ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

便器から水漏れする原因や対処方法とは

水漏れ

便器から水漏れしているときの原因とは


便器から水漏れしている場合には、どのようなことが原因になっているのでしょうか。
便器から水漏れしている場合であっても、実際は他の場所から水が漏れて、その水が伝わってきていることもありますので、一概には便器に原因があるとは言えません。
例えば最近は温水洗浄便座を使用している方が多いですが、給水タンクやホースなどの水漏れがそのまま便器に伝わって、まるで便器から水漏れしているように見えるケースもあります。
したがって、水が漏れているのを発見したら、具体的にどこから水が漏れているのかをしっかりと突き止めることが大切です。

また、実際に便器本体がひび割れることでそこから水が漏れることもあります。強い衝撃を外側から与えられることによってひび割れることがあり、そこから水が漏れることがあります。
また、掃除のときに熱湯を使ってしまうと、熱湯によって便器がひび割れることもありますので、掃除のときには熱湯ではなくてぬるま湯を使用するように注意しましょう。
一般的に便座は陶器となっていますので、熱湯や衝撃に弱いものです。便座の上に立ってしまったり、物を落としてしまったりすると、それだけでひび割れることがあるので、普段から気をつけることが大切です。

他にも給水ホースが詰まってしまったり、内部機器のゴムパッキンが劣化してしまったりすると、それが原因となり水が漏れてしまうことがあります。
現在使用している便器が経年劣化によって傷んでしまうと、その分水が漏れてしまうリスクが生じることになります。新品の状態からどの程度経過したのかを確認し、ある程度年数が経過しているのであれば交換を考えるのも良いでしょう。
放置しておいても水漏れが収まることはなく、かえって症状が悪化していくリスクが高くなるので気をつけてください。

便器以外から水漏れすることはあるのか

便器はひび割れていないのに水漏れしているケースもありますが、本体のひび割れ以外ではどのようなことが原因となっているのでしょうか。例えば給水管接続部分から水漏れしている場合であれば、給水管の外側から水が伝わって床に水たまりを作ることがあります。そのときにはナットが緩んでいる可能性が考えられます。
もしくは内部のゴムパッキンが劣化していることもあります。ナットが緩んでいるのであれば自分で締め直すことで改善できますが、ゴムパッキンの劣化は業者でないと交換できないので、ナットに問題ないのであればすぐに業者に連絡してゴムパッキンを交換してもらいましょう。

また、タンクの内部にはゴムフロートやボールタップなどの部品がありますが、これらの部品が劣化しているとやはり水漏れが起きることがあります。他にもタンクと便器が接続している部分に緩みができると、その部位から水が漏れてしまうことがあります。大抵の水漏れの原因はナットの緩みやゴムパッキンなどの部品の劣化なので、どこも緩んでいないのであれば、業者に部品の交換を依頼しましょう。

すぐに対応してくれる業者であれば、それだけ早く解決できます。
しかし、ナットの緩みであっても、場合によっては自分で解決できないことがありますし、さらに他に原因があるかもしれないので、トイレに異変が生じたのであればまずは業者に連絡した方がより迅速に解決できます。
トイレは日常生活の中で使用する場所なので、一度トラブルが解決してもすぐに再発してしまっては、自分や家族の生活に支障をきたしてしまいます。トラブルが発生したら迅速に解決することが大事です。

便器から水漏れが発生したときの対処方法とは

便器から水漏れが発生したときには、まずは業者に来てもらうことを考えましょう。
手間や費用を惜しんで自分で解決しようとすると、かえって症状が悪化してしまい被害が拡大してしまうことが考えられます。特に水道管を破損してしまうと、一気に水が漏れてしまい床下浸水の原因になります。集合住宅に住んでいる場合、階下にまで水が漏れてしまったら損害賠償を請求されることもあるので注意をしましょう。
高額な家電類などが故障してしまうケースもあるので、必ず業者に連絡をすることが大事です。

賃貸物件であれば管理人に連絡する方も多いですが、そうでない場合であれば専門の業者に自ら連絡をする必要があります。業者を待っている間にも水漏れの被害は拡大していきますので、すぐに連絡がつく業者を選ぶことが求められます。そのためには24時間365日対応してる業者に連絡することが大事です。

すぐに連絡がつけば迅速に駆けつけてくれます。水漏れトラブルは日時を選ばないので、トラブルが起きたときにすぐに解決してくれる業者を選びましょう。
業者が到着するまでの間どのように過ごせばいいのかは、連絡したときに業者に聞いておくといいでしょう。元栓を閉めたり、被害が拡大しないようにタオルなどを敷いたりするなどアドバイスをしてくれることがあります。
トラブルが起きても慌てずにすぐに業者に連絡し、被害を最小限に抑えることが大事です。
普段から優良な業者を探しておきましょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.