ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年08月05日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年08月05日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

キッチンの排水口の掃除と詰まらせないポイント

つまり

キッチンの排水口は汚れの防止と掃除が大切

キッチンの排水口には野菜くずや油、食べ残しの細かいゴミなどさまざまなものが溜まります。
ほとんどが腐るものなので、少し放置しただけでも悪臭や害虫が発生しやすく、排水口やパイプに汚れがこびりついて詰まることもあるでしょう。

そんなキッチンの排水口を清潔で快適に使える状態に保つには、汚れにくい環境づくりと定期的な掃除が重要です。
汚れてしまってから掃除をするのではなく、汚れを防止しつつ使う度に簡単な掃除を心がけるだけで、排水口の詰まりは予防できます。

キッチンの排水口を汚さないためにすぐにできること

キッチンの排水口を汚さず、詰まらせない環境づくりは簡単にできます。
100円均一やホームセンターで売っているキッチングッズや、家にあるものを使ってすぐにでもできることを4つ紹介します。

1. 調理油は直接流さない

料理をするときに使う油は、排水口にそのまま流してしまうと排水管にこびりついて水が流れにくくなります。
また油がボール状に固まった「オイルボール」が形成される可能性もあるでしょう。
オイルボールは詰まりを引き起こすだけでなく、川や海に流れて環境汚染をしてしまうこともあるのです。

よって調理で使った油は流す前に拭き取るか、固めてゴミとして処理をするようにしましょう。
そうすることで排水口・排水管が汚れにくくなって詰まりも予防でき、環境にも優しいです。

2. 水切りネットでゴミを溜めない

排水口用の水切りネットをセットすることで細かいゴミが排水口に流れにくくなるので、汚れと詰まりの予防ができます。
また水切りネットを使用することでゴミの水分が減り、ゴミの量が少なくなる効果もあるでしょう。
排水口の隙間に細かいゴミが溜まらなるので掃除がしやすく、衛生的に保てるのもメリットといえます。

使い捨ての水切りネットがもったいないと感じる場合は、排水口に設置できる網カゴもよいでしょう。
洗う手間が発生してしまいますが、繰り返し使えて経済的です。

3. 排水トラップのぬめりにはアルミボール

ゴミ受けや排水トラップはどうしてもぬめりが発生しやすい場所で、掃除するときのぬるぬるはとても不快です。
そんなぬめりは、家庭にあるアルミホイルをボール状にした「アルミボール」で防止できます。
アルミホイルをピンポン玉くらいのサイズに丸めて、それをゴミ受けや排水トラップに入れるだけでOKです。

アルミニウムは水にぬれると金属イオンが発生するので、ぬめりに加えて臭いまで抑えることができます。
100%予防できるわけではありませんが簡単にできて効果が高いので、ぜひ試してみてください。

4. 毎日キッチンリセットをする

予防に加えて、1日1回排水口を含むキッチン全体の掃除をするのが汚れや詰まりの予防に効果的です。
キッチンを使う前の状態に戻す「キッチンリセット」の習慣は、キッチン全体を衛生的に保ち、排水口の詰まり防止にも効果があるので、できるだけ行うようにしましょう。

キッチン全体のリセットが難しい場合は、排水口だけでも毎日掃除をするとぬめりや臭いもほとんど発生せず、詰まりにくくなります。

キッチンの排水口掃除のコツ

キッチンの排水口の掃除と詰まらせないポイント

排水口の掃除は不快なぬるぬるや汚れが多く、苦手と感じる人がほとんどです。
少しでも簡単に掃除をするためには、掃除道具の準備とキッチンに合った洗剤を使いましょう。

あると便利な掃除道具と事前準備

ゴム手袋・スポンジ・使い終わった歯ブラシ・重曹・お酢があると排水口掃除が楽です。
徹底的にきれいにしたい場合は酸素系漂白剤・液体パイプクリーナーもあると、見えない排水管までピカピカにすることができるでしょう。

事前準備は窓を開けて換気ができるようにしておくことと、シンクの中を掃除しておくことです。
排水口の排水トラップや受け皿など、外れるものは先に取り外して洗い流しておくことも忘れずにしておきましょう。

おすすめは重曹とお酢を使った掃除

キッチンは食品を扱う場所ですので、できるだけ体に害のある漂白剤や洗剤は避けるべきです。
そこでおすすめなのが重曹とお酢(クエン酸)を使った掃除方法です。

排水口や排水トラップなど気になる場所に重曹をふりかけて、その上からお酢をかけます。
お酢の量は重曹の半分ほどが目安です。
シュワシュワと泡がすぐにでてくるので、そのまま30分くらい放置してから40度~50度のお湯で洗い流せば汚れのほとんどが落ちています。
残った汚れや細かい部分を歯ブラシやスポンジで擦ればピカピカの排水口になります。

殺菌のために熱湯をかけたくなりますが、排水トラップや排水管が熱湯で痛むことがあるので要注意です。
どうしても熱湯を使いたい場合は、水を流しながら金属製のパーツにのみかけてください。

酸素系漂白剤もキッチン向け

酸素系の漂白剤も刺激がすくないので、排水口やキッチン全体のお掃除、布巾の漂白にもおすすめです。
50度くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし、そこにゴミ受けや排水口の蓋などを5分~10分浸け置きすると汚れが取れます。
浸け置き後は、流水でしっかりと洗い流しましょう。

排水管の汚れにはパイプクリーナーを活用する

排水管は手が届かない場所なので、液体のパイプクリーナーを流して定期的に掃除をするのがおすすめです。
前述した重曹とお酢でも汚れがおちますが、頑固な汚れになっている場合もあるので、パイプクリーナーを使った方が確実です。

パイプクリーナーは50度ほどのお湯に容器ごと浸けて温めておくと洗浄効果が高くなります。
沸騰したお湯だと容器が破損してしまうので気を付けてください。
またパイプクリーナーは、流してから決められた時間放置しておくことで効果を発揮します。
お湯に溶かしたりすぐに流してしまうと、効果が出ないので注意しましょう。

パイプクリーナーは定期的に行うと、排水管の詰まりを予防する効果がとても高まります。
商品によって放置時間や使用料が異なるので、正しい使い方でこまめに排水管を洗浄するようにしましょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.