ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2019年09月19日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2019年09月19日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

手軽にできるキッチンの排水口つまりの対策

お役立ち つまり

原因を取り除くところから対応

キッチンは、日常的に使う設備であり、使用頻度が高い場所です。食事を作るほかにもいろいろな利用が考えられますが、洗面所代わりにしている場合もあり、多目的に使われています。水を使う点で共通していますが、利用した後には適切な処理が必要です。うまく流れている間はあまり気にならないでしょうが、排水口つまりを感じると、対策を講じなければいけません

使った水を適切に処理するための設備が排水管で、その入り口にあたる排水口は、大事な部分です。ゴミなど、さまざまな害を与えかねないものが排水管に流れ込むのを予防します。流れが悪くなったと感じたら、排水口のふたを外すことでどんな状態になっているのかが確認できます。一般的には排水トラップまで分解でき、問題がトラップ部分だけなのであれば簡単に直る状態です。つまっている異物さえ取り除ければ水は流れるでしょう。

よごれている部分が見つかれば、一緒に掃除をしておくと今後のメンテナンスにもつながります。ぬめりが出ている場合には、洗浄剤を使用して取り除いてしまうのがいいでしょう。このぬめりは雑菌が繁殖しているもので、臭いの温床にもなります。重曹とクエン酸を2対1で使うと、ぬめりとよごれの両方に効果的で安全な掃除ができます。クエン酸や重曹は比較的安価で販売されているものであるため、費用もそれほどかかりません。

物理的に確認できる場合であれば除去を簡単に済ませることができますが、何が混ざっているか分からないため、ゴム手袋を使うなどの安全対策は必須です。そして、洗浄剤を使う際には化学反応を起こして目に見えないガスが出てくる場合もあるので、安全を確保するためにも換気は十分に行い掃除しましょう


油も異物も流さない

キッチンで起きるトラブルの中でも排水口つまりは、日ごろから予防することが欠かせません。排水管がつまる条件はいろいろありますが、最も大きな原因は油よごれです。キッチンでは、どうしても食器や調理器具に付着した多少の油は流れますが、それが排水管に付着してしまうと、そのまま固着してしまいます。油は粘性が高いため、固着したところにさらに油が流れ込むと、よごれの範囲は拡大していきます。このよごれに食品のカスやよごれが絡まり合うと、つまりがひどくなってしまうため早いうちに除去しておく必要があり、排水口つまりも同様です。大事なことは油よごれの範囲を広げないために、流れる油よごれを減らすことです。

いくつかある油よごれを減らす方法の中でも、シンクに流さないのがポイントです。水道インフラを守る、環境保全のための啓発活動もあり、直接シンクに流しているという人は限られていますが、シンクに油を流せば排水管をはじめ下水まで負担が増えます。それぞれの家庭で適切に処理をするだけでも負担は減らせるため、流さないようにしましょう。お皿をはじめとする食器や調理器具に付着した油は、新聞紙などを使うと簡単に油よごれを落とせます

異物を落とさないために、排水口のキャッチャーに網を設置するのも対策として有効です。できるだけつまりの原因となりかねないものを侵入させない対策をするだけでも、予防になります。配管の内部に付着が始まるとだんだんつまってしまうので、徹底的に対処しておくことも肝要です。


つまらないように常日ごろの対策を

排水口つまり対策としては、よごれを付着させないのが重要です。防止策として、定期的にお湯を流す方法もあります。40度から50度程度のお湯を流していきますが、油よごれを緩くできる方法で、特別な薬剤などもいりません。お湯を使いますが、温度に注意して熱湯は使わないようにします。シンクの使い方として間違った捉えられ方もしていますが、熱湯を流すと排水管にダメージを与え、破損するような問題も引き起こします。50度程度であれば問題はないため、常日ごろから注意して行うといいでしょう。お湯を使うことで、つまらないようにするだけではなく、雑菌対策にもなります。定期的に行うだけで対策になるため、手軽な方法です

また、排水口の清潔さを維持するために、洗浄剤を使って掃除する方法が挙げられます。問題が起きる前に対策を講じておくのがポイントです。洗浄剤は、排水口のふたやキャッチャーなどを分解して流し込むと届いていきます。分解したものは別の場所でよごれを落としてしまえば清潔な状態を作れます。注意しなければいけないのは、キッチン専用の洗浄剤を使うところです。キッチン専用であれば、油よごれを分解するために作られているため有効な方法です。お風呂用などとなると、よごれの対象が変わってくるため、有効性が落ちてしまう可能性が生じます。

排水口を含め、排水管は目に見えないところです。見える範囲で予防を重ね、見えないところでも問題が起きないためにメンテナンスをするのが大切です。それでも解決できないときには、専門業者に依頼して徹底的に点検してもらうといいでしょう

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.