ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

水洗トイレの水漏れの主なパターンとは

水漏れ

給水管で漏れている

水洗トイレの水漏れによる依頼というのは少なからず見られます。
水洗トイレの水漏れと一言で言いますが、どこで問題が発生しているかはいくつかパターンがあります。

 

何が原因かによって、どのような修理内容になるか対処法も変わってきます。
場合によっては修理だけでは不十分で、トイレそのものを交換しなければならないかもしれません。
水漏れの理由が分からない場合は、専門業者を呼んで原因を特定してもらうことが優先です。

 

水洗トイレの水漏れのケースで非常に多いのが、給水管におけるトラブルです。
家のトイレをチェックしてほしいのですが、壁から配管が出ていて、それがタンクに接続しているはずです。

 

洗浄便座を使っている場合、途中で分岐しているかもしれません。
この壁からタンクまでをつないでいる配管のことを給水管といいます。
通常この給水管はナットで接続、固定されていますが、この部分から水が漏れだしているケースが多くなっています。

 

なぜこのようなことになるのかは、ナットの内部に装備されているパッキンが関係しています。
パッキンはゴム製で、長年同じものを使い続けると劣化してしまいます。

 

特に10年以上同じものを使い続けて漏れが発生しているのであれば、パッキンそのものが劣化している可能性が高いでしょう。
パッキンそのものに異常がなければ、ナットが何らかの理由で緩みを起こしている可能性も考えられます。

 

もし自宅にレンチなどナットを締める工具があれば、自分で締めなおして問題を解決することも可能です。
パッキンもホームセンターなどで販売しているのでそちらを購入して、自分でリペアすることもできるでしょう。

トイレの修理と料金表はこちら

止水栓から水がぽたぽた落ちている

トイレの給水管に蛇口のようなものが取り付けられているところは多いでしょう。
壁から管が出ていて、比較的すぐ分かる所にあります。

 

この蛇口のようなものを、止水栓といいます。
水洗トイレの水漏れなどで修理を行う際には、止水栓を閉めて水流を止める必要があります。
そうしないと水が出たままになるので、床が水浸しになる可能性もあります。

 

実はこの止水栓が原因で水漏れを起こすこともあります。
この止水栓は主に3つのもので構成されています。

 

その3つのアイテムとは三角パッキンとスピンドル、コマパッキンです。
この中でも長年パッキンを使い続けると劣化して、それが水漏れの正体ということも考えられます。

 

パッキンは細かくこすれあって、徐々に摩耗していきます。
そうすると隙間が発生して、そこが水の通り道になってしまうことがしばしばあるのです。

 

おそらく大半の人が、普段止水栓を触ることはないでしょう。
しかしそれでも長年そのままにしていると、徐々に劣化してしまいます。

 

中には止水栓の劣化が相当進んでいて、閉めても水の流れを止められないというケースがあるかもしれません。
その場合には元栓という家全体の水の流れをコントロールするものがあるので、この元栓を閉めて、住宅全体の水流をシャットアウトすることで対処します。

 

劣化を起こしているパッキンを新しいものと交換すれば、水洗トイレの水漏れの症状は治まる場合があります。

トイレの修理と料金表はこちら

排水管で水漏れが起きている

築年数の古い物件で暮らしている人の中には、三角形のタンクがトイレの中に設置されているケースもあるでしょう。
便器の汚物を流す際に、このタンクに溜まっている水を利用します。
そして排水管に流れていくわけですが、タンクと排水管の接続部分で水洗トイレの水漏れを起こす事例も見られます。

 

排水管についても給水管同様、ナットで固定されるシステムになっており、中にはゴムパッキンが取り付けられていますが、こちらも経年劣化を起こしやすいです。
もしひび割れなどのトラブルが発生していると、ぽたぽた水漏れを起こす可能性はあります。

 

もしパッキンに特別問題がないようであれば、ナットのゆるみが原因のこともあります。
その場合には、レンチなどを準備して締め直すことで、水が出てくるようなこともなくなるでしょう。
このようなタイプは比較的古い住宅で見られる構造で、近年の住宅ではほぼ見られません。

 

古い住宅を中心としてみられる現象に、トイレタンクの下の床が濡れているというケースがあります。
これはトイレタンクのふたが何らかの理由でずれてしまって、その結果そこから水が落ちてしまっていることもあります。
この場合にはふたを正しい位置に戻せば解決できるトラブルですが、そのほかにも内部に問題が起きている可能性もあります。

 

例えば手洗い器のホースのどこかに穴が開いていたり、ジャバラホースがずれてそこから流出していたり、ということもあります。
さらにオーバーフロー管に何らかの不具合が起きているケースもあります。

 

もしオーバーフロー管に異常がみられる場合、排水がうまくいかないことも起こりうるので、その結果、タンクに水がたまる一方で許容量を超えてあふれ出してしまっていることが考えられます。

トイレの修理と料金表はこちら給湯機の故障にはどんな理由、原因があるのか
お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.