ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレの床で水漏れを起こす原因とは

水漏れ

タンクが原因箇所であることが多い

ある日トイレで用を足そうと思ったら、どうも床が濡れている、このような経験はありませんか。
そんな時、大掛かりな工事が必要になるのではないかと不安に感じる人も少なくありません。

 

もしトイレの床で水漏れが発生していることに気づいたのであれば、まずは具体的にどこが濡れているかを特定するところから始めましょう。
全体的に濡れていることは少なく、特定の箇所が特に水濡れしているというパターンが多くあります。

 

もし便器の後方の濡れ方がひどいようであれば、タンクをチェックしてみることです。
実際に触ってみて濡れていないか、表面を見て水滴が伝ったような形跡はないかを確認しましょう。

 

もしこのような現象が視認できたのであれば、タンクが水漏れの原因である可能性が高いです。
その場合には、ふたをいったん持ち上げてみましょう。

 

すると中には管などいろいろなものが内蔵されているはずです。
その中のパーツが外れている、ずれてしまっている可能性があります。
もしくはホースなどに穴が開いている、ゴム製の場合ひび割れを起こしているといったことも考えられます。

 

中にはふたを外そうと思ったけれども、垂直に持ち上げられないというケースもあります。
これは内部にあるボールタップと手洗い菅が接続されているタイプの可能性が高いです。

 

この場合、力まかせに持ち上げようとすると故障してしまう恐れがあります。
専門の業者を呼んで修理依頼をした方がいいでしょう。

 

またタンクをよくチェックしてみると、汗をかいたように水滴がたくさん付着していることもあり得ます。
これはいわゆる結露によってもたらされた現象と推測されます。

 

夏場や冬場のようなエアコンを使っている場合、トイレとの間で大きな気温差が発生します。
その結果、水蒸気が液化してこのような状態になったと考えられます。

 

この結露は、タンクそのものの異常ではありません。
ですから浮き出した水滴をぞうきんなどでこまめにふき取れば問題ありません。
もし頻繁に結露が発生するようであれば、換気をこまめに行って屋内の気温差をできるだけ小さくするのがおすすめです。

トイレの修理と料金表はこちら

便器の接続部分で問題が起きていると厄介

便器の周辺の床が全体的に濡れている場合、これは便器と床の隙間から水漏れが発生している可能性が疑われます。
このような現象が起きる要因として、配水管の水漏れが浮上します。

 

特に築年数の経過した古い住宅の場合、配水管が経年劣化を起こしている可能性も十分あり得ることです。
この場合には、自分たちで対処できるレベルのトラブルではないと考えましょう。

 

便器をいったん取り外して、中の配管の状況を確認する必要があります。
早急に業者に連絡を取ることが先決です。

 

また、まれにそれほど築年数の経過していない新しい物件でもこのような不具合の起きることもあります。
この場合には施工業者がトイレを設置するにあたって、十分な施工を行わなかった、何らかのミスが発生していた可能性があります。

 

ただし一見すると便器周りの水漏れのように見えるけれども、給排水管のトラブルだったということもあり得ます。
また近年一般家庭でも温水洗浄便座を使っているところも増えています。

 

この水を通す配管のどこかでトラブルが起きていることも考えられますから、水漏れを発見した場合、この部分での問題が発生していないかどうか確認するといいでしょう。

トイレの修理と料金表はこちら

放置しておくことは厳禁

どのようなトラブルであっても、トイレの床が濡れている、何度拭いてもしばらくするとまた湿った感じになっているのであれば、早急に対策を講じる必要があります。
もしそのままにしていると、フロアにカビが発生するなどまた新たな問題が発生することがあります。
そしてカビなどが生えてもさらに放っておくと、腐食が起きる可能性も出てきます。

 

さらにマンションなどの集合住宅の場合、被害は自分たちだけでは収まらないことがあります。
階下に住人がいる場合、天井を濡らして雨漏りのような状態になることも十分あり得ます。
そうなってくると階下の住民とトラブルになり、何らかの実害を相手が被っている場合、その補償を負担しなければならなくなるケースも考えられます。
速やかに水漏れの発生している箇所を特定して、適切に改善することが求められます。

 

床が濡れていると、トイレのタンクや便器が壊れたのではないかと心配する人も少なくありません。
実際に、このような部分の破損により水漏れが発生したという事例もあります。

 

便器は陶器で作られていますから、通常は簡単には割れません。
しかし、大震災規模の大きな地震が発生した、勢いよく硬いものをぶつけたといったといったこと以外にも、経年劣化によりちょっとした衝撃でひび割れや破損してしまうこともあります。
実際には故障とはいえないトラブルの方が頻度としては多いですから、まずはそちらの可能性を探ってみるところから始めましょう。

トイレの修理と料金表はこちら水洗トイレの水漏れの主なパターンとは
お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.