ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度97%※平成27年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

お役立ち情報詳細

給湯機の故障にはどんな理由、原因があるのか

つまり 水漏れ

給湯機の故障は素人が修理できるものではない

現代、暮らしの中でキッチンやお風呂でお湯が出るというのは当然のことで、子供からするとどんな仕組みでお水がお湯になっているのか?
それを知らずに普通に利用している子がほとんどではないかと思います。
お風呂などでお湯が利用できるのは給湯機があるからで、ガスや電気などの色々な種類があります。

ガスの場合、必要な時にお湯を作る瞬間式というシステムで、いつでもお水を瞬間的にお湯に変えることができるので、湯切れを起こすこともなく快適に利用できます。
お湯をいくつかの場所、例えばキッチン、お風呂で使っても同時利用でき、お湯が足りなくなるという心配がありません。
電気の場合、作っておいたお湯をタンクにためるという仕組みで、使用できるお湯の量が決まっています。
ただ、深夜の安い電力を利用してお湯を作っておくことができるので、料金的な面からすると、電気の方がリーズナブルといわれています。
しかし湯切れを起こす可能性もあるので、家族人数が多いなどの場合、少々不便な面があるかもしれません。

電気式にしてもガス式にしても、常に何気なくお湯を利用しているので、故障した場合に、どんなにお湯がある生活が快適だったのか思い知る事があります。
もちろん、給湯機も機械ですから、何らかのことが原因となって故障することもあります。
この場合、ガス屋さんや電気屋さん等、この機器を設置した業者を呼んで修理してもらったり、なかなか直らない箇所の場合、メーカーさんを呼ぶことになる場合もあります。

ちょっといじれば直るかも?と思えるような機械ではなく、通常、おかしくなってしまったら専門家の方が修理する必要があります。
ここで、なぜ壊れたのか?その故障原因にはどういうことがあるのか、ある程度理解しておくことで誰にどう連絡すればいいのか、判断がつきます。

「寿命」「過度な負担」が壊れてしまう原因

給湯機が壊れてしまう原因を考えてみると、まず浮かぶのが老朽化です。
こうした機器にもエアコンなどの電気製品やガスコンロなどの様に、耐用年数があります。
もちろん機器によってそれ以上長持ちすることもありますし、逆に早く壊れてしまうこともありますが、一般的に8年くらいから10年くらいといわれています。
こうした機器の修理できてくれた職人さんや技術者の方も、耐用年数を配慮して交換が必要な部品を交換したり、修理したりしています。

10年を過ぎて故障した場合などは、通常、新しい物に交換した方がいいと勧められることが多いのですが、これは、部品交換などを行ってもまた壊れる可能性があることから交換を進めているのです。
一時的に部品交換などを行って使えるようになりますが、同じような状態になるかもしれないので新規商品との入れ替えを考えてほしいといわれたら、やはり交換を考える方が余計な費用を使わずに済みます。

また平均寿命がきていなくても、負荷が大きくかかるような使い方を継続していると、危機が早く壊れる要因となります。
例えば、家庭用の機械なのに業務用的な使い方をしていた場合、また号数の能力以上に機器を利用していたという場合、平均寿命よりもかなり早い段階で壊れることがあります。
2人暮らしの想定で16号の設置をしていたのに、ご家族の人数が多くなり機器を変えずに16号のまま利用すれば負荷がかかり、機器の寿命を早めることにつながります。
家の状況、暮らしている人の人数などを考慮して、状態にあった機器を利用することを考えなければ、故障原因となる要素が多くなります。

給湯機はリモコンや配管の損傷もある

マイナス温度になる事が多い地域などは、配管にたまっている水が凍結して、配管を破損させるということもありますし、激しい雨にあって一時的に不具合を起こすこともあります。
しかしこうした原因のほかに、壊れてしまう箇所もあります。
まず給湯機のリモコンが壊れてしまうという問題です。
機器の操作についてはお風呂、洗面などに設置されているリモコンで温度の調節などを行いますが、このリモコンが故障すると温度調節機能がおかしくなったり、自動的にお湯を足すという機能が利用できなくなることもあります。

リモコンのボタン部分が壊れてしまうことも多いので、この場合、部品交換若しくは新しいものと交換することが必要です。
リモコンの部品供給期間が終わっているという商品の場合、新しいものと交換するか、互換性のあるものを利用することになります。
配管が壊れるということもあります。
機器の本体内部にお湯と水が通る配管がありますし、外部に給湯用の配管がつながっています。
内部配管の水漏れが起ると、漏電によって利用できなくなる事もありますし、漏電は火災のリスクもありますので危険です。
この場合、かならず業者を呼んで即時修理するようにしてください。
水漏れの場合、多くは配管、パッキンの劣化などが原因となっていることが多いので、長い間、特に耐用年数近く、また耐用年数以上利用しているという場合、部品交換や修理をしっかり行うことが必要でしょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.