ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度97%※平成27年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

お役立ち情報詳細

トイレの手洗い管から水が出ない!緊急時の対処法

つまり

1119_01

突然のトイレのトラブルはどうしたらよいか分からずパニックになってしまいますよね。
故障の内容次第では、自分で対処できる場合もある為、パニックになって慌てて修理を呼ぶ前に点検しておきたい箇所があります。
今回は、あらかじめ知っておきたいトイレタンク内の点検の手順についてご紹介していきます。

トイレの水が出ない原因

トイレの手洗い管から水が出てこない場合、考えられる原因はタンクの内部にあります。
内部にあるトイレ止水栓の開け忘れが最も多い原因です。

止水栓の主な役割は、点検時や修理時に水を止めて水が流れる勢いを調節すること。
水が出ないのは家族の誰かがトイレを清掃し、止水栓を開け忘れているのが原因かもしれません。

清掃時以外にも、子供がいる家庭ではいたずらをして止水栓をいじっている可能性もあります。
まずは止水栓が開いているかどうかチェックしましょう。

トイレの水が出ない原因は他にもあります。
タンク内にある浮き玉が何かの拍子に内部の器具に引っかかったりしている場合は、金具に干渉していたりすると正常に作動しなくなってしまいます。
タンクを開けて確認してみましょう。

故障個所を調べる手順

1119_02

①まずは落ち着いて止水栓をしっかりと閉める
一刻も早くトイレを修理したい場合は焦ってしまいますが、まずは止水栓をしっかりと閉めましょう。
作業中に家屋への水漏れを防ぐために必要な手順です。

修理中や点検中に万が一水があふれてしまっても、被害を最小限に食い止めることができます。
止水栓が固くて動かないという場合、無理をして回そうとすると配管が損傷してしまう恐れがあります。
その場合は、水道の元栓を閉めて対処しましょう。

②水漏れ対策をしたらタンクの蓋を開ける
トイレの取り扱い説明書があれば、それを見て蓋の開け方を確認しましょう。

タンクの蓋は金具で固定されていない場合もあります。
固定されていなければ、蓋を垂直に持ち上げるだけで開きます。
固定されている場合、手洗い金具とタンクの蓋をつないでいるナットを手で回して外しましょう。

③タンクの蓋を外して内部を確認
浮き玉が金具に引っかかっていない場合は、ダイヤフラムに問題があるかもしれません。
ダイヤフラムは黒いゴム製のパッキンとプラスチックが組み合わさった形状の部品で、ボールタップカバーの内部にあり、給水をコントロールする役割を持っています。

消耗品のため経年劣化によって正常に作動しなくなることがある為、問題がある場合には新しい部品に交換する必要があります。

故障個所がわからない場合

トイレを設置した年数が古いという場合は、配管が腐食するなどの問題が起きている場合も考えられます。
止水栓やタンク内に問題がないのに水が流れない、原因不明の水漏れが起きている、というような場合には専門家に修理を依頼したほうが被害を軽減できる可能性があります。

今回は、知っておきたいトイレタンク内の点検の手順についてご紹介しました。
自分で対処することが出来れば、修理を呼ぶ手間も費用もかからずに済みます。
ご紹介したことを参考に、突然のトラブルにも焦らず対処しましょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.