ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレのつまりの原因はどんなところにあるのか

つまり

トイレのつまりの原因は?

毎日使っているトイレに、なんだか異変を感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

例えば、いつもよりちょっと臭いがしたり、水の流れが弱かったり、溜まっている水の水位がちょっと高かったりといったことが挙げられます。

なんとなく違うだけだからと放置したくなるかもしれませんが、実はこれはトイレが詰まっている証拠なのです。

つまりなんて流せば何とかなると思っている人も多いのですが、これらはきちんと原因を究明し、そのうえで解決しておかなければ大変なことになってしまいます。

今は水の流れが弱い程度で済んでいるかもしれませんが、ひどくなると水が逆流することもあります。異変を感じたら、ひとまず何かが詰まっているかもしれないことを疑いましょう。

詰まってしまうときの大きな原因の一つに、異物が流れ込んでしまっているということがあります。

例えば、トイレットペーパーの代わりに使ったティッシュペーパーや掃除用のペーパー、紙おむつなど、流れると思って流してしまったものが原因でつまりを引き起こす場合があります。

トイレに流せるものは本来水に溶けるペーパーのみです。ティッシュペーパーは水に溶けないため、流してしまうと詰まってしまう可能性が非常に高いです。

他には、ポケットに入れていたボールペンやスマートフォン、たばこなどをうっかり落としてしまうケースや、小さいお子さんがいるご家庭ではお子さんがおもちゃなどを落としてしまっていることがあります。

また意外なところでは、トイレットペーパーを大量に流し過ぎるということが原因になることもあります。
普段は水に溶けるので問題ないのですが、あまりに大量に流してしまうとつまりの原因になってしまうこともあります。

つまらせる原因はどれも身近なところにあるものばかりですので、普段の生活を振り返り、どれが原因になってしまうかを考えて注意するようにしましょう。

原因を解消しよう

トイレに何か詰まってしまったとき、その原因によってさまざまな解決方法があります。

一番簡単な方法として知られるのは、ラバーカップを使った対処法でしょう。ラバーカップを使用する時は、トイレットペーパーが原因である事が明らかな時だけになります。

ラバーカップを便器の排水溝の部分に押し当て、何度も押し引きします。
このことで水の流れを押したり流したりし、その揺れによってつまっているトイレットペーパーが出てくる可能性があります。

また、ティッシュペーパーなどが詰まっている場合は、お湯を流すという手段もあります。
トイレに溜まっている水を全て抜きお湯を流すことでティッシュペーパーがふやけ、つまるところがなくなるようになるからです。

他にも一般的にバケツで水を思い切り流す方法やワイヤーブラシなど細いものを便器の奥まで挿入する等がありますが、つまりの原因が解らないままバケツで思い切り水を流すと詰まっている物が奥に入り取れにくくなる事があります。

トイレの排水は複雑な形をしている上に狭いので、ワイヤーブラシを入れると抜けなくなる事故も考えられます。
トイレの詰りは、自宅で簡単にできる方法で解決されるトラブルばかりではありません。

実際のところ、なかなか流れが元に戻らない、あるいは逆流してきてさらにトラブルになってしまっているということもなきにしもあらずです。

こんな場合は、自分で無理やり解決しようとせず、専門業者に電話をかけて依頼するのがいい方法です。
水回りのトラブルを解決してくれる業者は全国に多数いるので、ひどくなる前に相談してみるとよいでしょう。

つまりを予防しよう

トイレがつまることは、そこまで珍しいことではありません。
さまざまな原因によってつまることがありますし、長年の汚れの蓄積でもそうなることがあるからです。

しかし、いくら珍しくないことと言っても、できれば起こらないに越したことはないでしょう。だからこそ、事前に予防をし、つまらないようにすることはとても重要なことです。

予防方法で一番大切なのは、とにかく水に溶けるペーパー以外のものを使わないことです。
ティッシュペーパーも水溶性のものなら良いですが、普通のものは流さないようにしましょう。

しかし、水溶性のものでも一度に大量に使うことは禁止です。いくら溶けても大量に流れ込んできては、それが追いつかずにつまってしまうことがあります。

また、流せるお掃除シートも1枚以上流す事は控えましょう。
よくあるのは、ペットのトイレ砂や生理用品などが挙げられます。

これらはつまると非常に面倒です。特に生理用品や紙おむつは吸収性が高いので、水を吸収して膨張し、すっかり塞いでつまる原因になることになりかねません。他にも、食べ残しや嘔吐物なども流さないようにしましょう。

日々生活していく中で欠かせないものであるためか、どうしても日常的に余計なものを流してしまう人がいます。
しかし、便器は何でも吸い取ってくれる魔法の機械ではありません。

あくまで用を足すために作られているので、それ以外のものを流せるようにはできていないのです。
そのことを忘れずに使用することが大切です。

もともとの汚れなどは頑固になっているので業者に依頼するなどしてきれいにしなければなりませんが、それ以外は日常生活の中で予防できることばかりです。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.