ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレつまりの原因は何があるのか?

つまり

トイレつまりの原因は何があるのか?


ときどきトイレつまりが発生してしまいますが、どのようなことが原因になるのでしょうか。
通常のトイレットペーパーであれば水に溶けるのですが、海外のトイレットペーパーの中には水に溶けないタイプがあります。
海外のトイレットペーパーは、ネットから購入できるのでときどき使用している方がいますが、トイレつまりの原因になるのでなるべく国産のトイレットペーパーを使うようにしましょう。
また、国産のトイレットペーパーを使っているときにつまってしまったときには、数時間程度で溶けていくので、慌てて水を流すのではなくて溶けるまで待った方が賢明です。
トイレットペーパーの使用量は人によって異なりますが、基本的には一度にたくさん使ってしまうとつまってしまう原因になることが多いです。
また、トイレットペーパーを使って掃除をしている場合にも大量に流してしまうことがあるので気をつけましょう。
トイレの排水管には限度があるので、一度は流れたとしても次にまた同じ量のトイレットペーパーが流れるとは限りません。

なるべくこまめに流すか、使用量を減らすようにすることが大事です。
トイレ掃除をしている際に、ついトイレットペーパー以外のものを流してしまうことがあります。
例えばトイレ用のお掃除シートなどです。
最近は水に溶けるタイプもありますが、水に溶けないタイプを流してしまうとやはりトイレつまりの原因になるので注意が必要です。
つい面倒になって流そうとする方もいますが、排水管の奥の方でつまってしまうと水が逆流してしまって被害が大きくなってしまいます。
面倒でも水に溶けないタイプを使用している場合にはきちんとゴミ箱に捨てましょう。

トイレつまりの原因を考えることが大事

そもそもなぜトイレつまりが起きてしまうのかといいますと、一番の原因は水に溶けないものを無理に流そうとするからです。
トイレットペーパーですら一度に大量に流そうとするとつまってしまうので、水に溶けないようなものを流そうとしても無理があります。
家庭によってはトイレにティッシュを置いているところもあるかもしれません。
しかし見た目がトイレットペーパーに似ているからといっても水に溶けにくいために、トイレットペーパーと一緒に流そうとしてもつまってしまうことがあるので注意しましょう。

また、子供が小さいときには汚れたおむつを処理することが多いですが、このときについトイレに流してしまう方もいます。
おむつは吸水性が非常に高いので、水を吸うとかなり膨れ上がってしまいます。
すると排水管の中でつまってしまう原因にもなります。
水を吸ったおむつは強い水圧で流そうとしても流れにくいので、もしもつまってしまうと便器を取り外すような工事が必要になります。

そうなると当然工事中にはトイレを使えなくなりますし、工事費用もかかってしまいます。
また、一軒家ならまだ被害は小さいかもしれませんが、マンションなどの集合住宅の場合であればかなり大規模な工事にまで発展する可能性もあります。
トイレつまりによって浸水してしまうと、階下まで迷惑をかける可能性もあります。
また、同時に損害賠償を請求させられることもあるので、トイレつまりの原因になるようなことは絶対に避けるようにしましょう。
今まで流れているからといっても、実は奥の方でつまっていることもあるので、基本的にはトイレットペーパー以外のものは流さないようにすることが大事です

ついトイレつまりの原因になる物を流してしまったときには?

故意ではなく、うっかり異物を流してしまうことがありますが、そのようなときもやはりトイレつまりの原因になります。
最近であればトイレでスマホを使っている方も多く、手を滑らせて流してしまう可能性も考えられます。
また、冬場であれば使い捨てカイロも知らない間にトイレに落としてしまうこともあります。
したがって、トイレに入るときには、まずは余計な物を持ち込まないようにすることが大事です。
手ぶらでトイレに入り、使い捨てカイロなどもトイレに入る前に出しておくようにしましょう。

仮にトイレに異物を流してしまったときには、すぐに業者に依頼して取ってもらうようにしましょう。
自分でラバーカップなどを使って取る方法もありますが、素人がやってもあまり効果がないケースがあるので業者を呼んだ方が解決が早いことが多いです。
無理に取ろうとすると排水管を壊してしまうリスクもあるので、必ず専門家に依頼して適切に取ってもらいましょう。
業者を探すときにはホームページを検索して、すぐに来てくれるところを見つけましょう。

他にも尿石が蓄積されてトイレつまりの原因になることがあります。
最近では尿石が付きにくいタイプのトイレもあるので、そのような便器の設置も検討するといいでしょう。
尿石は通常の洗剤では落とすことが困難なので、無理に落とさずに業者に相談しましょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.