ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

便器の水漏れの原因と対策

ウォシュレット

各種便器の水漏れの原因と対策

トイレにおけるトラブルの一つとして便器の水漏れがありますが、その原因を紹介します。

 

排水管や給水管などのパイプのトラブルにより生じることがあります。
パッキンなどは長年使用すると経年劣化に伴い、錆や結合部分が緩んでしまいます。
便器自体も長年使用すると経年劣化が生じやすいです。

タンクと便器との結合部分における不具合の場合は、ボルトを締めなおしたり部品交換をすることで解決できます。
ドライバーなどの工具が揃っている場合でしたら、部品をホームセンターで購入することができますから、相応の知識があれば自分で修理することは可能です。
便器のひび割れの場合ですが、小さなものだとパテを使用して割れた箇所を塗ることで、修理ができます。

 

近年では温水洗浄便座が各メーカーで開発されており、多くの場所で使用されています。
機器の不具合による水漏れも原因の一つです。

精密機械ですから、機器の誤作動や故障に伴い水漏れが生じることもあります。
自分で直すことは難しいので、専門業者に依頼するか部品交換の流れとなります。

 

タンク内のトラブルも便器の水漏れに繋がりやすいです。
トイレタンクから流れる水は、ボールタップなどでタンクからの水を止める役割がありますが、これらのアイテムの劣化や故障に伴い給水が止まらなくなります。

便器内にも水が流れ続けて、水道料金が高額になります。
簡単な修理の場合は、自身で部品交換することで対応可能です。

 

冬になると外気の影響を受けて結露が生じますが、それに伴っての水漏れも起こります。
ドア、窓の開閉をして室温の変化を小さくしたり、換気扇を回して湿気を追い出すことで基本的に解決できます。

トイレの修理と料金表はこちら

温水洗浄便座での便器の水漏れが起こった場合

温水洗浄便座を使用している際にも、便器の水漏れは起こり得ます。
精密機械ですから、トラブル対応をする際には戸惑いやすいです。
トラブル時の対応と修理のポイントを紹介します。

 

水漏れなどのトラブルが起きた場合は、トイレにある止水栓を閉めます。
その上で、温水洗浄便座の電源を切ることで、被害を抑えられます。

止水栓は、マイナスドライバーがあれば締めることができます。
それが難しい場合や場所がわからない場合は、水道の元栓を閉めるとよいです。

 

温水洗浄便座を使用している場合、ノズルのトラブルからでも水漏れが起こります。
水が流れ続けている場合のポイントを紹介します。

便器から離れた場所で操作するタイプの場合は、リモコンの電池切れが原因であることも多いです。
ボタンを押しても反応が悪くなったり、ノズルから水が出続ける場合は、電池交換をするとよいです。

しかし、電池交換をしても解決できないことがあります。
ノズルには水の行き来をコントロールする弁が入ってます。

機械で操作をしていますが、その系統のトラブルにより正常に動かないこともあります。
相応の知識が必要になりますから、業者に依頼することになります。

 

ノズルが出たままの状態もありますが、出し入れ時におけるスプリングの故障が想定されます。
誤作動により水が出たままとなり、水漏れや床下が水びたしになるトラブルにも繋がりかねません。

手で押し込むことも一つですが、電気で作動するタイプだとコンセントを抜いての再稼働、リモコンタイプの場合は電池交換にて様子を見ると良いです。
しかし、温水洗浄便座は一つの機械ですから、無理な取り外しや修理は機械のトラブルの他に漏電や火災が起こる場合も想定されます。

機器の交換を含めて、無理に修理しようとしないで業者に依頼することがおすすめです。

トイレの修理と料金表はこちら

便器の水漏れ修理を業者に依頼する際のポイント

便器の水漏れを修理するにあたり、簡単な部品交換の場合は工具があれば自身で修理することはできます。
しかし、間違った修理の仕方をすると、トラブルを大きくしてしまいます。

特に賃貸物件、貸しビルの場合だと、損害賠償の問題まで繋がりかねません。
不安がある方は業者に依頼した方が安心です。
相応の知識を要する作業の場合も業者に依頼する流れとなります。
その際における業者選びのポイントを紹介します。

 

便器の水漏れなど突然のトラブルが起きると慌ててしまいます。
ただし急いで契約をしてしまうと悪徳業者に引っかかる可能性もあります。

そのため、できる限りホームページなどで施工実績や金額を情報収集しておくと、業者の信頼度および費用相場が確認できます。
スタッフが水道工事における専門資格を有しているかどうかも確認すると安心です。
特に大手企業の場合はお客さんとの信頼が第一ですから、技術と実績の紹介は詳しく案内しています。

 

見積金額の詳細な説明および依頼をしてから施工までの対応の早さも確認ポイントです。
不明な点を質問した際にわかりやすく説明してくれて、修理後のメンテナンスのポイントも教えてもらえるところだと良いです。
現地調査を必要とする場合も無料で行い、不安をあおることは言わないで丁寧な説明をしてくれる業者は信頼できます。

トイレの修理と料金表はこちらトイレタンクの水漏れの原因と修理
お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.