者選びのコツ

業者

水回りのトラブルのほとんどが「突然」起きます。冷静に業者を選ぶ時間的・精神的余裕はないかもしれません。
こうした場合に備えて予め依頼できる業者を決めておくのもおすすめです。
頼れる業者を選ぶために必ず確認したい条件をご紹介します。

緊急事態に対応してくれる

トイレが使えない等の緊急時に電話対応が遅い業者や「土日を挟みますので月曜日の対応に…」という業者には、いざというとき頼れません。
24時間365日いつでも連絡が取れ、すぐに対応してくれる業者なら安心して依頼できます。
自宅の近くに営業所を構えている年中無休の業者があれば、連絡先を控えておくと良いでしょう。

料金

料金は安いに越したことはないのですが、相場と比べてあまりにも安すぎる場合には作業費・部品代・交通費で上乗せされることがあります。
「見積もり依頼や呼び出しを受けた者勝ち」というように考えている場合もあるのです。
相場よりも高い金額を支払うことがないように、現地を目で見て確認してもらいましょう。
その後修理内容と工程別金額とともに見積もりを提示し、お客様が同意してから工事に着手する業者が一番です。

実績

「何年続けて営業しているか」というのは信用をはかる要素のひとつです。しかし修理が的確で素早く問題を解決して依頼主を安心させられるという点も重視してください。
素早く対応、つまり施工件数も大切な要素です。
「施工件数〇〇万件」等、安心できる実績を持つ業者を選ぶと良いでしょう。

施工は見積もり&同意の後に

業者に素早く駆けつけてもらい、とりあえず修理をしてもらって安心したところで請求をされる、という工事の流れにご注意ください。
いくらトイレが使えなくて焦っている状況でも、必ず見積もりをもらい金額に納得できてから修理に着手してもらいましょう。

工事業者と便利屋の違いとは?

作業員

便器のつまり等の軽微な症状は、水道業者以外に便利屋でも修理できます。
工事業者と便利屋にはどのような違いがあるのでしょうか。

工事業者とは

水道工事業者は水道工事についての資格と水道局からの指定を受けています。これが便利屋との大きな違いです。
排水管手前の便器つまり等であれば便利屋に依頼した方が安くなる可能性もありますが、原因が特定できていないケースや排水管・給水管を確認しなければならないような工事については、水道業者へ依頼する必要があります。

便利屋とは

便利屋の中にも水道工事の資格を保有している会社もあるのですが、便利屋は水道工事以外も請け負います。
そのため「実務経験」を考えると水道業者ほどの積み重ねがない場合がほとんどです。
何か他の用事と併せて便利屋に依頼しよう、ということであれば便利屋はその名の通り「便利」でしょう。
しかし確実に修理を終わらせたい・水道工事に対して質の高いサービスを受けたいということであれば、水道業者へ直接依頼しましょう。

保険の利用

ファイル

ご自身の過失ではなくマンションの上階からの水漏れや自然災害等で修繕費用が発生してしまった場合には、火災保険の申請を代行してくれる業者もあります。
ご自身が原因の水漏れやそれに付随する工事についても支払いをするより先に、まずは火災保険が適用されないか水道業者に確認してみましょう。

指定給水装置工事事業者

配管

指定給水装置工事事業者とは、その水道業者が地域の給水装置の設置工事を適正に行えるという認定を受けている業者です。
指定給水装置工事事業者ではない業者でも蛇口の交換等の簡単な修理はできますが、この認定を受けている業者はより安心して修理を依頼できます。

まとめ

水滴

水回りの修理を依頼する際、まずは業者選びから始めましょう。
必要な工事内容とそれぞれの詳細な見積もりに納得した上で工事を依頼すれば、料金面でのトラブルを防ぐことができます。
またトラブルは「突然」起きるということを念頭に、いつでも頼れる水道業者を事前に探しておきましょう。
簡単な点検を依頼して、どういった業者なのかを見極めるのもひとつの方法です。

icon

まずはお電話でご相談ください!

通話料無料
24時間受付
ico_phone

0120-0120-24

通話料無料
24時間受付

「 ホームページを見た」でご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

トイレの
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

通話料無料/24時間受付

ic_phone_contact0120-0120-24

お電話一本でお近くの拠点からお伺いします

168万件
修理実績
ic_contact_bot

WEBキャンペーン

ご注文の際に「ホームページを見た」と
お伝えいただくと・・・

ご請求金額より

2,000 円(税込) OFF

最新更新日
20210125
ico panda

まずは状況をお知らせください
通話料無料/24時間365日受付

ico panda

0120-0120-24

ico email メールでのご相談
pagetop