ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレつまりの放置は危険!早めの対処が重要

つまり

トイレつまりは絶対に放置してはならない


トイレつまりをどう対処していいか分からず、放置したままの人もいるのではないでしょうか。
基本的にトイレつまりは、放置してはいけません。
放っておいても大丈夫なものもあるのですが、基本的に詰まった場合は対処する必要があります。
自分でできることもあれば、業者を呼ばなければならないこともあるので、そこは見極めていくことが必要となります。
事実、色々なことが原因で詰まってしまうこともあるので、そこは自分で判断できない場合もあるのです。
そういう場合は、業者などにも対応してもらう方が安心です。
もちろん、中にはそもそも詰まっていることにさえ気付いていない方もいます。
トイレが詰まってしまうと、色々な症状が出てくるので、そこはしっかり見極めていくことが必要となります。

例えば、流した時に水が便器の上の方まで上がってきたりすることや、変な音がしたりすることがあります。
そういう点から、詰まっているかどうかを判断するというのも良いのではないでしょうか。
放っておくとそれらの症状が悪化するので、くれぐれも放っておくことだけは避けた方が良いです。
生活に必要なものだからこそ、常に快適に使える状態を保っておくことが必要となります。
内容自体はなかなか素人目で判断することが難しい場合もあるので、心配な方は定期的に業者にメンテナンスしてもらうのも良いです。
その他、自宅にラバーカップなどを用意するなど、簡易的に対処できるようにしておくというのも良い方法です。
そこは自分で判断して、対応できるようにしていくことが今後に繋がるのではないでしょうか。
もちろん、どうしても不安という方は、まずは業者にどのような状態になっているのかということを確認してみると安心です。

トイレつまりを放置したらどうなるのか

トイレつまりを放置したらどうなるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
基本的にトイレが詰まっているのに放っておくと、水が流れにくくなります。
本来、トイレというのは、パイプが通っていて、水がスムーズに流れるようになっているのです。
しかし、そこが詰まっていると当然水も流れにくくなります。結果的に水がゴボゴボと上がってきて、トイレの便器の上まで水が上がってくることがあります。
こうした事態は、水が溢れそうになるということもあって、焦る人も多いかもしれません。
しかし、トイレつまりによってはそれらの現象が出ないこともあります。

例えば、一時的にトイレットペーパーなどの使い過ぎによるものの場合は、しばらくすると溶けて流れるようになることがあるのです。
その場合は、少し様子を見てみると良いです。
ただ、異物を流したりすることで詰まった場合は、放っておいても改善されるということはありません。
そこもしっかり考えて対応していくことが必要となります。
基本的にトイレには、トイレットペーパー以外のものは絶対に流さないようにすることが大切です。
家にラバーカップがあるという場合は、それで対処することも可能です。
いわゆるあのスッポンやバキュームと呼ばれるラバーカップを使えば、ある程度の詰まりは解消することができます。
ただ、どうしても対応が難しい場合などは、専門の業者に依頼して対応してもらった方が早いですし、安心できます。
もちろん、早ければ早いほど、解決も早くなるでしょう。

トイレつまりは放置せずに予防と対処

トイレつまりは、放置するのではなく早急な対処と予防が必要となります。
特に予防の観点から見ておくと、安心して暮らせることにも繋がってくるのではないでしょうか。
基本的にトイレにはトイレットペーパー以外を流さないようにすることが重要です。
これは、わかっているという方も多いですが、意外と気付かない間に流してしまっている方もいます。
例えば、よくある勘違いなのですが、ティッシュを流してしまうという方がいます。
同じ柔らかい紙ということもあって、「流しても大丈夫だろう」と思っている方も多いです。
しかし、ティッシュの場合は、トイレットペーパーとは違って水で溶ける性質を持っていません。
つまり、流せばパイプにそのまま溜まってしまうことがあるのです。そうなれば、水がしっかり流れていきにくくなります。
特に定期的にティッシュを流してしまっている方は、いつか詰まってゴボゴボと音を立てることになります。

その他、間違って異物を流してしまったりすることもあるかもしれません。
また、子供がいる家庭の場合では、子供がおもちゃを流したりすることも案外多いです。
基本的には異物を流さないことが、トイレつまりを引き起こさないための予防になります。
放置していても解決する問題ではないので、見つけた場合はすぐに業者などに対応してもらうか、自分で対応することが必要となります。
しかし、まずは予防して引き起こさないようにすることが先決です。
予防について意識するだけでも、長く安全にトイレを使い続けることができるでしょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.