ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2019年10月11日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2019年10月11日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

水道水の勢いが弱い原因と対処方法

お役立ち つまり

水漏れしていないかチェックする

蛇口の水道水の勢いがいつもより弱い場合は、整流口に汚れがたまっているか、止水栓をきつく閉めていることが考えられます。
まず水漏れでないかを確認するために、家の中のすべての蛇口を完全に閉めます。

次に量水器のバルブを閉め、量水計が動いていれば、水漏れが発生していることになります。
場合によっては水道局が対応しますが、自分で修理することも可能です。

修理が難しければ、業者に依頼することになります。
自分で対処をする場合は、家の中の蛇口を一つずつ開け、量水器のバルブを少しずつ開き、蛇口から流れる水の量に変化があるかをチェックします。

バルブをいっぱいに開いても水圧が変わらないかを確認し、問題なければ蛇口をゆっくり閉めます。
家の中の蛇口すべてに同じ工程を繰り返して水漏れをチェックしていきます。

水道水の勢いや流れる水の量が不安定であれば、水道管に異常な圧力がかかっていると考えられます。
水道水の勢いや水量に変化はなくても、温水だけが勢いが弱いという場合、給湯器の周辺が凍結している可能性があります

給湯器は給水管に比べて凍結防止の対策が行われていないことが多く、凍結防止機能が付いていないこともあります。
配管についても保温カバーをしているだけで、特に凍結防止対策を採られていないことが多いものです。

凍結を確認するには、給湯器の水抜き栓を開けてみます。
水が流れなければ、凍結していることになります。

その場合はリモコンスイッチをいったんオフにして、自然解凍させます。
解凍後に蛇口を開けて、水漏れがないかをチェックします。


キッチンの水道水の勢いが弱い場合

キッチンの水の出が悪くて使いづらい、勢いが弱いという場合、水圧を調整することである程度は解消し、自分で対処することも可能です。
混合水栓に調整機能が付いているかどうかで対処方法は異なります。

調整機能が付いている場合は、水栓の付け根にネジが入りそうな溝があるのが分かります。
溝にマイナスドライバーを差し込み、回すことで水圧を調整することが可能です。

時計回りに回すと水道水の勢いは弱くなり、反時計回りに回すと勢いが強くなります。

調整機能が付いていない場合は、シンクの下にある棚の内部に調整用の蛇口があります。
ハンドルを回すか、マイナスドライバーで回すか、どちらかの方法で蛇口を調整します。

いずれの場合も少しずつ回して調整するようにします。

メーターボックスの中にある元栓を回せば、キッチンに限らず、家の中におけるすべての水道水の水圧をコントロールすることはできます。
元栓を強く閉め過ぎると水が出なくなるので、様子を見ながらやはり少しずつ回すことがポイントです。

ただし、自分で元栓を調節することは水道管が詰まるなどのリスクもあります。
元栓を調節するのは、ネジやシンク下の蛇口を調節しても解消しない場合の最終手段です。

元栓を調節しても、水圧の状態が変わらない場合は、専門業者に依頼してください
その他の原因として立地に原因がある場合もあります。

高台だったり、住宅密集地域だったり、飲食店舗が多い地域だったりすると水圧に影響します。
水道局で水圧を改善する工事を行うケースもあるので、問い合わせてみましょう。


浴室のシャワーの勢いが弱い場合

シャワーの水の勢いが弱いときは、シャワーヘッドを交換することがもっとも簡単な解決方法です。
ただ、費用が高額になる場合もあります。

シャワーヘッドを交換する前に原因を突き止めることができれば、業者に依頼しなくても自分で水圧を調整することができます。
家中の水道水の勢いが弱い場合は、元栓の閉め方に原因があると考えられます。

メーターボックスの近くにある元栓を確認します。
十分に開いていないと水圧が低くなるケースがあります。

元栓の閉め方に問題がなければ、給湯器の原因が考えられます。
水道水だけなら普通に出るのに、お湯だけ出が悪くなる場合は、特に給湯器に原因があります。

給湯器の大きさは号数で表され、25度のお湯を1分間に出せる量が分かります。
16号なら25℃のお湯が1分間に16リットル、24号なら24リットルという意味です。

冬場はお湯にするのに時間がかかるので、出る量は号数より少なくなります。
号数の目安は一人暮らしなら16号、家族世帯なら24号になります

給湯器の号数が小さい場合は、より大きな給湯器に交換する方法もあります。
元栓や給湯器に問題がなければ、シャワーの止水栓を確認します。

止水栓が十分に開いていないと水圧が弱くなるので、マイナスドライバーを使用して調整します。
その他の原因として、水栓器具の中のフィルターが目詰まりを起こしているケースがあります。

長年使っていると詰まりやすいので、取り外して清掃を行います。
容量が小さい給湯器を交換できない場合は、低水圧用のシャワーヘッドに交換する方法があります。

水の出る穴が少ないので、自然に水圧が上がります。
≫ キッチンの修理と料金表はこちら現役水道修理のプロが教える!【キッチンの蛇口の水漏れ対応法】

≫ キッチンの修理と料金表はこちら水道がつまるなどの症状と適切な解決法について

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.