ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度97%※平成27年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

お役立ち情報詳細

これだけ読めば大丈夫!【シンクの排水溝のつまりを徹底解説】

お役立ち

シンクの排水口が詰まってきたときは

台所の排水口には毎日様々な汚れやゴミが流れ込みます。水洗いをしている際などに水の流れが悪くなったりした時は、排水口が詰まりかけている証拠です。

排水口は見えない部分なので掃除を怠りがちですが、汚れは日々たまっていきます。水の流れが悪くなったらまずは吸引カップを使用してみましょう。

使い方はシンクに水を溜めて、何度か押しつけるだけです。これだけでパイプのつまりが解消される場合もあります。あまり強く押し付けすぎると、引き抜くときに水が飛び散るので注意してください。もし吸引カップで駄目なようなら、シンクの下を調べてみましょう。

排水ポンプが原因のトラブル(ジャバラのつまり)

ここにゴミが溜まっていないのであれば、その下の排水ポンプが原因と考えていいでしょう。

バスケットの下には椀と呼ばれる、におい漏れ防止の器具があるのでこれも外します。

椀の下にある排水には、ジャバラホース排水パイプの2通りがあります。まずはジャバラホースから見ていきます。

ジャバラホースが詰まっていたら、配水管からジャバラホースを一度引き抜いて調べてみます。ジャバラホースはほとんどの場合、配水管から簡単に引き抜くことが出来ます。

抜いたホースの先は、バケツや桶など水をためて置ける容器の中へ入れておきましょう。 シンクから水を流してみて、容器まで流れていればジャバラホースは詰まっていません。

もしここで水が流れないようならば、ジャバラホースが原因のつまりなので、ジャバラホースを交換する必要があります。

排水ポンプが原因のトラブル(パイプのつまり)

次に排水パイプです。排水パイプの場合は、椀を外したらワイヤー式パイプクリーナーを入れて汚れを取り除きます。ちなみにこの方法をジャバラホースにやると、ホースが破れてしまう場合もあるので注意してください。

排水口のつまりは、日々の一手間で予防することが出来ます。液体パイプ洗浄剤を使えば、気軽に予防できますし、「重曹+塩」を寝る前にかけてお湯を流し込んでおくと、翌朝にはすっきりと汚れが落ちています。

また、油は固めてゴミ箱へ捨てる、そのまま流し込まないだけでもずいぶん違ってきます。排水ネットも合わせて使用して、なるべく異物を排水口に流し込まないように気を付けることが大切です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.