ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年10月16日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年10月16日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

洗面蛇口から水漏れ

施工事例 お役立ち 水漏れ 蛇口交換 千葉

20年前に取り付けた蛇口の銅管部分からの水漏れ

千葉県習志野市で稼働しております、野口です。

「洗面蛇口の先端から水が漏れている」とのことでご連絡いただきました。

 

今回は蛇口内部のカートリッジが経年劣化でボロボロになっていました。

漏れていた蛇口がこちらです。

使用年数も10年はとっくの昔になるような蛇口です。

古い蛇口は給水管(洗面台の下に見える)が銅管で作られており、20年もすれば何かの拍子にもれたりもします。

年数が経つと、蛇口の中に入っているカートリッジと呼ばれる部品の劣化によって、ポタポタが始まります。

早速新しい蛇口に交換させていただきます。

 

古い蛇口は真鍮でできていますが以外にも中の部品は樹脂製で内部部品だけ壊れてしまうケースも

昔の蛇口は真鍮という、かなり丈夫な金属が使われており、触った感じも壊れにくいように感じますが、中に使われている部品は樹脂製のものが普通です。

年数が経つと、この部品の供給自体も怪しいですし、仮にあったとしても、本体が歪んでしまっていると分解できなかったり、新しい部品を入れても不具合が発生したりと、いいことがまるでありません。

今回はTOTOの洗面水栓に交換させていただきましたが、今は給水管がブレードホースというものが使われており、かなり丈夫になっております。

部品交換の方が割安に感じますが、トータルのランニングコストを考えれば、蛇口交換をしていただいた方が、手間もかかりませんし、不安もない状態で使用できるかと思います。

是非修理の際はそれらの違いについても現場でお聞きいただければ幸いです。

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.