ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

大きな被害を出してしまうこともあるキッチンの水漏れ

水漏れ

キッチンの水漏れについて

生活に必須の設備として、キッチンはどこの家庭にでもあります。料理をしなくても、水は生活に欠かせませんし、洗面所がない場合には代用する場所にもなっています。キッチンは水を使う場所であることから、トラブルを起こしてしまうと、大惨事になってしまう可能性もあります。
特にシンクの下は、収納スペースになっている場合が多く、水漏れの被害によって、置いてあったものが使えなくなることもあります。さらに、2階で水漏れしてしまうと、1階に漏水する危険が出てきます。
そうなると、状況によっては責任問題が発生して、まとまった金額が請求されることも考えられます。もちろん、水漏れを放置しておくと、腐食する部分も出てきますし、異臭が漂う原因にもなります。水はどんどんとあふれてくるのですから、対策をしていかなければいけません。

キッチンの水漏れに関しては、大きな原因として蛇口やシャワーホースから漏れてくる場合と、シンクの下に原因がある場合があります。この二つの箇所を点検するだけでも、大きな問題を防ぐことができます。蛇口の場合、レバーに問題があることがあります。シングルレバーが増えてきましたが、確かに便利な反面で、構造が複雑なのが問題です。水漏れを起こしてしまっていても、原因をはっきりつかみにくいケースもあります。
ハンドル混合水栓は、2つのハンドルが特徴です。2種類に分けて水量を調節できますが、原因となる部分も2カ所に増えることになります。水漏れの時にも注意点が増えていきます。
シンプルな普通の吐水口もまだまだ使われていますし、シャワーヘッドになっているところもあります。複雑な形状になれば、それだけチェックしなければいけない点も増えてくるため、修理をするにしても業者に依頼する必要があります。

蛇口周りを修理するのなら

キッチンの蛇口から、なぜ水漏れを起こすのかを考えていくと、原因がはっきりしてきます。動く部分は水漏れの可能性が出てくるため、接続しているところはチェックしなければいけないでしょう。吐水口の先も同様です。最終的な出口になってくるため、問題があれば漏れてくるようになります。
可動部分には、水が通っても漏れないように、パッキンが使われていますが、どうしても劣化してしまうものなので、水漏れの原因のひとつになります。部品を締め付けなければいけないため、緩んでくれば、やはり漏れてしまいます。きつく締め過ぎた結果、欠損するようなことも起きるため、密閉性が保たれるようにしなければ状況は改善しません。

こうした部分は、ホームセンターなどで部品を購入して修理することもできます。締め直すだけでも直る場合がありますし、外してパッキンを交換すると、何事もなかったかのようになる場合もあります。ごみがつまっていたりすることもあり、そうした場合はきれいに掃除してから締め直すことで改善します。シャワーヘッドなどが問題になっている場合には、交換しなければいけません。説明が書かれているはずですので、その通りに取り付ければ済みますが、専用の工具も必要になりますので、よくわからない場合には、被害を拡大する前に業者に依頼するほうが得策です。

キッチンのシンク下の水漏れの場合

蛇口周りよりも、キッチンで怖いのは、シンクの下回りです。はっきりとわからないことも出てくるため、気が付いたときには大きな水漏れになってしまってることもあります。部品の欠損や劣化といった問題も、すぐには見つけにくいものです。
金属を使っている場合には、そこまでの心配はいりませんが、実際には塩化ビニールなどが多いため、ひび割れを起こしてしまっている場合があります。
どうしても漏れてくる要因となってしまうため、定期的に調べておくようにすると安心です。部品のゆるみも同様ですが、地震などで緩んでしまうこともあります。これがずれとなって水漏れにつながることもあります。同じように排水ホースなどがずれてしまって、直接漏れてしまうこともあります。つまってしまっても、見えないので気づくのが遅れてしまうのも問題点です。

こうしたシンク下の場合、直すのは簡単ではありません。場所が狭いということもありますし、専用の工具が必要になる場合もあるからです。さらに、サイズを合わせてあったり、パッキンひとつにしても、大きなものになったりする場合が出てきます。専門的な知識が必要になる部分も多くなってくるため、直したつもりでもうまくいかないこともあることを理解しておきましょう。
水回りは、密閉しなければ問題の解決にはなりませんが、ほんの小さな隙間からでも漏れてくるため、素人には判断が難しい部分があります。構造的には簡単だと思っていても、道具も必要になりますので、直せないと思ったときには、すぐに専門業者に依頼するほうが確実です。大きな被害を出してしまってからでは遅いので、最初から確実な方法をとる方が賢明です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.