ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年09月17日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年09月17日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

屋外の給湯器の水道管から水漏れ

施工事例 水漏れ 広島

一部だけ地面が濡れている

広島県の大竹市にて屋外の給湯器付近の地面が濡れている、とのこと。雨も降っていないのに、確かに地面がそこだけ濡れていました。

水道局からも水道代金が上がっており、漏水の可能性があるとの指摘もされたようです。

原因の特定とご提案

先ずは、水道メーターを見てみると水を使っていない状態でもメーターが動いているのが確認できました。

給湯器に給水する管のバルブを閉めてみると、水道メーターの動きが止まったので漏れているのは給湯管だということがわかりました。

それから地面を掘り返し、給湯管に巻いてある保温材を剥がすと漏水を確認。管自体の使用年数は30年程度ということもあり、

管自体の老朽化によって穴が空いてしまっている状況でした。

部分的な補修も可能だったのですが、先のことを考えて給湯管自体を全て引き直すこともご提案しました。

後日に施工

お客様も先の事を考えて引き直し工事を希望。

その日はもう夕方ですぐの工事は難しかったので、応急処置で部分的に管を交換しました。

後日、改めて全ての給湯管をやり直す工事へ。管を露出させて、壁を這わせたり、床下を通す工事を行いました。

朝から始めて、夕方には全ての工事が完了しました。

お昼にはお客様よりお寿司の出前も差し入れしていただき、とてもありがたく、嬉しかったです。

もしもまたお困りの際は水道屋本舗にお任せください。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.