吸引カップでつまりを解消する方法 | 水漏れ・つまりトラブルの修理なら水道屋本舗
ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

吸引カップでつまりを解消する方法

ウォシュレット

トイレットペーパーの流しすぎによるつまり

トイレがつまってしまう原因は、大抵の場合トイレットペーパーの流しすぎか、もしくは水に溶けない紙を流してしまい、排水口でつっかえてしまうというものです。

「水に溶けます」と言う書き込みがあっても、大量に流してしまえばつまりの原因となってしまいます。

流した際に、水の量が通常よりもあきらかに多く、便座ギリギリまで来るようであれば、その後流れたとしてもつまりかけている証拠です。

完全につまってしまう前にこのつまりの原因を取り除いてあげましょう。

この時、無理に流そうとすると、つまりの原因のゴミなどが奥まで流れていってしまい、またその奥で引っかかって、完全につまってしまうかもしれないので注意しましょう。

トイレ用吸引カップでつまりを解消してみる

もしトイレ用吸引カップがなければ、台所などで使用するお椀形の吸引カップでもかまいません。

ただし、その場合は汚物が飛び跳ねないように、ビニールシートも用意しておきましょう。

まずは吸引カップを用意し、ゴム手袋をしてから水受けの排水口に吸引カップを当てて、力を入れて押し込みましょう。

この時、トイレ用の吸引カップを使っていないのであれば、跳ね防止のため、真ん中に吸引カップが出るように、穴を開けたビニールシートを便器の上にかぶせておきます。

周りにはビニールテープなどを使ってしっかりと止めておきましょう。

用意が出来たら一気に引き上げます。コツはなるべく力いっぱい押し込んで勢い良く引き上げること。これをゴミが取り除かれるまで続けます。

何度かやっていくうちに水が引いていきます。これはつまりが解消されているサインです。つまっていたものが出てきたら、つまりの原因であるゴミなどはトイレの外に取り除きましょう。

また、この際、つまりの原因が解消されたと思っても、すぐにレバーで水を流すのはやめましょう。

1度バケツなどで水を少しずつ流してから様子を見ます。スムーズに流れるようなら完全に解消されているのでレバーを使用しても大丈夫です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.