ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレタンクの水漏れの原因と修理

つまり 水漏れ

トイレタンクが水漏れしたら

トイレや給湯器など、水回りはトラブルが起こりやすい場所ですが、もしトラブルになってしまったら被害が大きくなりやすい場所でもあります。
トイレタンクが水漏れしてしまったら、トイレが使えなくなったり、修理代金がかかってしまったりするだけではなく、床が傷んでしまったり、下の階に水漏れしてしまったり、水道代が大きくなってしまったりと、トイレ以外にもさまざまな被害が起こってしまう可能性があります。

 

トイレタンクが水漏れしてしまった場合、多くのケースは修理をするために専門業者に依頼することになります。
しかしながら、事前にどういった原因でトイレタンクの水漏れが起こるのかということを把握しておけば、自分で直すことができたり、業者が来るまでの応急処置ができたりするケースもありますので、しっかりと把握しておきましょう。

 

特にトイレタンクが破損しているときなど、修理はできなくても水漏れを一時的に止めたり、応急処置ができる場合もあります。
床が水浸しになったまま放置しておくと、床の張り替えなどで非常に高額な費用が発生してしまうケースもありますので、いざという時に備えて対応策を知っておくことは大切です。

トイレの修理と料金表はこちら

トイレタンク故障の原因

トイレから水漏れが起こっている場合、トイレタンクが故障しているケースがあります。
故障の原因をつきとめるために、どこに不具合があるのかということを調べてみましょう。

 

手洗い場や便器の中など、ふだんから水が流れる場所から水漏れがある場合は、高い確率でタンクか温水洗浄便座に原因があります。
この場合、温水洗浄便座の電源を落としてみて、それで水が止まれば原因は温水洗浄便座にあり、止まらなければタンクに原因があると考えてよいでしょう。

 

タンクと便器の間から水漏れしている場合は、タンクの外装部分の破損が原因であるケースが多く、手洗い場のふたから漏れている場合であればタンクの内側の部品が壊れているケースが多くあります。
その他の場所から漏れている場合は、タンクではなく、その他の場所の故障が原因と考えられます。

 

トイレタンクの故障の場合、故障している箇所を絞ることができます。
まずタンク本体が破損している場合ですが、この場合は自分で何とかするというのは非常に難しいため、早急に専門の修理業者を呼ぶことをおすすめします。
タンクはゴミが詰まって誤作動を起こすこともあります。
パイプやゴムフロートの隙間にゴミが詰まって誤作動を起こし、水漏れをしていることもあります。
ゴムフロートというのは、タンクから便器に流れていく水を調節する球体のことです。

 

また、ゴムフロートはボールチェーンで水を流すためのハンドルとつながっているのですが、このチェーンが外れたり絡まったりすることで誤作動を起こしていることもあります。
このゴムフロートそのものが劣化して誤作動を起こすこともありますが、見た目では分かりにくいため、どうしても自分で修理したいという人以外はそこまで気にしなくてよいでしょう。

トイレの修理と料金表はこちら

トイレタンクの水漏れの修理について

水漏れが起こったとき自分で何とかできるケースがあるのがトイレタンクです。
それ以外の場所だとまず無理なのですが、ここに限って一部自分で直すことができるケースがあります。
そのやり方について説明します。

 

まずは流れている水を止めましょう。
トイレの横には多くの場合止水栓がありますので、これを閉めて水を止めます。
これでそれ以上水が流れなくなりますので、状況の悪化を防ぐことができます。
また、トイレに止水栓が見当たらないという人は、家の水をいったん止める方法もあります。
水道メーターの近くにハンドルがありますが、その止水栓を閉めることで家全体の水を止めることができます。
トイレ以外の場所も全て水が止まってしまうため注意が必要です。

 

水を止めたら、実際に修理していくのですが、当然ながら原因によって方法は違います。
まず、ゴミのつまりに関してですが、これはそのままごみを取り除いてやり、水を流してみてきちんと流れれば完了です。
ゴムフロートのチェーンの絡まりも、タンク内部からそれを直せば完了になります。
ゴムフロートの劣化に関しては、ゴムフロートを買ってきて交換する必要がありますので、自分で修理するという人はホームセンターなどで対応するゴムフロートを購入して交換しましょう。
これらの対応を行っても水漏れが止まらない場合は、原因が他にありますので他の部分を調べる必要があります。
タンク外部の部品が劣化している場合もありますので、そういった場合はその部分の交換が必要です。

 

トイレタンク本体に破損がある場合は、自分で直すということが困難なため、すぐに専門業者に連絡しましょう。
また、部品の交換についても専用の部品や道具が必要であったり、作業が大変であったりするだけではなく、失敗してしまうと被害を大きくしてしまうことになるケースもあります。
トイレそのものを交換しないといけないとなると、費用も膨れ上がりますので、あまり無理はせず専門の業者に依頼することをおすすめします。

トイレの修理と料金表はこちら給湯機の故障にはどんな理由、原因があるのか
お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.