ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

家庭でありがちな水まわりのトラブルとは

お役立ち

トイレの水まわりのトラブルについて

水まわりのトラブルとしても代表格といえる、トイレにおける詰まりの原因にはいくつかの理由が挙げられます。ティッシュペーパーは、一見するとトイレットペーパーとあまり変わらないと感じるかもしれませんが、水に溶けないためトイレに流した場合はつまりの原因になります。また、トイレットペーパーも、ティッシュペーパーと比較すると水に溶けやすいものの、幾重にも丸めるなどして紙の密度が高くなると詰まりの原因になります。水に溶けるタイプの、拭き掃除用のペーパーなど、トイレに流すことのできる商品は昨今増えていますが、紙が蓄積すれば必然的に密度が高くなってしまうと詰まってしまいます。トイレに流すことのできる、水に溶けるタイプのものであっても、あまり過剰にトイレに流さないようにしなければなりません。

用を足している際にうっかりペンや携帯電話など小さな物を落としてしまった場合は、排水管の奥まで入り込んでしまう前に取り出すことが大切です。また、食品関係のものをトイレに流した場合も、これらの異物と同じ扱いになるので、量が多い場合は詰まりの原因に繋がります。食品の場合、脂分が排水管を汚してしまう恐れがあるので、残り汁などをトイレに流すのは控えましょう。

水を流すという点で注意したい点は、適切な量の水を流すということです。トイレによっては、大と小の2タイプのレバーが付いているタイプもありますが、節水を心掛けるつもりで本来大で流すべき容量に小を使って流してしまうことにより、十分に流しきることができずに、トイレを詰まらせてしまう原因に繋がります。トイレの水量はあらかじめ、適した水量を流せるように調節してあります。この量に従って流すことが大切です。

台所やシンクの水漏れや詰まりの原因とは

水まわりのトラブルとして、台所の水漏れも厄介な問題です。水漏れにはいくつかの原因がありますが、その一つが排水口にあるパッキンの劣化です。シンクの下に排水溝から水が滴る場合は、パッキンを交換し水漏れを防ぎます。同じように排水溝から水が漏れ出ている原因として、パッキンの劣化以外に考えられるのは、排水溝や排水管が緩んで、その接合部分から水が漏れているということです。この場合は、改めて緩んだナットやボルトを締め、水をくいとめます。これらがしっかり締まっている状態でも、水が漏れ出る場合はパッキンそのものが劣化している可能性が高くなります。

シンクが破損している場合にも、水漏れは起こります。これはシンクと流し台のシーリング材がはがれることで、隙間が生まれることに起因します。この場合は隙間を埋める補修が必要になってきます。シーリング材ははがれている様子がない場合に考えられるのは、シンク自体になんらかの損傷が見られるケースです。補修材で簡易に補修することもできますが、見た目がいかにも補修したようになってしまうのが難点です。仕上がりをきれいに補いたい場合は、専門の業者に頼んだ方が良いでしょう。

排水管の詰まりによって、付け根部分から水が逆流していることも水漏れの原因になります。排水管が取り外せる場合は、外して洗浄し、外せない場合は排水管に直接パイプクリーナーなど洗浄することのできる液体類を流し入れて、排水管部分の汚れをいったん流す必要があります。

お風呂の水まわりのトラブルで気を付けたいこととは

お風呂場も、水まわりのトラブルが頻発する箇所です。例えば、蛇口が不安定にグラつく場合、水が止まらなくなってしまい、締めると外れてしまうのではないかと思うほど弱っていることがあります。この原因は、蛇口の内側に取り付けられているパッキンが劣化していることや、水栓自体が劣化していることが考えられます。蛇口にも寿命があり、一般的には10年から20年程度とされています年数が経過することで劣化してしまった蛇口は、思い切って買い替えることが一番理想的です。内側の部品がゆるんでしまっていることが原因ですので部品を交換することでまた通常通り使うことができるようになります。

給水の際に変な音がする場合などは、水の出る部分の締まりが緩くなってしまっていることや、ゴミが詰まってしまうことで締まりが悪くなっているなど、内部に関わる原因が考えられます。給水の際に小さなブーンといった振動する音が特徴です。内部の部品になにか不具合がある場合や、部品が緩んでいる場合は、交換することになるので専門の業者に頼んで対策します。

蛇口から赤く濁った、いわゆるさびた水が出る場合は経年劣化が進んでいることが原因です。これは、金属イオンによってさびやすい配管が、年月を経て劣化していることによるもので、しばらく水を流したままの状態で様子を見ます。しかし、一度は水がきれいになったと思っても、再び赤いサビ水が出てくる場合は、すみやかに業者に頼み配管や水栓の金具部分を取り換えてもらうようにしましょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.