ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度97%※平成27年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

お役立ち情報詳細

トイレが臭う時のお手入れ

お役立ち

トイレのお手入れに必要な道具類

トイレが異常に臭う場合、トラブルの場合もありますが大抵はトイレの掃除不足です。徹底的に掃除をするのなら、止水栓を止め、水を抜いてからお掃除しましょう。

必要な道具は耐水ペーパーと呼ばれる紙やすりが重宝します。トイレの陶器に使用する場合は、なるべく目が小さいもの、目安としては800番以上のものを使用することをおすすめします。

トイレ掃除に必要な道具としては、例えば「ゴム手袋、雑巾、隙間を掃除する際に使用する棒きれ、トイレブラシ、トイレ用洗剤などですね。

トイレのお掃除(便器部分と手洗い場)

普段からこまめに清掃していればこれだけで便器の掃除は十分です。

便器の汚れがすでに頑固レベルに達している場合は、もう少し念入りに掃除をします。

まず止水栓を止め、水を抜いたら便器内部にトイレットペーパーを敷き詰めて、その上からトイレ用洗剤を撒いていきます。

30分ほど放置した後、トイレットペーパーをゴミ袋に捨て、浮いて落ちやすくなった汚れをブラシで擦りましょう。

それでも落ちない汚れには紙やすりの出番です。目の細かい800番以上のものを使用して、ゆっくり擦っていきましょう。力任せに擦ると陶器が傷ついてしまうので注意してください。

便器内部ではないですが、手洗い場が付いているトイレは、手洗い部分も水垢がたまって汚れが出てきてしまいます。便器と同様に800番以上の紙やすりを使用してゆっくり擦りましょう。紙やすりにトイレ用洗剤をつけて擦ると更に効果的です。

さらに便器の中で意外と見落としがちな部分がふち裏です。普段からブラシを使って掃除をしているつもりでも、実は落としきれていない場合が多いものです。

この部分の掃除はゴム手袋をはめて、雑巾に直接洗剤をつけて拭き掃除をしましょう。それでも落ちない場合は漂白剤など少し強い洗剤を使用します。

便器とフタの間の隙間は、細い棒にウェットティッシュや、濡れた布に洗剤をつけたものを巻きつけて掃除していきます。洗剤を付けて掃除した部分には、仕上げにぬれ雑巾でふきあげることを忘れないようにしましょう。

トイレのお掃除(床、壁、扉、配水管)

便器が終わったら床、壁、扉を掃除していきます。とくに床は尿が大量に飛び散っている部分ですので、洗剤を使用してしっかり拭き上げていきましょう。

また、トイレが狭い場合は壁や扉にも飛んでいるので同様に掃除してあげましょう。

掃除の最後に配水管も覗いてみてください。配水管に付いた緑色のサビ。これをホームセンターなどで販売している「サビとり」と「ブラシ」を駆使してきれいにしてしまいましょう。

あまり目に付かないところなので埃などもたまっているため、まずは雑巾で埃をふき取ってからサビ取りを使用してください。サビが取れたら今度はサビが付きづらくなるように、最後に潤滑油をスプレーして作業終了です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.