ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

給湯器を交換するときの注意点

修理

給湯器を交換するタイミング


キッチンやバスルームでは、毎日当たり前のようにお湯を使っています。
給湯器のおかげでいつも適温のお湯が使えるのですが、もし故障して水しか出なくなってしまったら、とても不便な生活を強いられることになります。
特に冬場はお湯が出ないとお風呂やシャワーが使用できないのはもちろんですが、手を洗ったり炊事をするのも一苦労です。給湯器はまだお湯が正常に出ているうちに交換すれば、冷水で顔を洗うような生活を送らずに済みます。
つまりお湯が利用できない状況を避けるためには、適切な時期に交換すればいいということです。

正しい使い方を守っている場合、給湯器の寿命は10年前後だといわれています。
しかしお湯を毎日たくさん使用していると、当然ですが部品は消耗します。
また給湯能力を超える量のお湯を使っていると、給湯器に無理がかかり(負担がかかり)故障しやすくなります。
他にも排気口の前をふさぐような場所に荷物を置いていると、排気や排熱を妨げてしまい故障の原因になります。
10年という寿命は一応の目安になりますが、気になる症状がある場合は早めの点検や修理の依頼をする方が安心です。

気になる症状は、故障の前兆の場合もあります。
例えばいつまで待っても設定温度まで上がらず、ぬるま湯のままだったりするのは、寿命が近くなった時の症状の一つです。

お湯の温度が一定でなく、水になったり熱湯になったりを繰り返すということもあります。
お湯を使用している時の急な温度変化は、やけどを負うこともあり、とても危険です。また給湯器を運転している最中は音がしますが、いつもの音と違う場合は要注意です。
特に燃料がガスの場合、不完全燃焼を起こしていることもあります。
小さな爆発音のような音が聞こえたら、すぐに使用を中止する必要があります。

故障しやすい場所

できるだけ長く使い続けるために、給湯器の特性や故障の原因を知っておくのは大切なことです。
例えばバスルームの中やキッチンの壁などに設置されているリモコンは、温度設定をしたりバスタブにお湯をはる時などに使用します。
よく使う機能のボタンほど壊れやすく、修理しなければ必要な操作ができなくなってしまいます。
部品が流通していれば修理は可能ですが、メーカーが製造を打ち切ってしまえば部品の入手が難しくなります。
違う機種のリモコンは使えないため、給湯器もセットで交換になることもあります。

本体が屋外に設置されているということもあり、長年使用しているといろいろな箇所が経年劣化による故障を引き起こしやすくなります。
その中でも基盤が故障すると、交換するための費用が高くつくこともあります。
しかも基盤を交換しても、給湯器自体の使用年数によっては、またすぐ他の場所が故障しないとも限りません。
長い目で見ると、基盤を交換するより本体ごと買い換える方が、結局は経済的だという時もあります。

また本体にはお湯や水を通すための配管がありますが、冬の寒さで配管内の水が凍結してしまうことも珍しくありません。
そのために配管が傷ついてしまうと漏電する危険性があるので、できるだけ早めの修理が必要です。
特に寒い時期は、お湯を使う回数も格段に増えます。
一日中フル回転するため、冬の給湯器には大きな負担がかかり、故障や不調を引き起こしやすいと考えられます。
寒い冬にお湯が出なくなってしまうのを避けるため、日ごろから定期点検を依頼するなど、メンテナンスを心がけておくといいでしょう。

ライフスタイルに合わせて

家族の人数やライフスタイルにより、必要なお湯の量は違います。
一人暮らしでバスタブにお湯をはらずシャワーだけで済ます人もいれば、人数が多くお風呂や炊事で一日中お湯を使っている家族など、生活様式はさまざまです。
給湯器には号数というものがあり、10号から28号ぐらいのものが一般家庭に普及しています。
使うお湯の量が多いほど大きい号数ものが適しています。
つまり数字が大きいほど一度にたくさんのお湯を沸かすことができるということになります。
家族の人数が多いのに小さい号数のものを使用していると、本体に負担がかかり故障の原因になることもあります。

使用する熱源も数種類あり、それぞれ特徴があります。
まずガスを使用したタイプはお湯をためておくのではなく、必要に応じて沸かす瞬間式のため、途中でお湯が足りなくなるようなことはありません。
種類も多く、比較的リーズナブルな値段で購入できるのがメリットです。
それに対して電気を燃料として使用したものは、タンクにお湯をためる貯湯式というタイプです。
ガスや石油のように燃焼させてお湯を沸かすわけではないので、故障しにくいというのがメリットです。
構造も単純にできているので、やや寿命が長い傾向があります。
灯油を使用してお湯を沸かす石油式は、寒い地域で使用されることが多く、冬の間はフル稼働します。そのため電気やガスに比べると寿命が短めですが、燃費がいいためランニングコストも安くなる傾向があります。

大きさや熱源もいろいろある給湯器ですが、交換するときはライフスタイルに合わせることが大切です。
業者を選ぶ際には見積もりの内訳に注意をします。
給湯器本体とリモコンの価格はもちろんですが、工事費や出張費がどの程度の金額なのかがはっきり明示されていることは重要です。
また数社から見積もりをとっておくと相場がわかり、業者を選ぶ時の判断材料となります。取り付け後のことについてもしっかり確認しておきましょう。
アフターサービスの充実している業者なら、故障した時にしっかり対応してくれます。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.