ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年05月28日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年05月28日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

突然お湯が出なくなってしまい外を確認すると給湯器から水漏れが・・

施工事例 水漏れ 銅管溶接 千葉

本日のご依頼

千葉県で稼働中のOです。

給湯器の真下の管から水漏れで呼んでいただきました。

見ると確かに漏れてます。外側の黒い保温材を剥がすと、銅管が使われており、小さな穴が空いておりました。銅管の経年劣化ですね。

少しの量でも長い時間そのままにしておくと結構な水道代になるので、すぐに補修させて頂く事をご提案しました。

施工方法と実際の施工

問題の箇所を切り離して、銅管の直管とネジの切ってある受け口の接続となりそうです。

 

早速出来上がりの写真です。

銅管の場合はハンダで溶接となるので、ガスバーナーで炙りながらの作業です。

 

水漏れの原因は・・・

銅管の場合は経年劣化で小さな穴が開くことがあります。「ピンホール」と呼ばれる、見てもわからないくらいの小さな穴です。

今回は屋外で見えるところで漏れていたのでお客様も気づかれたのですが、土の中や屋内で同じことが起きてしまうと厄介です。

今では塩ビ管がよく使われていて、お湯はお湯用の塩ビ感を使います。

塩ビ管であれば補修は簡単にできますが、銅管の場合は少し厄介です。

約30年が耐用年数と言われてますが、現場の環境によって短くもなります。ご自宅の年数に合わせて銅管から塩ビ管に引き直すことも可能です。

補修から引き直しまで承ってますので、お困りの際はよろしくお願い致します。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.