ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

臭いにまつわる給湯器トラブル

つまり 水漏れ

毎日使っている給湯器だから

現在の住宅ということを考えると、給湯器はなくてはならないものとなりました。
その給湯器がトラブルを起こしてしまえば、さまざまなことに支障が出てしまいます。

普段あまり気にすることがないものではあっても、使おうと思ったら使えないのは大きなダメージです。
日々の生活の中で大きな問題を引き出していくことになるのですから、困った問題も多く引き起こすことになるでしょう。

ところが、あまり意識して使っていないため、どうしてもトラブルを見逃してしまうことが出てきます。
実際に予想されるトラブルは多数存在します。

例えば、普段感じることのない臭いがするということがあげられるでしょう。
ガスを使うことになる給湯器は、においがするということだけでも大きな問題です。

いつか起きる可能性も考えて、対応策を考えておくというのも必要になってきます。
臭いがするということは、何らかの問題があることは間違いありません。

大きく分けると二つの問題にいきつくことになります。そのひとつが、ガスの問題です。
LPガスを使っている場合に、残量が低下したことによって臭いが出ることがあります。

本来臭いのないものですが、危険性が高いためににおいを人工的につけているということが重要です。
残量が少なくなったことで、臭いの成分が沈殿しており、強いにおいを発することがあります。

このにおいを感じると、どうしても故障したと思うでしょう。
都市ガスの場合には、十分に残量があるかどうかをチェックしなければいけません。

残量があるのであれば、もれている可能性が高いといえるでしょう。給湯器の使用を中止し元栓を閉めます。

これ以上は、いったいどこに問題があるのかを判別することができませんので、すぐにガス会社などに連絡をして検査をすることが必要です。

焦げたにおいや酸っぱい臭いには原因がある

給湯器のトラブルとして、焦げ付いたようなにおいがするということも出てきます。
焦げるということが重要な問題であり、注意しておかなければいけないポイントになります。

給湯器を使用した時に臭いがするということは、何らかのものが燃えているということになるでしょう。
内部にごみがたまっているようなときもありますし、ほこりが蓄積した結果不完全燃焼を引き起こしてしまうということも出てきます。

この状況は大変危険ですので、自分で対処するのではなく、専門の業者に対応をお願いするということが必要です。
特にほこりなどの蓄積ではなく、故障ということであれば、大きな問題になってしまうと考え、専門家のアドバイスをもとに、対処を施すようにしましょう。

もっと酸っぱい臭いがすることがあります。
これもトラブルのひとつですが、ツンとしたような臭いが問題で、目が痛くなってしまうような刺激臭が特徴といえるでしょう。

給湯器自体に問題があるため、使用は即時中止しなければいけません。
必ず専門業者に依頼して点検修理することで、使用するようにするようにしましょう。

間違っても、自分で修理しようとは思わないことです。

生臭い臭いを感じたら

臭いの中でも、生臭い臭いがするというトラブルもあります。
内部から臭いがすることが多いもので、ガスが問題ではありません。

それよりも、老朽化したことによって内部に漏水を起こしているという可能性があります。
この漏水が暖められていくことで、悪臭を発してトラブルになるのが、この生臭い臭いがするということです。

水はただ溜まっているのではなく、相当汚れている可能性があり、これが排水できない状況になっている可能性があります。
取扱説明書を読むと対処方法がかかれていることがありますので、順番に対応していくといいでしょう。

ただし、内部に入っていくということにはいろいろな原因があるため、腐食が見られたりしたときには、交換も視野に入れるべきです。

臭いがするようなトラブルは、何らかの問題があると考えなければいけません。

そのままにしておいて直るようなものではありませんので、使用は一旦停止して何が起きているのかを確認する必要があります。その中でも、ガスというものは引火性の物質であり、目に見えるわけではありません。

簡単なことでも火がついてしまう可能性も出てくるため、確実な対応を考えていく必要があるでしょう。
確実な方法として、点検して確認することが求められますが、給湯器はいずれ寿命が来ます。

10年というのがひとつの目安ですが、10年もたつと部品の生産もされなくなってしまうこともあるので、交換を考えていくべきでしょう。引火性ということで、大きなトラブルに発展していってしまうことも少なくありません。

それどころか、事故を引き起こしてしまうことも出てきますので、必ず専門家に依頼するということを忘れないようにしましょう。
どうしても、ないがしろにされがちな部分ではありますが、できるだけこまめに注意深くみておくことが必要です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.