ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2019年11月29日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2019年11月29日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

水漏れの場所で分かる蛇口の修理箇所

お役立ち

蛇口の種類別水漏れの原因

蛇口の種類別水漏れの原因

 蛇口にもいろいろあり、用途で三種類に分けられます。一つ目はキッチン用、二つ目は浴室用、三つ目は洗面用です。また、水の量を調節するハンドルがいくつあるかでも分類できます。

 ハンドルが一つであれば単水栓、二つあれば混合水栓です。混合水栓はハンドルの種類によりさらに分かれ、水の温度を独立したハンドルで調節するサーモスタット混合水栓や、レバーを上下に動かして水の量を調節し、左右に動かすと温度が調整できるシングルレバー混合水栓などがあります。

 水漏れがあった場合、修理をしやすいのは単水栓やツーハンドル混合水栓です。サーモスタット混合水栓やシングルレバー混合水栓は、単水栓やツーハンドル混合水栓より構造が複雑なので、個人で行うのは難しいでしょう。

 単水栓が水漏れを起こしてしまう多くは、部品が古くなってしまったことや破損です。比較的簡単に修理ができ、部品も量販店で手軽に購入できるので自分で行う方もいます。自分で修理をするときには必ず止水栓か水道の元栓を閉めてから作業をしましょう。うっかり閉め忘れると、あたり一面水浸しになってしまうためです。

 サーモスタット混合水栓やシングルレバー混合水栓の水漏れが起こってしまった原因も、部品が古くなってしまったことが一番多く、ほかに考えられることとしては腐食、接続部の緩みなどがあります。シングルレバー混合水栓の場合、パッキンが古びている以外にもバルブの故障も水漏れの原因になります。スパウトからの水漏れはゴミが挟まって起こることもあります。事と次第によって素人では部品の取り換えや修理などが難しい場合がありますので、そのときは無理せずに修理を依頼するようにしましょう


水漏れの場所から原因を突き止める

 蛇口の水漏れの原因は水が漏れている場所から判断できます

 ハンドルやレバー、接合部からじわじわと水が漏れている場合は、パッキンやコマ、バルブなどの部品が古くなっている、またはナットやボルトなどが緩んでいるからです。これらの部品を取り換えるか、緩みを締め直すと症状が改善されますが、緩みを締め直すときには締めすぎに注意が必要です。

 排水溝から徐々に水漏れしてきている場合は、排水溝のフィルターやカートリッジが劣化していることが主な原因で、取り換えにより症状が改善されます。配管やパイプの根元から水が漏れている場合も、部品の取り換えや緩みの締め直しで多くのケースは改善されます

 蛇口の根元や壁から水が漏れている場合は、蛇口を設置しているところの摩耗、または配管内部のつまりが原因です。

 水回りの異常が起きやすくなるのは、使い始めてから10年以上たった頃です。この頃になると水栓自体を取り換える必要が出てきますので、その際は業者に依頼しましょう。修理業者が家に到着するまでの間に、止水栓か水道の元栓を閉めて水を止めますが、止水栓は蛇口の近くの配管に、水道の元栓は水道メーターの近くにあります。水道メーターは戸建てか集合住宅かで場所が異なります。戸建ての場合は敷地内の地面に、集合住宅は玄関横に設置されていることが多いです。

 作業が終了したら、閉めておいた止水栓や水道の元栓を元の状態に戻します。戻すのを忘れると、いくら蛇口をひねっても水が出ない状態が続きます。最後に水を出してみて、きちんと改善されているか確認しましょう


蛇口の水漏れ修理に必要なこと

 蛇口や周辺から水が大量にあふれでているときや、必要なものをそろえる手間を省きたいとき、すぐに直してほしいときなどは業者を呼ぶ方が良いのですが、部品の取り換えだけなら比較的簡単に行えます。

 水漏れの原因となっている劣化や腐食を起こしている部品の取り換えをするときには、そうしたい部品のほか、レンチやドライバー、専用固定具などの工具が必要です。たいていはホームセンターなどで手に入れられますが、すべてその場で揃うとは限りませんので、急を要する場合は業者に連絡しましょう

 取り換えをする部品は蛇口の型番を確認して購入します。専用固定具は水栓がツーハンドルかシングルレバーかで購入するものが違ってきますので、取り換えたい水栓がどちらのタイプなのかを確認しておきます。蛇口を使い始めてから10年以上たっている場合、予備のパーツをあらかじめ用意しておくことをおすすめします。こうしておけば急な水漏れにもすぐに対応できます。

 自分で作業をする場合、途中で部品が動かなくなる場合がありますが、そのときには無理をせず、業者に連絡してください。工具を使うのが苦手な方や、失敗したくないと考えている方は、業者に依頼する方が迅速で確実ですので、最初から任せてしまいましょう。

 水漏れは急に発生することもあります。日頃から水漏れがないかを点検する習慣をつけると、蛇口が使えなくなってしまう前に対処できます。水は生活に絶対必要ですから、これを機にじっくり観察してみましょう

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.