ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

いざという時のためのトイレ詰まり等のトラブル解消について

つまり

トイレのよくあるトラブルと対処法

トイレは普段の生活で必ず使うもので、快適に使えて当たり前という感覚があります。しかし、いざトラブルになると生活に大きな支障が出てしまいますので、どのようなトラブルが起こりやすいか、どういった対処法があるかを事前に知っておくと便利です。
まずは詰まりです。水が普段通りに流れず、いきなり水位が上がってくるとパニックに陥りますが、焦らず原因を突き止める必要があります。よくあるのは、トイレットペーパーを使いすぎて大量に流したり、誤ってナプキンを落としたりして水が逆流してくるケースです。

こうなると焦って水を何度も流しがちですが、これは事態を悪化させるのでしてはいけません。気持ちを落ち着けて、止水栓を閉めて水を止めます。こうしておけば、少なくともこれ以上に水があふれてくることはありません。そのうえでラバーカップ、俗に言うトイレスッポンを使って詰まりを解消するのが望ましいです。

ほかには、水が止まらなくなるケースもあります。用を足して水を流して、本来なら一定時間で流れが止まるはずが、いつまでたっても止まらないという現象です。これはほとんどがタンクの不具合によるもので、タンク内のどこかのパーツが劣化したり外れたりして機能しなくなるのが原因です。まずはタンクのふたを開けて、中に水がたまっているかどうか確認します。たまっていなければ、大きな風船状の浮き玉が原因として考えられるため、浮き玉が外れていないかを確認して、正しい位置に戻すようにします。

逆に、水が流れなくなることもあります。原因はいくつか考えられますが、冬場の寒冷地でよくあるのは給水管もしくは排水管の凍結です。対処としては、暖房器具で室温を高くしたり、カイロを直接あてたり、お湯をかけたり、ドライヤーで温風をあてたりという方法があります。注意点として、お湯をかける場合に熱湯は避けなければなりません。急激に熱を与えると配管の破損につながるためです。
配管をタオルなどで巻いて、50度前後のお湯を少しずつかけるのが望ましいです。凍結に関しては、発生してから対処するよりも、凍結しないための予防が重要です。基本的には水抜きです。トイレの種類によって異なるためメーカーの説明書に従っておこないます。

自分での対処と業者への依頼ではどちらが得か

自分で対処してトラブルが解消できればそれでいいのですが、難しい場合は業者へ依頼することになります。どちらがお得かは一概には言えません。自分で対処するなら費用は道具代だけです。ホームセンターでラバーカップ、パイプブラシ、重曹あたりをそろえれば対応できます。
業者に依頼すると作業費や出張費などがかかります。費用面だけで言えば自分での対処がお得ですが、素人が下手に作業して余計に悪化させるおそれがあるため、総合的に考えると業者への依頼がおすすめです。
目安として、例えば詰まりだと、ラバーカップで解消できない場合です。
ラバーカップは単純な詰まりを直すためのものです。3分作業しても改善されないようだと、複雑な詰まりのおそれがあります。その場合は業者へ依頼したほうが無難です。

それ以外にも、詰まっているものがわかっており、リスクの高い詰まりであれば最初から業者へ頼むことをおすすめします。リスクの高い詰まりとは、ティッシュペーパーなど不溶性の紙、猫トイレの砂など吸水性の高いもの、嘔吐物や油を含む食べ残しなどです。これらは内部や排水管にこびりついたりして水の通り道をせまくするため、なるべく早く業者を呼ぶほうがいいです。

業者を選ぶ際のポイントとは

いざ業者へ依頼するとなっても、どこに依頼するかが問題です。検索するとたくさんの業者がヒットします。作業が丁寧で料金も安いのがベストですが、トイレの詰まりなど緊急性の高い状況だと選ぶ時間的余裕も限られます。そこで、チェックしておきたいポイントを紹介します。
まず、料金は重要です。トータルの料金だけではなく、作業の詳細と各作業それぞれの金額を丁寧に説明してくれる業者は信頼できます。

業者の実績も見ておく必要があります。サイトなどで創業年を確認して、長年続けている業者であれば信頼できる傾向があります。本社が地元にあるというのもポイントが高いです。ほかにも、作業後のアフターサポートの有無、対応エリア、資格の有無なども注意して確認すると良いでしょう。

とりあえず最初に電話してみるのも方法の一つです。どの業界でも言えることですが、電話対応がきちんとしているかということは判断材料の一つになります。注意点としては、問い合わせの時点で安すぎる見積もりが出る場合です。実際に現場へ来てもらってから見積額を上方修正される可能性もあるので、注意が必要です。料金が高くても、緊急性の高いトラブル解消のためだと仕方なく払ってしまうこともあります。そういったケースを避けるため、電話の段階でそれ以上の請求がないことは確認することが大切です。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.