ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレの詰まりの修理は自分でできるのか

つまり

詰まりの原因は何か固形物があるから


トイレのトラブルの中でも多いといわれているのが、詰まりです。
ふさがってしまう原因としては、何か塊をそのままダイレクトに流したところそれがこびりついて水をせき止めてしまうことがよくあります。
そうなるとおのずと出てくる答えは、その固形物を取り除けばいいという結論になってくるでしょう。

ところでこの固形物ですが、いろいろな要因が考えられます。その中の一つにトイレットペーパーがあるといわれると不思議に思う人も大勢います。
なぜなら、チリ紙のようなものは水に溶けるから大丈夫では、と多くの人が思うからです。
確かに水に溶ける性質はありますが、一度にたくさんのトイレットペーパーを流してしまうと溶ける性質も追いつかず、そのまま塊として残る恐れがあります。
ちなみにトイレットペーパーの使用量の相場は1カ月あたり1人3から4ロールといわれています。もしこれを超えるような量のトイレットペーパーを消費しているようであれば、少し使い方を見直した方がいいでしょう。

トイレットペーパーを切らしてしまって手元にない、こんなときに取りあえず手元にあるティッシュペーパーで代用するという経験をした方もいるかもしれません。
しかしティッシュの場合、水に溶けるようにはなっていません。このため、排水溝などにこびりついてしまい、いつしか塊になって結果的に詰まってしまうので注意が必要です。

その他には携帯電話やスマホを持ってトイレに入る方もいるでしょう。
そのときうっかり便器の中にポチャンと落としてしまうという場合もあります。
取り出せないところまで落ちてしまうと、それが詰まりの原因となってしまい、修理が必要となります。
水を流してみたら便器からあふれ出してくる結果につながりかねません。あとは消臭剤などのふたを落としてしまって詰まりを起こすこともありますから注意したいところです。

バケツに水をくんで流してみよう

便所の詰まりの修理をするにあたって、バケツに水をためて流してみるのは初心者レベルでも十分できます。
中には詰まっているのに水を流したらあふれるのではないか、と思う人もいるでしょう。
しかし先ほど紹介したようにトイレットペーパーを一気に使った場合、排水管のどこかで引っかかってしまって詰まりの原因となっている可能性もあります。

そこで水流を使ってその詰まりを外に押し出せば、修理をせずに問題を解決できる可能性があります。ただし一気に大量の水を流すのはおすすめできません。
イメージとしてはジョロジョロといった感じで流していきましょう。そして少し上から便器に水を流し込むことです。そうすると水圧だけでなく、空気も一緒に含めて押し出していけるようになります。

またすでに詰まりによって便器に水が結構残っているようであれば、バケツなどで余分な水をくみだしておくといいでしょう。便器に水がたくさんあると、せっかくバケツで水を入れて圧をかけても、それが固形物のところまで十分届かないことも考えられるからです。
排水口に注ぎ込んだ水がダイレクトにあたるレベルにまで水位を下げてから、バケツの水を入れるべきといえます。またお水ではなく、お湯を入れてみるのもおすすめです。お湯の熱によって固形物がふやけることで、張り付きがほどける可能性もあるからです。ただし熱湯はNGです。
熱湯の場合、便器がひび割れる恐れがあります。だいたい触れる程度の温度、50度くらいを目安にして準備するといいでしょう。

ラバーカップを使って修理する方法もポピュラー

自分で行うトイレの修理と言われると、ラバーラップをイメージする人も多いかもしれません。
ゴムの持つ吸着力、はがすときの戻る力を使って水流を作り出し、その結果引っかかっている固形物をはがすことで修理する仕組みです。ただしラバーカップを使う場合、留意しておいてほしい点がありますのでやる前に頭の中に入れておくようにしてください。

まずは養生のような感じで、便器にビニールシートのようなものをかぶせておきましょう。これは、ラバーカップで吸引を行っているときに汚水が周辺に飛び散る危険性があるからです。ビニールシートを使えば床が汚れることはありませんし、修理終了後にそのままシートを捨てれば問題はありません。
ラバーカップの使い方は、排水溝(排水口)のところにカップを突っ込んで、ゆっくり押し込みます。
その後抜きますが、このときに思い切って一気に引き抜くのがコツです。押し込んだときに排水口にできるだけ隙間を作らないようにすると、水流を最大限に高め、スムーズに汚水が流れるようになります。

詰まりのなくなった手ごたえがあれば、バケツにためた水を便器に流してみます。この時水が溜まることなく、昔のように水が流れていっているようであれば、詰まりの問題が解決したといえます。
水が今まで通り溜まるようであれば、まだ完璧に症状が改善したとは言えません。
このようにトイレの詰まりはケースバイケースで、セルフで修理をすることも可能です。

しかし素人が無理に行うと、かえって状況が悪化することもあります。
これは自分たちには無理かもしれない、と思った場合には無理に自分で行うのではなく、専門の業者に作業を依頼することが無難な判断です。速やかにスタッフが現場に駆け付けてくれ、適切な修理を行ってくれます。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.