ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

給湯器の修理と買い替え時期

修理

給湯器の種類


給湯器には家族構成に応じた適切なサイズがあります。
一人暮らしで使う湯量が少ない場合もあれば、家族が多い、また生活時間が仕事の都合などでずれる等の理由で、お風呂のお湯を何回も張り替える必要が生じるために湯量が多くなる場合もあります。
それぞれのライフスタイルに応じた適合サイズがあります。

一般的なガス給湯器には、一般家庭用として10号から28号のタイプがよく使われています。
前述した一人暮らしでは号数の小さいサイズ規格の物を、家族が多い家庭には号数の大きな規格の物を使います。
つまり号数が大きい方がより多くの湯を沸かす能力が備わっていることになります。
家族構成と給湯器のサイズを今一度比較することで適切な商品を選ぶことができます。

大きさにも多く種類あるように、湯を沸かすために用いる熱源によっても異なるタイプの給湯器があります。
まずガス式です。これは湯をためるのではなく瞬間的に湯を沸かす仕組みですので、途中でお湯が足りなくなる心配はありませんし、このタイプは比較的安価に設置、購入できます。
それに対して熱源が電気式の物はタンクに湯をためて使う貯湯式です。

ガスなどを使って湯を沸かすのではないので構造も単純で故障しにくい傾向にあります。
次に寒冷地で多く見られる灯油式です。冬の寒い間は稼働日数や沸かす湯量も多く、パワーも消費するので電気式やガス式に比べ寿命は短めです。
パワーはありますが、定期的に灯油の給油が必要で、近年灯油の価格が高くなっていますのでランニングコストは高めとなります。
このようにライフスタイルに応じて吟味し、より適したものを選択することで、費用を抑えられたり故障を防いだりすることができます。給湯器を初めて購入する時や、買い替え時期がきて購入するときは、よく考えてから購入することが肝要です。

ガス給湯器の買い替え時期

ライフスタイルに応じて選んだ給湯器も、適切な使用方法でなければ寿命が短くなってしまいます。
給湯能力を大幅に超える湯量を一度に沸かしたり、排気口前に荷物などを置いて冷熱の妨げになったりすると、格段に劣化スピードは加速してしまいます。

仮に正しい使用方法を守って湯を沸かしていても一般的に寿命は10年程度といわれています。
10年前後使用していると故障につながるサインが現れ始めます。よくある症状としては、いつまでたっても水やぬるま湯のままでお湯に切り替わらなかったり、湯を沸かしている時は給湯器から音がしますが、その音がいつもの音と違っていたりする場合は不完全燃焼を起こしている可能性があります。

故障のサインに気付かずに使用を続けていると危険なことになりかねません。
例えば冷水から急に熱湯に切り替わりやけどを負う可能性があります。
給湯器の中でボンボンという小さな爆発音が聞こえたら買い替え時期の合図ですので、使用を中止し販売業者、メーカーへ連絡しましょう。

故障が判明したら

完全にガス給湯器が故障してしまったときは慌てずにリモコンなどに表示されるエラーコードを確認しましょう。
エラーコードの内容によって故障箇所がどこで、どのような故障かが分かり、修理業者への連絡がスムーズになります。また、概算で修理費用がどのくらいになるかも確認できます。

修理の場合で部品交換が必要な場合、10年以上経過しているものだと部品の製造が終了していて実質修理が不可能な場合があります。
メーカーによっては7年部品を保有しておく決まりになっていますので、困った時はメーカー対応するのが得策です。
業者に修理費を依頼する場合、スタッフの出張点検費や施工料などが発生します。
また、壊れた部分は廃棄する必要がありますので、廃材費が発生することもあります。
それを踏まえた上で修理と交換のどちらがいいかという判断が必要となります。

まず、メーカー付帯の無償保証期間が大体1年から2年はついてますので、その期間の故障はよっぽどのことが無い限り当然修理がお得です。
無償保証期間外から8年目までは不具合箇所修理の費用対効果を考えて修理か買い替えか選択し、10年前後の給湯器は思い切って買い替え時期が来たと考えるのが一般的な目安です。
給湯器の壊れやすい部分も知っておく必要があります。
浴室や室内にあるリモコンも、押すボタンが摩耗して壊れることが多くあります。
また屋外に設置してある本体も配管が破損し水漏れなどが起こりやすいです。
そうしたトラブルの時は給湯器に記載のあるメーカーや業者に電話をして速やかに対処することが必要です。修理に来てもらうまでに数日かかるケースもありますので、迅速に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

また、ガス給湯器はガス機器ですので修理するには資格が必要です。内部の損傷や部品交換などの必要性が疑われるときは間違っても個人で分解するようなことは絶対にさけるべきです。
個人で修理を行うことは重大な事故を招きかねません。プロに任せて安心安全に修理しましょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.