ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2019年11月29日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2019年11月29日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

お役立ち情報詳細

洗面所のしつこいカビはどのように対処すればいいか

お役立ち

洗面所にカビが生えやすい原因


洗面所は朝起きたときや眠る前に洗顔をする、食後に歯磨きをする、帰宅後に手洗い、うがいをするなど一日に何度も利用する場所です。
利用頻度が高いだけあって、キッチンやお風呂場などと同様に汚れやすい部分でもあります

壁や床が黒ずんでいた場合、その正体としてカビが考えられます。
洗顔や歯磨きだけではなく、手洗いしているときにも想像以上に水が跳ねて壁や床に飛んでいることがあり、拭き取られていなかった水分がカビとなって発生してしまいます。

その他にも洗面所でカビが生えやすい原因として、湿度が高いことも考えられます。
動線を考え、洗面所と浴室が隣り合わせの住宅は非常に多く、湯船の湯気が入ってくることも多くなります。

洗面所はお風呂場ほど換気の設備が整っていないため、換気が上手くいかない場合、湿気がこもってしまいます。
つまり、湿気が溜まりやすい住宅の意外な落とし穴なのです。

加えて洗面所でのヘアセットやメイクが原因となることもあります。
ヘアスタイリング剤や化粧品には油分が多く含まれています。

この油分が洗面所の壁や床に付着してしまうと、その付着した油分が汚れとなってしまいます。

カビは湿気と汚れが大好物といわれており、一度発生するとそこからどんどんと増えてしまいます。
洗面所はお風呂場でカビに気を遣うのと同様に、抑制するためにほかの場所よりも頻繁に、かつ丁寧に掃除をする必要があると心得ておきましょう。


カビはどのようにして除去すればいいのか

普段気を付けてこまめに掃除をしていても、洗面所にカビが生えることはあります。
特に梅雨時や秋雨前線のかかる時期などは、湿度が高めです。

壁や床にカビが生えているのを見つけても、慌てず除去することが重要です。
正しい掃除の仕方をマスターしていれば、素人でもきれいにできます。

まずメラミンスポンジを準備します。
これは樹脂製のスポンジのことで、洗剤なしでも水があれば汚れを落とすことができる代物です。

このスポンジに水を付けて、黒ずんでいる個所をこすると黒い汚れがはがれていきます。

もしメラミンスポンジだけでは十分に落ちないのであれば、重曹を準備しましょう。
重曹はドラッグストアやスーパーマーケットなどでも販売されている、掃除のときに何かと重宝するアイテムです。

アルカリ性の洗剤としても使用でき、人体にも環境にも優しいエコアイテムとして注目を集めています。
床や壁に使用する際には、水100mlに対して重曹を小さじ1杯混ぜて使用します。

これをスプレーボトルに入れて黒く変色しているところに吹きかけ、雑巾で拭き取ります。
もしこれでもダメな場合には、重曹を粉末の状態で汚れに振りかけ、使い古しの歯ブラシなどでこすってみましょう。

しっかりとこするとカビがはがれてくるため、一度濡れた雑巾で拭き取り、からぶきをすることできれいになります。

洗面所の掃除をする際に気を付けたいのは、使用するグッズの素材です。
使用する素材によっては、こすることで壁や床に傷を付け、その傷から新たに汚れが発生しやすくなってしまう可能性があります。

出来る限り柔らかめの素材で優しく掃除しましょう。


カビを再発させない予防策として有効な方法

カビは見つけたらそのまま放っておかず、早めの段階でしっかりと掃除をすれば、根本から取り除くことは可能です。
しかし、まずは生えにくい状態を作り上げることが重要です。

一番大切なのは換気を十分に行うことです。
窓を開けて風通しを良くすることで水分や湿気が溜まりにくくなり、カビが発生しづらくなります。

もしユニットバスのように窓がない場合には、換気扇を付けておきましょう。
可能であれば、24時間ずっと回しっぱなしにするのが理想です。

24時間となると電気代が心配な方もいるかもしれませんが、24時間回しっぱなしにしても月々の電気料金は数十円から数百円程度とされているため、電気代に問題がないようであれば付けっぱなしにしておきましょう。

また、顔を洗ったり歯磨きをしたりしたときに飛び散った水滴をすぐに拭き取るように心がけることも大切です。
カビの芽を摘み取るという意味でも有効であるため、特に洗面台の周りは気にしておきましょう。

その他に、できるだけ余計なアイテムを室内に置かないようにすることもカビの抑制につながります。
物が多い場合、どんなにこまめに掃除をしても十分にカバーしきれない場所が出てきてしまいます。

体重計やお風呂マットは出しっぱなしにするのではなくこまめに片づけたり、動かせない物やほかに置くスペースがないという場合は、キャスター付きの収納アイテムを使用したり工夫しましょう。

洗面所の素材が変更できるようであればビニール素材のものが多いクッションフロアに取り換えることで、汚れを抑制することができます。
たとえ汚れてしまっても簡単に拭き取りができるため、お子さんがいる家庭であってもメンテナンスが楽になるでしょう。

≫ 洗面所の修理と料金表はこちら洗面台など水回りのつまり解消方法

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.