ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年08月05日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年08月05日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

ペーパーを大量に流して詰まらせてしまった

お役立ち つまり トイレ脱着 広島

詰まりのご依頼

本日は安芸高田市にてトイレが流れなくなってしまったというお客様でした。

お心当たりはありますか?と尋ねたところ、トイレットペーパーを流しすぎてしまったかもしれない、とのことでした。

賃貸マンションで、今回このようなことは住み始めてから初めてのことのようでした。

トイレ以外に異常を感じるということもなさそうでした。

点検してみるも

先ずは、便器に溜まった水をポンプで抜いて、手の届く範囲を点検してみましたが特に異物はなく、

灯油ポンプのジャバラホースの部分を便器の奥の方へ差し込んでもみましたが、こちらも異常な感触はありません。

お客様に便器内部の排水経路の構造を図に書いて説明し、詰まりはあるようですが、こちらに引き戻せる範囲には異物がない、ということを説明しました。

ご提案と施工

引き戻すことができない場合、高圧ポンプで強制的に押し込むか、便器を取り外しで安全に取り除くかどちらかの施工内容になります。

お客様の申し出の通り、トイレットペーパーであれば高圧ポンプ作業で問題はないですが、もし他の異物だった場合は奥に押し込むことで被害が大きくなることもあります。無事貫通した場合でも原因がわからないままになることにより、再発の可能性があることを説明し、便器取り外しによる作業のほうをお勧めしました。

お客様の選択により便器の脱着作業を行ったところ、原因はお客様のご申告通り大量のトイレットペーパーでした。

排水経路を実際にみていただき、通り道が意外と狭いことに驚かれていました。

今後は使い方に気を付けていただくということで、本日の作業は終了になります。

もしもまたお困りの際は水道屋本舗にお任せください。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.