ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

トイレの水が流れないときは修理の依頼も考えよう

つまり

トイレで問題が起きたとき修理のお願いをする前にできることとは


トイレの水が流れないというトラブルが起きたことはないでしょうか。
内部で何かが詰まってしまったときにそのような不具合が起きます。

基本的に内部の排水管はまっすぐではないので、そもそも異物が通りにくい設計になっています。
たとえ溶けやすい物質であってもあまりにも大量に流してしまうと障害の起きることがあります。
また、うっかりボールペンやゲーム機、おもちゃなどの固形物を落としてしまうことも原因になります。

 

物を落としたことが原因で何か起きたときは、まずはぬるま湯を流してみましょう。
このとき熱湯ではないことが大事なポイントです。

なぜなら、熱湯を流してしまうと便器が傷んでしまうことがあるからです。
ただ、この方法で解消できるのは内部の物質が柔らかいときだけなので、もしもボールペンやゲーム機などの固形物を流してしまった場合には、無理に流そうとするとかえって症状が悪化してしまうこともあるため注意してください。

奥の方で動かなくなってしまうと取り除くことが困難になる恐れがあります。
どうしても自分だけでは解決できないのであれば、プロに来てもらうことも検討しましょう。

 

さらに長く使っていると尿石が付着してしまうことがありますが、尿石が原因で水が流れなくなる恐れもあります。
尿石を取るためには酸性の洗剤を使って除去したり、尿石除去剤を使って落としたりする手段があります。

洗剤類を使っても落とすことができないくらい頑固な尿石ならば、サンドペーパーを使って落とす手段もあります。
ただしサンドペーパーを使うときにはなるべく便器を傷つけないように注意しながら尿石だけを落とすようにする必要があります。
最初にサンドペーパーを使い、後で薬品を使うと効率的です。

トイレの修理と料金表はこちら

トイレの水が流れないときは修理の専門家に来てもらおう

水が流れないときには、お湯や専用の洗剤を使う方法以外にも重曹や酢を流す方法があります。
重曹と酢が混じることで炭酸ガスが発生し、泡の力で詰まった物を柔らかくすることができるからです。

しかし、重曹や酢が無い場合やあまり効果が無いときは、ラバーカップを使って取ってみましょう。
便器の排水口に押し付けて勢いよく引き、何回か繰り返すことで中の物が取れるケースがあります。

 

水の流れない原因が排水管の奥深くにあったり、排水管自体に問題がある場合は自分で解決することができないので、そのときにはプロに来てもらいましょう。
また、ときどき施工ミスのために水が流れなくなるケースもあります。
これらのケースのように自分の手では負えない場合でも、プロであれば迅速に解決してくれます。

 

ポイントとして異変が生じたからとすぐにプロにお願いするのではなく、自宅の水道の止水栓や元栓がきちんと開いているかどうかを前もって確認しておくことが重要です。
排水管の内部で何かが詰まってしまうと水が流れなくなることがありますが、そもそも元栓が閉まっていては水も流れません。

集合住宅であれば断水のお知らせが掲示板に貼られていたり、管理人や大家さんからお知らせがあったりするので、チェックするようにしましょう。
ときどきポストにそのお知らせが書かれた紙が投函されていることもあるため、ポストも見てみることが大切です。

トイレの修理と料金表はこちら

トイレの水が流れないときの原因や修理のお願いについて

他にもトイレの水が流れなくなる原因として、タンク内の浮き玉が引っかかってしまっていることがあります。
水がタンク内で適量貯まらなくなると水の流れは悪くなります。

いつまでも水が流れている場合は自分で浮き玉の位置を調節することでタンク内に水が貯まり流れるようになります。
また、タンク内にあるボールタップが劣化していると動かなくなることがあり、水の流れが悪くなる可能性が生じます。

 

部品を交換したり修理したりする作業は素人でも難しくないケースもありますが、素人が行うとかえって状況が悪化してしまう可能性があることは理解しておきましょう。
修理にかかる手間や費用とプロに来てもらう費用を比較した場合、どちらの方が自分にとって得なのかを考えてください。
自己解決できれば問題ありませんが、修理に自信がないならば最初から専門家にお願いしましょう。

 

プロにお願いをするときには、どの程度費用がかかるのかをチェックしておくことが大切です。
施工料金や出張料金がいくらなのかを調べ、トータルでかかる費用の見積もりも出してもらいます。

ホームページを見ればお得なキャンペーンを実施していることもあるので、そのときは通常よりも安くお願いすることができます。
そして、できるだけ24時間対応しているところに依頼するのがおすすめです。

水に関する問題はいつ発生するかわからず、早めに解決できればその分損失も抑えることができます
対応できるタイミングは先方の都合にもよりますが、いつでも受付を行っているところならば、その分早く正常に戻すことができます。

トイレの修理と料金表はこちら給湯器のトラブルについて
お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.