ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレつまりの豆知識や解消するための方法について

つまり お役立ち

トイレがつまってしまった!原因は何?

トイレにはつまりやすい箇所がいくつか存在しています。実際につまりを経験したことがあるという方もいるでしょう。異常が発生したらまず原因を突き止めることが大切なので、ここでは原因として挙げられることは何かについて紹介します。

まず1つ目は水流の圧力不足です。タンクにはご存じの通り大小のレバーが付いています。この大小には用途があって、その用途別に流さなければつまりの原因になってしまうこともあります。基本的に大というのは大便を流すときに使用するレバーで、小は尿を流すために使うレバーです、特に大便の時に小のレバーを使用すると水流の圧力不足で完全に流れない可能性もあります。これによって異常が発生したと思ってしまう方もいますが、この場合はもう一度大のレバーで流せば直すことができるので、それほど心配になる必要はありません。毎回つまってしまうという方は、大と小のレバーを用途別で使い分けているかを確認をすることで解決できる場合があります。

続いて2つ目は異物によって異常が発生してしまうケースです。基本的にトイレには専用のペーパー以外は流してはいけないというのが基本です。それ以外の異物を流してしまうと水が流れなくなる可能性が高くなります。また、スマホや消臭剤のキャップなどの固形物によって水が流れなくなる可能性もあるので、できる限りトイレに行くときは何も持たない方が安全です。その他にも3つ目は食べ残しや残り汁などを流さないように気を付けることです。人によっては食べ残しや残り汁をトイレに流してしまった方が速いと考えている方もいます。しかし、流してしまうとつまりの原因になる可能性もあるので、なるべく流さないようにするのが基本です。

このように、原因となるものはたくさん存在しています。使えなくなると不便なのでできる限りつまらせないように日頃から気を付けることが大切です。

トイレのつまりを解消させる方法は?

トイレの水が流れなくなった場合は解消方法について考えるのが普通ですが、中には自分で直してしまう人もいます。しかし、あまり知識がない人が自分で直すと新たなトラブルに発展する可能性が高いので注意する必要があります。では万が一異常が発生したらどのようにして解消すればいいのでしょうか。

一番安全な方法としては業者への依頼が挙げられます。専門業者では何が原因でつまっているか検査をしてくれ、修理なども素早くやってくれます。専門的知識を持っている人に修理をしてもらえば安心感も強いので、特にどのようにやったらいいか分からないという方は業者に依頼をした方がいいでしょう。業者に依頼をする時はなるべく近場ですぐに対応してくれる業者を選んだ方が良いです。トイレは実際に使う頻度も多く、家族が多ければ多いほどないと不便です。なるべく早く復旧してもらうためにもなるべく近場の業者を選んだ方がいいでしょう。しかし、近場と言ってもすぐに駆けつけてくれないところもあるので、近場でもすぐに駆けつけてくれるかが重要です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.