ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2019年04月22日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2019年04月22日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

プロが実践するトイレつまりの直し方をご紹介!

つまり

水洗トイレの場合、使っているうちにつまってしまい、流そうとすると水があふれてしまうことがあります。トイレつまりが起こる原因はさまざまありますが、その多くは正しくトイレを使わずにしてはいけないことをしてしまった結果で、偶然というよりは必然というべきものです。

トイレつまりの症状や原因、そして対処法について解説します。

トイレつまりの主な3つの症状

まずはトイレつまりの主な症状を簡単にご紹介します。
下記に当てはまる症状があれば、その時点ではなんとか使用できても、トイレがつまりやすくなっている可能性があるため注意しましょう。

トイレつまりの原因と症状

症状1. 水は流れるものの流れがよくない

トイレタンクから水は流れるものの、流れるのが遅いという症状が表れることがあります。この場合、トイレが軽くつまっている可能性がありますが、使えているからとそのままにしてしまうと悪化することがあるので注意が必要です。

症状2. 水を流すと便器の中の水位が上がる

水を流すと便器の中の水位が上がってしまうという症状が出ることがあります。しばらく待っても水位が下がらない場合は、トイレが完全につまっていると判断できます。

症状3. 水を流すと今までにない変な音が聞こえる

水を流した際、通常は聞くことのない「ボコボコ」というような異音が表れることもあります。異音がすべて異常のサインというわけではありませんが、同時に水の流れも悪くなっている場合は特に注意しましょう。

トイレのつまりの主な原因

トイレがつまる原因は様々ありますが、その多くは人為的なものであり、偶然に引き起こされることはほとんどありません。以下で代表的な原因を詳しくみていきましょう。

原因1. 紙詰まり

トイレットペーパー

トイレつまりで最もよくみられる原因は、紙でできたものを流したことによるものです。意外に多いのがトイレットペーパーで、これは本来トイレに流せるものですが、一度に大量のトイレットペーパーを流そうとすると水を含んで固まってしまい、トイレをつまらせることがあります。

また、トイレで使われる紙製品は、ほかにも生理用品やトイレシート、おむつといったものがありますが、これらは水に溶けないものも多く、それを流すことで配管をつまらせてしまいます。

トイレシートは流せるものと流せないものがあるので、流せないものを勘違いなどでトイレに流してしまうとつまりの原因になります。紙だから流せるだろうという誤った判断で安易にトイレに流してしまうと、あとで大変な目に遭うことになります。

原因2. 「トイレに流せる」グッズ

お掃除シート

「トイレに流せる」と表示されているグッズはいろいろありますよね。お掃除シートをはじめ、流せるトイレブラシ、赤ちゃんのおしりふき、トイレに流せるペット用ティッシュやペット用砂などというものもあります。汚れものをそのままトイレに流すことができるのは便利だし清潔で良いと思われるかもしれませんが、実は、こうした「トイレに流せるグッズ」はトイレつまりを引き起こす原因として非常に多いものとなっています。

消費者庁によれば、全国の消費生活センターなどに「トイレのお掃除シートが流れない」「トイレにつまった」などの相談が、過去10年間で32件寄せられているそうです。

トイレのお掃除シートには、日本工業規格(JIS)がありません。とは言え、トイレに流すためにはトイレットペーパーと同程度のほぐれやすさが必要であると言えます。

同庁が市販のお掃除シート10数点について、トイレットペーパーのJISによる「ほぐれやすさ」の品質試験を実施したところ、トイレットペーパーと同じようにほぐれたのは2点だけという結果になりました。
水洗トイレメーカーは、トイレには「トイレットペーパー以外のものは流さないように」としています。

マンションなどの場合、住戸のトイレでつまらなくても、共用の配管につまって溶けないことがあるようです。便利なお掃除シートですが、トイレつまりを避けるためにはできるだけ使用しない方が無難であると言えそうです。

原因3. 携帯電話

携帯電話

トイレつまりの原因、第2位はなんと「携帯電話」!

みなさんの中にも、後ろポケットに入れていた携帯電話をうっかりトイレに落としてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

落としてしまったことに気づかず流してしまい、手では取ることができなくなり、つまりの原因になることが多いようです。

防水タイプの携帯電話でない場合は携帯電話自体が壊れたりデータが消えてしまうことも多いですし、その上トイレも故障してしまうのでは踏んだり蹴ったりですよね。
携帯電話をポケットに入れる習慣のある人や、トイレで携帯電話をいじる人は、落とさないようくれぐれもご注意ください。

原因4. アクセサリーやおもちゃなど異物を誤って落としてしまう

アクセサリー

紙、携帯電話に次いで多いのが、異物によるつまりです。

原因となる異物はさまざまで、ペンやライター、アクセサリー類、おもちゃ、使い捨てカイロなどがあります。異物のほとんどはトイレを使用しようとして誤って落としてしまう、子どもが遊んでいる時におもちゃをトイレに落とす、といったことが原因です。

異物が原因でトイレがつまる時は、つまっている物によっては時間差でつまりの症状が出ることがあります。これは異物自体が小さい時に起こり、水流にあまり影響しない小さな異物がつまった状態でトイレを使用し、トイレットペーパーや排泄物が引っかかることで起きます。この場合はトイレつまりの症状がゆっくりと現れて突然完全につまってしまうことがあるので、水があふれてしまうことが多く、被害が拡大することもあります。

原因5. 尿石

尿石

異物によるつまりは珍しいケースもあり、古い建物のトイレの場合は長年使われてきたトイレに尿石と言われる人の尿の結晶が付着して、配管をつまらせることが原因になることもあります。

原因6. トイレタンクにペットボトルを入れている

ペットボトル

テレビなどで紹介されたことがある節約術に、トイレのタンクに水を入れたペットボトルなどの重いものをいれて水道料金を節約する方法がありますが、この方法は節約どころか、トイレをつまらせる原因になります。

トイレのタンクには、一気に水を流すために必要な水が蓄えられています。ここに重いものを入れておくと、水かさは変わらないのですが、流れる水の量は少なくなり、十分な水流が得られません。

水の流す力が弱くなるので、紙や排泄物が配管に溜まってつまりを起こす原因になります。トイレのタンクにペットボトルを沈めておけば水の節約にはなりますが、それでトイレがつまれば修理費用が掛かるので意味がなく、かえって修理費用という出費が増えることになります。

原因7. 元栓を絞りすぎている

水道の元栓

トイレには水の量を調節できる水栓がついていて、通常は工具などで流れる水の量を調整できるようになっています。これを節約目的で過度に絞ってしまうことでも、十分な水がトイレに流れなくなり、トイレつまりの原因となります。

トイレの水栓を絞っても、使用する水の量は変わらないので節約にはならず、トイレのつまりを引き起こす原因となるだけです。

原因8. 劣化

トイレの劣化

トイレは品質によっても異なりますが一生ものとして使うことはできません。使用していれば劣化は進むため、劣化によってトイレが上手く機能せずつまりに繋がることも考えられます。

トイレつまりが起きた時の対処法

では、トイレつまりがりが発生したときはどうすればいいのか!?プロも実践する役立つ直し方をご紹介します。

トイレにつまっているものによっては自分で解消させるのは難しくなりますが、業者を呼ぶ前にまずはご自分でやれることを試したいという方は、試せる方法がないかチェックしてみましょう。

焦らずに少し待ってみる

まずトイレがつまって水が流れなくなってしまった場合には、ひとまず時間が経つのを待ってみてください。

トイレットペーパーなどがつまっている場合には、時間が経つことで溶けて流れてくれる場合もあります。

トイレットペーパーはもともと水に溶ける性質を持っているため、焦らずにしばらく経ってから再度流してみてください。これで流れない場合には、トイレつまりを直すために道具が必要になってきます。

専用のワイヤーでつまっているものを物理的に取る

トイレワイヤー
トイレのつまりを解消させる方法の基本は、物理的に取り除く方法です。

この方法では専用のワイヤーを使い、つまっているものに直接力を加えて動かす、削ったり穴を開けたりして柔らかくしてから流す、または引き上げて取り除くことでつまりを解消します。

使用するワイヤーはパイプつまり用のワイヤーで、ホームセンターなどで購入することができますが、使いこなすには少々の慣れと工夫を必要とします。

あらゆるつまりの原因に対応できる万能な方法ではありますが、つまっているものが硬いものだった場合は排水管の奥に押し込んでしまうといったことで状況を悪化させることもあります

ラバーカップ・真空式ポンプで空気圧を利用してつまりを取る

ラバーカップ

空気圧を利用してつまりを取る方法は、トイレつまりを解消する方法の中でも古典的な方法です。ラバーカップ、または真空式ポンプといわれるトイレ用の器具を使って空気を配管に押し込み、同時に吸い上げることでつまっている異物を溶かして押し流す、または取り除きます。

具体的には、便器に水、あるいはぬるま湯と食器用洗剤を入れ、何度か空気を押し入れるように動かします。すると、つまっているものと配管の隙間に水が流れて溶け出し、やがてつまりが崩れ、流れていきます。

ラバーカップや真空式ポンプはホームセンターなどで購入できるので、準備しておくと困った時にすぐ使えて便利です。ラバーカップや真空式を使う場合はある程度の水が必要になるので、便器の水が少ない場合はバケツなどで水を追加してから使う必要があります。

紙などの柔らかいものがつまっている場合に有効で、適切に使えば効果的ですが、つまっているものが硬いものや小さいものの場合は、あまり効果がありません。また、空気圧を使うので、押し込んだ空気が逆流してトイレの水が跳ねることがあるので注意が必要です

ラバーカップの種類や使い方もご紹介します。

ラバーカップの種類

ラバーカップはホームセンターなどでよく売られていますが、その種類はひとつではありません。
「排水口用」「トイレ用」「(節水型トイレなどの)特殊なトイレ用」と大きく分けて3種類のラバーカップがあります。また同じトイレ用のなかでも「和式トイレ用」「洋式トイレ用」があります。
それぞれ形状が微妙に異なるので、自分の家のトイレにあったラバーカップをきちんと確認してから購入すると良いでしょう

ラバーカップの使い方

  1. まずはトイレの水を確認

    ラバーカップを使用する前にトイレの水の状態を確認しましょう。ラバーカップはトイレに水がない状態だと効果がありません。便器に水が入っていないようでしたら、バケツなどで水かさを増してください。ラバーカップを便器の穴に押す位置の上あたりに水がくるくらいになると良いでしょう。トイレがつまったまま水を流し過ぎて、水かさが増しているときはあふれないように気をつけながら水を減らしてください。

  2. 静かに押して力を入れて引く

    水を確認したら、ラバーカップを便器の穴に押しつけていきます。ラバーカップの使い方の基本はカップの空気を抜くように静かに押してへこましていくことです。何度か押すと便器の穴にぴったりとはまる感覚があるので、繰り返し静かに押します。引き上げるときには力を入れて引き抜きましょう。引き抜く際に水が飛び散る可能性があるので、トイレにはビニールシートをひいたりするなどして跳ね返りに注意してください。この作業を繰り返すことで水が引いていってつまりが解消します。

  3. すぐに水を流してはいけない

    つまりが解消したように見えてもすぐに水を流さないようにしましょう。もしもまだつまりが解消していない場合、水があふれてしまう恐れがあります。つまりの原因となっていた異物がある場合はきちんと取り除いてください。それからバケツで水を流してみて、スムーズに流れるかどうか確認をします。スムーズに流れるようでしたらトイレのハンドルを回して水を流すことができます。

身近なものでつまりを取る

トイレのつまりは、ラバーカップやワイヤーを使うことで解消できる可能性がありますが、もし手元にこれらの道具がない場合は、身近にあるものを使う手もあります。

トイレットペーパーや紙おむつなど、水に溶ける、または水に溶けにくいが水を含めば柔らかくなるものであれば、お湯で溶かす方法で柔らかくして流れやすい状態にする方法が有効です。ぬるま湯をバケツに入れ、お湯があふれないように気をつけながら、高い所からゆっくりと便器の中に注ぎ入れる作業を繰り返し、1時間ほどおくことで流れやすくなります。

ほかにも、以下のような方法があります。

ぬるま湯と食器用洗剤

ぬるま湯と洗剤

お湯をかける場合に熱湯は避けなければなりません。急激に熱を与えると配管の破損につながるためです。配管をタオルなどで巻いて、50度前後のお湯を少しずつかけるのが望ましいです。

バケツに水をくんで流す

便所の詰まりの修理をするにあたって、バケツに水をためて流してみるのは初心者レベルでも十分できます。中には詰まっているのに水を流したらあふれるのではないか、と思う人もいるでしょう。しかし先ほど紹介したようにトイレットペーパーを一気に使った場合、排水管のどこかで引っかかってしまって詰まりの原因となっている可能性もあります。

そこで水流を使ってその詰まりを外に押し出せば、修理をせずに問題を解決できる可能性があります。ただし一気に大量の水を流すのはおすすめできません。イメージとしてはジョロジョロといった感じで流していきましょう。そして少し上から便器に水を流し込むことです。そうすると水圧だけでなく、空気も一緒に含めて押し出していけるようになります。

またすでに詰まりによって便器に水が結構残っているようであれば、バケツなどで余分な水をくみだしておくといいでしょう。便器に水がたくさんあると、せっかくバケツで水を入れて圧をかけても、それが固形物のところまで十分届かないことも考えられるからです。

排水口に注ぎ込んだ水がダイレクトにあたるレベルにまで水位を下げてから、バケツの水を入れるべきといえます。またお水ではなく、お湯を入れてみるのもおすすめです。お湯の熱によって固形物がふやけることで、張り付きがほどける可能性もあるからです。ただし熱湯はNGです。

熱湯の場合、便器がひび割れる恐れがあります。だいたい触れる程度の温度、50度くらいを目安にして準備するといいでしょう。

重曹と酢

重曹と酢

水が流れないときには、お湯や専用の洗剤を使う方法以外にも重曹や酢を流す方法があります。重曹と酢が混じることで炭酸ガスが発生し、泡の力で詰まった物を柔らかくすることができます。

ハンガー

ハンガー

ハンガーを伸ばして先を丸い円状にした上で、ワイヤーの代わりにして物理的に取る方法もあります。

手におえないようなら業者を頼る

トイレのつまりが紙などの柔らかいものが原因であれば、適切な道具と方法を行えば自力で対処できます。しかし、硬い異物が引っかかっている場合や、配管を完全につまらせている場合、ワイヤーやラバーカップでは取れないようなつまりの場合は、専門業者に依頼したほうが手間がかかりません。もちろん費用は必要になりますが、労力と時間をかけることなくトイレのつまりを解消できます。

トイレつまり業者を選ぶ時のポイント

トイレの水がつまったり、水漏れしたりあらゆるトラブルは業者に依頼をする人も多いかと思いますが、業者と言っても選び方が大切です。ここではどこに依頼をすると後悔はしないかについて紹介します。

受付時間

それぞれ業者によって対応している時間は異なります。また、水のトラブルはいつ発生するか分かりません。夜中に発生するかもしれませんので、対応しているかのチェックが必要です。24時間いつでも対応してくれるところを選んだ方が安心です。

料金

トータルの料金だけではなく、作業の詳細と各作業それぞれの金額を丁寧に説明してくれる業者は信頼できます。

実績

例えばお客さんの満足度はどうか、修理の技術はどうかなど今まで対応してきた修理など、どのくらいの実績を積んでいるかも選ぶときには重要です。事前に確認して安心できるところに依頼をするといいでしょう。

保証

業者によって保証内容は異なります。実際に部品の取り換えなどを行う場合は保証も充実しているところを選ぶといいです。

トイレつまり体験談

実際にトイレつまりが発生した方はどのように対処しているのでしょうか。自分で直した方、業者に依頼した方の体験談をご紹介します。

自分で直した人

体験談①

ある日、流した水が引かなくなりました。唯一の解決法に思えた、ラバーカップを買いに走りました。浄化槽への道筋を辿うと浄化槽が遠すぎること。2回曲がり角があること。2個目の角に近い石の蓋を開けてみると、トイレットペーパーなどの固形物がつまっていました。手近な道具を使って、見える範囲の固形物を取り去り、水が引くのを待って、水を流しては様子を見て、を繰り返しました。流しきれなかった紙が長い通路の途中で乾いて固まり、それを繰り返すことで、徐々につまっていったようです。今は定期的に石蓋を持ち上げて様子を見るようにしたため、つまることはなくなりました。

体験談②

普通に使っていたはずのおトイレが、なんとつまっていました。流してみても流れず、時間を置いて、水位が下がっては、再度流してみるという作業を繰り返してみましたが、改善の兆しは見られません。そこで、自力で何とかすることを考え、『ラバーカップ』で何度か作業しているうちに、開通しました。

業者に依頼した人

体験談①

普段トイレの水洗が流れにくくなったかなと思ったときは、すっぽんでつまりを解消していましたが、その時は、何度試してみてもつまりが通らず、かえって流した水が便器からあふれ出しそうになりました。業者さんに来てもらい、便器を取り外して配管のつまりを見ることになりました。「ここから先は、1万円以上になる作業です」と言われましたが、仕方がありません。便器を外してみると、何と排水パイプにつながる境目には、小さな丸いおもちゃの鏡が(直径3センチ程の)すっぽりとおさまっていました。見た覚えのある鏡に、子供が落としたものだろうと思いました。

体験談②

トイレつまりの修理を依頼した事があります。その時の修理費用は、6,000円ほど。また出張費もそれにプラスしてかかったので、約10,000円ほどかかりました。作業の時間はわずか10分から20分程度でした。原因は経年劣化だったようで、トイレつまりを治していただいた業者の方にも新しいものに変えたほうが良いかもしれない、というアドバイスを頂きました。

まとめ

水回りのトラブルというのは、ふとしたときに発生してしまうことがあります。特にマンションなどの集合住宅に住んでいると、トラブルが起きてしまうと階下にまで浸水してしまうことになるので損害賠償を請求されるケースもあります。

自分でなんとかなると思っている方もいるかもしれませんが、素人が下手に水道管などを扱ってしまうと、破損の原因にもなりかねません。最近は格安で修理してくれるところも増えていますので、下手に自分でなんとかするよりも、最初からどこかに依頼した方が時間的にも費用的にも負担がかからずに済むこともあるでしょう。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.