ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレで起きやすい水漏れ部分と修理

水漏れ

トイレの水漏れの原因は

トイレの水漏れは、大きな問題になってくることがある部分です。はっきりと水が漏れているとわかれば、対処もできるようになりますが、水道料金を見たら前月よりも跳ね上がっているといった状況で気が付くこともあります。それまで気が付かないといったこともありますが、便器内で水がはっきりと流れており、気が付くこともあるでしょう。
見えない給水管で水漏れが起こっているような場合は、認識できない場合もあります。実際に水漏れを起こしている原因はひとつではありません。さまざまな原因が考えられますが、放置しておけば必ず大きなトラブルに繋がります。床下や壁の内部で漏れてしまっていると、大事になってから気が付くこともあります。
建物を傷つけて劣化させるような場合も出てきますので、早期に対処していく必要がある問題です。完全に水漏れする前にちょっとした兆候が出てきていることが多いです。兆候を見逃さないようにしながら、劣化しやすい部品は定期的に交換していくことがポイントとなります。

トイレの水漏れとして多くの原因となってきているのが、温水洗浄便座です。各家庭や商業施設などで数多く使われるようになりましたが、給水しているという点を忘れてはいけません。この接続部分は、一体化しているわけではなく、どうしても水漏れが起きやすい部分であり、少しずつ水漏れが起きてしまうということがあります。同じように接続部品を使っているのが、タンクへの給水部分です。ここもわずかでも水が止まらなければ、水漏れしてしまうことがあります。
気が付きにくい部分で、水を流した後に、3分程度たっても止まっていないときには、水漏れしていると判断します。修理をしなければ、永遠に水が流れ続けてしまうでしょう。この場合には、タンクの中でいっぱいになってあふれるわけではなく、オーバーフローして便器の中に流れるだけなので、わかりにくい部分があります。

部品の交換で大切なこと

トイレで水漏れを起こす理由は、部品の劣化が大きな要因となる事が多いです。水を流すためには、どうしても圧力が必要です。圧力をかけ続けているため、接続部分は劣化が早く、締め直したとしてもパッキンといった部分で水漏れが起きてしまうことがあります。トイレのタンク部分も同じで、接続部品を使うため、この部分に巻かれている水漏れ防止のテープが劣化したり、パッキンが機能を果たしていなかったりする状態も原因となります。
ネジのゆるみや、フロートのずれも起きている可能性があり、さまざまな要因が絡み合います。これがトイレの水漏れの難しさであり、ひとつひとつ原因をつぶしていかなければいけません。機能的にも合理的に作られており、うまく水がたまるようになっていますので、素人目には判断が難しい部分が出てきます。

水漏れ対策としては、部品を買い替えて交換するという事はひとつの対策です。原因がはっきりすれば、ホームセンターなどで購入できるものがいくつもあります。ネジやパッキンは、外せば新しいものに交換できるでしょう。ゴムのフロートや排水栓も同様です。サイズがわかれば、簡単に購入可能です。金額的にも、そこまで高額ではありませんが、場所によっては工具が必要になってきます。
温水洗浄便座の場合には、交換する場合、電気を使っていることを忘れないようにしなければいけません。水回りですので、止水栓を閉めて水を止めるのは当然のことですが、電気を忘れていることがあります。水と電気は相性が悪く、感電するような場合も出てきてしまいますので、必ずコンセントを抜き、少々時間をあけてから交換するようにしなければいけません。
修理しているときにも、コンセントには水がかからないようにしておきましょう。あとから差しなおすときに濡れていると、漏電してしまう危険性があるからです。自分で修理するには、さまざまな注意点がありますので、専門の修理業者に一任するという選択肢もあります。

新しくするという選択もあるのか

トイレの水漏れの修理は、決して簡単ではありません。構造的に見てみると、単純にできているように見えます。ところが、バランスをうまくとって作られている部分が多いため、うまくいかない場合が多いでしょう。水は非常にわずかなスキマまで漏れてきます。しっかりと締めていても、止水用のテープが巻かれていないだけで漏れてくることがあるのですから注意が必要です。扱いが難しいこともあって、トイレの修理は専門の業者を依頼するのが確実といえるでしょう。

部品を交換しても直らない場合もあります。トイレ自体を新品に交換するというのも一つの方法となってきますが、判断は容易ではありません。ですが、交換すると、水道代は驚くほど抑えられるようになるメリットがあります。使っていると、どうしても劣化してきて汚れも落ちにくくなるでしょう。これも新しくすれば、簡単に落とせるようになっていきます。
節水性能などは、どんどん進化してきていますので、専門の業者と話をしながら、修理か交換かを判断するのがポイントです。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.