ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2019年11月29日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2019年11月29日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

蛇口修理・水道トラブル

お役立ち

飲料水や料理、食器洗い、お風呂など日常生活のさまざまなシーンで使用する水道の蛇口。

生活するうえで無くてはならない物ですが、毎日繰り返し使う物なので劣化や故障が起こりやすく、トラブルに悩まされる人は少なくありません。

多少の不具合ならDIYで直したり、折を見て業者に修理を依頼したりしても良いのですが、大量に水漏れした場合など、自宅や周辺の家屋に被害が及びそうな場合は早急に対応してもらわなければなりません。

今回は水道の蛇口に起こりやすいトラブルの事例と、メーカーに迅速に対応してもらうために覚えておきたいことをまとめました。

詰まりや水漏れにご用心!水道の蛇口で起こりやすいトラブル3選

蛇口のトラブルはある日突然起こるケースもあれば、徐々に不具合が発生する場合もあります。

具体的にどんなトラブルが起こりやすいのか、代表的な事例を3つ紹介します。
 

トラブル事例1. 蛇口の水漏れ

蛇口トラブルのうち、最も多発するのが水漏れです。

きちんと栓を閉めているはずなのに蛇口からぽたぽたと水が漏れる。ハンドルの部分から水が垂れてくるなど、水漏れの症状や部位はさまざまですが、「たいした症状じゃないから…」と放っておくと、症状がどんどん悪化するおそれがあります。

パッキンの劣化などが原因であれば、部品を手に入れて自分で修理することも可能ですが、中には蛇口そのものの交換が必要になるパターンもあり、その場合は業者に修理を依頼することになります。
 

トラブル事例2. 蛇口のつまり

栓を全開にしているのに水が少ししか出ない、あるいは全く出てこない場合、蛇口内部につまりが発生している可能性があります。

蛇口のフィルターがゴミなどで詰まっている場合もありますが、清掃しても水が出にくい場合は蛇口または内部パーツの交換が必要となります。

特に排水管の内部に異物が詰まっているケースは自力で修理するのは難しいので、水道修理業者に対応してもらうのが無難です。
 

トラブル事例3. 蛇口が硬くて回らない

ハンドルを回転させて吐水させる蛇口の場合、経年劣化とともにハンドルが硬くなって回りにくくなることがあります。

少し力を入れれば回るケースも多いのですが、硬いハンドルを無理に回そうとすると蛇口が折れてしまい、水が噴出してしまう可能性もゼロではありません。

このような場合、ハンドルの回転をスムーズにさせるグリスを補充する方法が有効ですが、蛇口自体が古くなっている場合はスピンドルやパッキンを新品に交換する必要があります。

 

メーカーや業者にすばやく対応してもらうために知っておきたいこと

自分では修理できないと判断した場合、メーカーや業者に問い合わせて対応してもらうことになりますが、蛇口修理に必要な部品は商品や症状によって異なります。

蛇口トラブルが発生するとついあわてて業者に問い合わせてしまいがちですが、迅速に対応してもらうために、まず以下2つのことを確認してから問い合わせするようにしましょう。
 

蛇口のメーカー・品番を調べる

蛇口の形態や部品は商品によって異なるので、まずはメーカーと品番を調べることから始めましょう。

メーカーや品番は蛇口本体の根元や裏側に刻印されていたり、シールが貼られているケースがほとんどです。
品番はたいていの場合、数桁の英数字の組み合わせになっているので、メモなどに書き留めておきましょう。

長年使っているうちにシールが剥がれてしまった場合は、取扱説明書を確認してメーカーと品番を調べましょう。

シールも説明書もないという場合、メーカーの公式サイトにて蛇口の形態などから逆引きすることが可能です。

それでもわからないという場合は、業者にその旨を伝え、現地で確認してもらう必要があります。
 

蛇口トラブルの発生部位や症状を確認する

細かい原因は現地で確認することになりますが、事前に蛇口トラブルの発生部位や症状を伝えておくと、だいたいの料金を概算で教えてもらえます。

たとえば同じ水漏れでも、ハンドルから漏れているのか、蛇口の部分から漏れているのかで対応の仕方が異なる場合があるので、なるべく具体的な症状を把握して業者に伝えるようにしましょう。

 

 

蛇口修理を依頼する時は必要な情報をあらかじめチェックしておくと安心

蛇口トラブルはある日突然起こることも多いので、実際に不具合が起こってから品番やメーカーを調べようとすると被害が拡大してしまうおそれがあります。

特に品番シールが剥がれてしまってメーカーしかわからないという場合は、公式サイトなどで地道に調べる必要があるので、時間がある時に必要な情報を確認し、メモなどに書いて保管しておくと安心です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.