水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2024年07月20日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

お役立ち情報詳細

キッチンの排水口から汚水が逆流!その原因や対策方法を徹底解説

目次

 

キッチンの排水口から水が逆流した時、必ず原因があります。その原因を突き止めて対処することが重要です。自分で対処できない場合でも、業者に依頼すると解決できます。

 

この記事ではキッチンの排水口から汚水が逆流する原因や対処法、発生する被害、業者に解決を依頼するメリットなどを詳しく解説しています。

キッチンの排水口から水が逆流する原因4つ

キッチンの排水口から水が逆流してくる時、主に以下4つの原因が考えられます。

  • 排水管が詰まっている
  • 汚水桝が詰まっている
  • 大雨や台風の影響による下水道の異常
  • 経年劣化や物理的な衝撃による排水管の破損

それぞれ詳しく解説します。

排水管が詰まっている

最初に考えられる原因が排水管の詰まりです。排水管は排水口から流れた水を下水道に運ぶ役割を果たしています。この排水管が詰まっていると、水がスムーズに流れずに溜まりだし、やがて逆流する可能性があります。

 

排水管が詰まる原因として考えられるのは、自分自身が排水口から流したものです。例えば油や生ごみ、食材のかすなどが考えられます。特に油は冷えると固まる性質があるため、排水管の詰まりの原因になっている可能性が高いでしょう。

 

またスプーンや歯ブラシなどの固形物を落とした場合も、詰まりの原因になっていることが考えられます。

 

排水管の詰まりは日々の小さな蓄積が原因となるので、日ごろから詰まりの原因になり得るものは意識的に流さないようにすることが大切です。

 

汚水桝が詰まっている

汚水桝とは、排水口から排水管を伝って流れた水が溜まる部分です。この汚水桝が詰まっている場合も、うまく水が下水道に流れなくなり、結果的にキッチンの排水口での逆流を引き起こす可能性があります。

 

汚水桝のつまりが起こる原因も基本的には排水管の詰まりと同じです。油や食材かす、固形物は、排水管では詰まりの原因になっていなくても、汚水桝のエリアで滞留し、詰まりを引き起こすことになります。

 

また汚水桝は排水口からだけではなく、トイレやお風呂など、自宅の水回り全体から流れてきたものが溜まります。つまり汚水桝に詰まりが生じた際は、キッチンの排水口だけではなく、その他の水回り部分でも逆流が生じる可能性があることを理解しましょう。

 

水回りで「ポコポコ」といった音が聞こえる時は、汚水桝で詰まりが生じているサインです。

大雨や台風の影響による下水道の異常

直近で大雨や台風があった時に排水口の逆流が見られる場合は、下水道の処理が追い付かず、異常が生じていることが原因と考えられます。基本的に下水道がキャパオーバーとなることはありませんが、短時間で異常な量の雨が降った時は別です。

 

下水道の処理能力にも限界があるため、それを超える量の水や土砂、草木などが流れ込んでくると、処理が追い付かなくなり、逆流が発生します。

 

実際にここ数年はゲリラ豪雨や線状降水帯などの影響で、下水道の処理が追いつかず逆流が生じるという事例も見られるようになりました。

経年劣化や物理的な衝撃による排水管の破損

キッチンの排水口で逆流が起こる場合には、排水管の経年劣化、破損などの原因もあるでしょう。適切な方法で利用していても、長く排水管を使っていれば経年劣化は必ず起こります。

 

また大きな地震が起きた場合などは、衝撃により排水管に亀裂が入ったり、破損したりする可能性があります。地震などの大きな出来事こそなくても、日々固形物などを流していれば、それが排水管を傷める原因になっているかもしれません。すると適正に排水ができなくなり、逆流が生じてくるのです。

 

特に排水管が破損している場合、そのまま放置しておいても状況は回復しません。壊れていない排水管と交換する必要があるため、早めの対応を検討しましょう。

【原因別】キッチンの排水口から水が逆流する時の対処法7選 

いざキッチンの排水口から水が逆流した時は、慌てずに対処することが大切です。逆流の原因に応じた対処法を紹介します。

原因 対処法
排水管の詰まり ・液体のパイプクリーナーで汚れを溶かす
・ラバーカップを用いて圧力を変化させて詰まりを解消する
・ワイヤーブラシで詰まりを物理的に削る
汚水桝の詰まり 汚水桝を掃除する
大雨や台風の影響による下水道の異常 ・落ち着くまで待つ
・水のうを活用して逆流する水に対処する
経年劣化や物理的な衝撃による排水管の破損 業者に修理を依頼する

それぞれの方法を詳しく解説します。

排水管内の詰まりが原因の場合

排水管の詰まりが原因で水の逆流が生じている時は、自宅のキッチンから修復できる可能性があります。対処法は何が詰まっているかによって異なります。

液体のパイプクリーナーで汚れを溶かす

液体パイプクリーナーは、油が原因で排水管が詰まっている時に有効なアイテムです。薬局やECサイトなどで、簡単にゲットできます。

液体パイプクリーナーは、水酸化ナトリウムが配合されているものを使います。この水酸化ナトリウムが油を溶かす役割を持っているので、排水管の詰まりおよび逆流の解消に繋がるでしょう。

 

ちなみに「次亜塩素酸ナトリウム」配合の液体パイプクリーナーは、キッチンの排水管の詰まり解消には不向きです。こちらは髪の毛の詰まり解消など、お風呂のトラブルと相性が良い商品なので、利用時はしっかりと成分を確認してください。

 

水酸化ナトリウムの濃度や粘度は高い方が効果を見込めます。水酸化ナトリウムの粘度が低い液体パイプクリーナーだと、効果は期待できないので、お店で選ぶ際は「超密着」や「高粘度」といったキャッチのある商品を探すのがおすすめです。

 

液体パイプクリーナーの準備ができたら、洗面器1~2杯分の水で一気に流しましょう。「お湯の方が溶かせそう」と思うかもしれませんが、お湯を利用すると有毒ガス発生の懸念があるので要注意です。

ラバーカップを用いて圧力を変化させて詰まりを解消する

キッチンの排水管が詰まっている場合、ラバーカップを利用するのもおすすめです。ラバーカップはトイレの詰まり解消のために使うイメージもあるかもしれませんが、実はキッチンにも使えます。

 

キッチンで水の逆流が生じた時は、以下のような流れでラバーカップを使ってみましょう。

  1. 水が飛び散るのを対策する(濡らしたくないものの避難、ビニールや雑巾の配置など)
  2. 悪臭対策をする(3で部品を外すと、下水道の間にしきりがなくなり、悪臭が一気に立ち込めるため)
  3. 排水口の部品をすべて取り外す
  4. 排水口にラバーカップを当てる
  5. ラバーカップをゆっくりと押し込む
  6. ラバーカップを勢いよく引っ張る

一連の手順が済んだら、実際に水を流してみましょう。特に水が溜まることなく、スムーズに流れれば問題解消です。

 

ただしラバーカップを使うのが適切ではない場合もあります。例えば排水ホースがジャバラ式で柔らかいタイプの場合、ラバーカップで圧力をかけると、変形してしまい漏水を引き起こすかもしれません。

ワイヤーブラシで詰まりを物理的に削る

ワイヤーブラシとは、排水管内の手が届かない部分を綺麗にする際に使います。ワイヤーブラシを伸ばして排水管内を掃除することで、詰まりがなくなり逆流が解消するイメージです。

 

実際にワイヤーブラシを使う場合は、以下の手順で作業を行います。

 

  1. キッチン周りに水が飛び散るのを対策する(新聞紙を養生テープで固定するなど)
  2. ワイヤーブラシを排水口から入れ、行き止まりまで差し込む
  3. 行き止まりに到達したらワイヤーブラシを左右に回転させたり、上下させたりする(貫通するまで継続)

 

上記の手順を行い、少し水を流してみましょう。再び逆流し始めたら再度1から行う、もしくは排水管の詰まり以外が原因であることを考えましょう。逆流せずにしっかりと水が流れるようになれば、問題は解消です。

 

排水管のそこまで深くない部分に詰まりが発生している場合には、有効な解決方法となります。しかし排水管の詰まりが以下のような原因の場合には、ワイヤーブラシを使っても効果は期待できません。

 

  • 固形物が落ちた
  • 油が固まっている
  • ペット砂や生理用品など、吸水すると膨らむ素材

 

また、利用するワイヤーブラシ選びを間違える可能性もあるので注意しましょう。自宅の排水管ごとに、フィットするワイヤーブラシの太さや長さ、強度、固さなどは異なります。強く押し付けすぎると、排水管を傷つけて漏水するリスクなどもあるので要注意です。

汚水桝の詰まりが原因の場合

汚水桝の詰まりが原因でキッチンの排水口から逆流が生じている場合は、汚水桝を掃除しましょう。戸建住宅に住んでいる方は、庭に出ると汚水桝があります。

集合住宅に住んでいる場合は勝手に掃除することはできません。管理会社に連絡して、対応を依頼すればOKです。

 

汚水桝は汚物、汚水が流れる場所であり、詰まりが生じているとなると強烈な悪臭が発生する可能性があります。そのため実際に掃除する際には衛生面や環境面への配慮が必要です。

周囲に人がいないこと、汚れたり臭いがついたりすると困るものは周囲にないことなどをしっかりと確認しましょう。

 

しかし汚水桝を掃除しただけでは、詰まりを解消できない場合もあります。その場合は汚水桝の交換が必要です。汚水桝の交換は一般人ができるものではないため、業者に依頼するのが基本となります。

 

汚水桝の交換にかかる費用やスピードは、業者ごとに異なります。失敗しないために、しっかりと複数の業者で見積もりを取ってから、依頼する業者を選ぶことが大切です。具体的に業者選びの際は、以下のような点を重視しましょう。

 

  1. 居住地域で水道局指定工事店になっている
  2. 価格が適正である
  3. 急ぎでも対応してもらえる

 

特にキッチンで逆流が発生している場合、緊急性が高いと言えるので3番目の点は重要になるでしょう。

 

汚水桝を無事に交換できれば、以降はしばらく詰まりが発生する可能性も低くなります。長期的に見て同じトラブルが起きなくなることやメンテナンスが楽になることを踏まえると、自分で掃除するよりコストをかけてでも業者に汚水桝の交換を依頼する方がおすすめです。

大雨や台風の影響による下水道の異常

大雨や台風などを理由に下水道で異常が生じた場合は、以下いずれかの対処をしましょう。

 

  • 落ち着くまで待つ
  • 水のうを活用する

 

それぞれ詳しく解説します。

外的な要因のため基本的には落ち着くまで待つしかない

大雨や台風の発生は人間がコントロールできるものではありません。そのため基本的には落ち着くまで待つ必要があります。

 

一時的に流水量や流れる土砂の量が一気に増えて発生した下水道のキャパオーバー状態も、時間が経つとだんだん落ち着き、やがて解決します。

水のうを活用して逆流する水に対処する

待っていれば下水道が落ち着くとは言え、既に自宅のキッチンで水の逆流が発生している場合は、悠長なことは言っていられません。その場合は、水のうを活用して逆流に対処しましょう。

 

水のうはゴミ袋に水を入れれば簡単に作れます。水のうを作れたら、排水口の部分にまるごと置いてください。水のうのサイズが小さいと逆流してきた水が脇から噴き出してくる可能性があるため、なるべく大きめの水のうを準備しましょう。

 

下水道で異常が生じている場合は、キッチン以外にも水の逆流が起こる可能性があります。そのためトイレ、お風呂、洗面所など水回りにはすべて水のうを置いておくのがおすすめです。

 

ひとまず水のうで自宅内での逆流の被害を防ぎつつ、大雨や台風が去り、下水道の処理が元通りになるのを待つのがおすすめです。

経年劣化や物理的な衝撃による排水管の破損が原因の場合

キッチンの排水口から水が逆流してくる原因が、排水管の経年劣化や破損による場合、一般人が直すのは非常に困難なので業者に修理や交換するのが基本です。

排水管の交換を業者に依頼すると、規模にもよりけりですが数万円から数十万円の費用が発生します。安くはない金額ですが、交換しないといつまでも逆流の問題が解消しなくなるので、支払う価値は十分にあるでしょう。

 

実際に業者に依頼する時は、しっかりと複数の業者から見積もりを取ることが大切です。金額やスピード感、これまでの実績、技術力、口コミなども考慮して最も良いと判断した業者を選びましょう。

 

工期は基本的に数時間程度しかかかりませんが、複雑な構造だったり、破損の具合が酷かったりする場合は、数日程度日数を要する可能性もあります。

キッチンの排水口からの逆流を放っておくと起こること

キッチンの排水口からの逆流を放置しておくと、以下のような事態が起こります。

 

  • シンクや台所の浸水
  • カビや細菌の繁殖
  • 悪臭の充満

 

どれも生活環境を悪化させることばかりですので、早めに対処して余計な被害を生まないことが大切です。

シンクや台所への浸水

水の逆流を放置していると、水が流れなくなるばかりか、自宅の方に水が戻るようになります。するとどんどんシンク内に水が溜まり、いずれは溢れてしまうかもしれません。

 

するとキッチン、さらにキッチンに繋がっている廊下や居間、部屋などにも浸水する可能性があります。浸水が拡大すると、フローリングが傷むなどの被害も考えられるでしょう。

 

一度逆流が発生したら、まずはそれ以上水を流すのをストップしつつ、早めに対策を講じて解決することが大切です。

カビや細菌の繁殖

キッチンの逆流を放置したままにすると、キッチン周りを中心にカビや細菌が繁殖する可能性もあります。一時的に逆流を止めたつもりでも、実はその原因に排水管の破損があり、破損部分からの水漏れが起きているかもしれません。

 

自宅内にカビや細菌が繁殖すると、衛生状態が悪くなります。さらにシロアリが発生するリスクもあるでしょう。シロアリが多く発生すると、自宅の耐久性が弱くなり、耐震性の低下にも繋がり得ます。

 

逆流の放置は大きな事故にも繋がる可能性があることを心得て、未然予防や対処を講じることが大切です。

悪臭が充満する

水の逆流を放置すると、悪臭が漂う懸念もあります。なぜなら逆流してきた水は、下水が含まれている可能性もあるためです。

 

下水道には汚物や汚水が多く流れているため、当然強烈な悪臭を放ちます。掃除で綺麗にしても、臭いまで完璧に落とせるとは限りません。

 

そもそも下水の悪臭は、逆流が起こる前から発生するとも言われています。そのため普通に生活していて何か異臭がすると感じた時は、「逆流の予兆かもしれない」と感知しましょう。

 

早めに気づいて対処できれば、被害を最小限に留めることができます。

自分での解決が難しい場合には業者に依頼することを検討しよう 400

キッチンの排水口から逆流が発生した場合、自分で対応するのは簡単ではありません。ちょっとした排水管の詰まり程度ならすぐに解決できる可能性もありますが、逆流の原因がもっと深い部分にある場合、知識やスキルなしで対処するのは危険と言えます。

 

そのため本記事でも紹介したような簡単な対処法を一通り試しつつ、解消しない場合は、業者に依頼するのがおすすめです。

 

「お金をかけたくないから」と言って自分で対処しようとすると、効果の期待できない無意味な作業を続ける可能性もあります。最悪の場合、逆流や詰まりを解消するどころか、より悪化させてしまうかもしれません。

 

水道屋本舗は、キッチンの排水口に関するトラブルにも迅速に駆けつけて解決することができます。

 

もしも、キッチンの水まわりで何かお困りの場合にはぜひ一度お問い合わせください。

キッチンの排水口の逆流問題を業者に相談するメリット

キッチンの排水溝で逆流問題が生じた時に、業者に相談すると以下のようなメリットを受けられます。

  • 原因の特定から対策までを一貫して任せることができる
  • 専用の工具で対処してもらえる
  • 部材の調達を自分でしなくてよい
  • 素早く対処してもらえる 

原因の特定から対策までを一貫して任せることができる

業者に対応を依頼した場合は、単に「逆流を止める」といった表面的な対応だけではなく、そもそもなぜ逆流が起こったのかという原因も特定してくれます。そして今後は同じようなトラブルが起きないよう、原因もしっかりと解決してくれるのが特徴です。

 

表面的な事象に対応するだけならば一般人でもできますが、原因の特定および解決までしてくれるのは、業者に頼むからこそです。

 

また今後逆流を起こさないために、どうすべきかなど具体的なアドバイスも受けられます。

専用の工具で対処してもらえる

業者は逆流問題に対処するため、専用の工具を持ってきてくれます。各自宅の排水管の形や詰まりの状況などによって適切な工具は異なりますが、豊富な種類があるため、適材適所で最適な工具を使ってくれるのもメリットです。

 

そして業者は工具を使う技術力もあります。一般人が対処する場合に比べて、はるかに正確かつスピーディな作業を期待できるでしょう。

部材の調達を自分でしなくてよい 

一般人が自分で道具を工面しようとしても、必ずしも最適な工具を選べるとは限りません。一度工具を購入したものの自宅の排水管にはフィットせず、再度買い直しになる可能性などもあります。

 

しかし業者の場合は、持ってきた工具の中から最適なものを選び、作業をしてくれます。

業者に対応を依頼すれば「何が必要なのか?」と調査したり、実際に買い出しに出かけたりする手間はありません。

素早く対処してもらえる

業者の場合、電話をかけてからすぐに対応してもらえるのもメリットです。早い場合は電話をかけた後、30分程度で作業を開始してくれます。

 

キッチンの排水口から逆流が発生した場合、放置するのは危険が大きいため、「とにかくいち早く解決したい」と考える人も多いでしょう。その点、すぐに自宅まで駆けつけてくれ、なおかつスムーズに問題を解消してくれるので安心です。

水道屋本舗に依頼したときの具体的な流れ

キッチンの排水口から水が逆流するトラブルが発生した場合、水道屋本舗に対処を依頼しましょう。水道屋本舗では自宅で起こる水回りのトラブル全般対応を扱っており、もちろんキッチンの逆流も対象です。

実際に水道屋本舗に依頼した時の具体的な流れを紹介します。

 

まずは0120-0120-24にフリーコールで電話します。電話は24時間365日利用可能です。

住んでいる地域やトラブルの状況を伝えると、コールセンタースタッフが自宅近所の事業所にいるスタッフを手配してくれます。早ければ数十分で到着するので待ちましょう。

 

そしてヒアリングを実施し、担当スタッフが見積もりを提示してくれます。水道屋本舗はここで提示された見積もり以外の支払いが発生する心配はないので安心です。

 

見積もり内容に同意したら、作業が開始し、トラブルを解消してくれます。最後に決済すると、一連の手続きは完了です。

 

なお作業可能時間帯は朝8時から夜10時です。夜10時から朝8時の時間帯は電話こそつながりますが、スタッフが作業に来ることはありません。それでもコールセンタースタッフが応急処置の方法をアドバイスしてくれるので、参考にしつつ作業員の到着を待ちましょう。

まとめ:キッチンの排水口の逆流に注意しよう

キッチンの排水口から水が逆流した時は、排水管や汚水桝の詰まりなどの原因が考えられます。また気象の影響や経年劣化などもあるでしょう。

 

一般人が対応できるのは、排水管の詰まりが起きている場合だけです。例えば液体のパイプクリーナー、ラバーカップ、ワイヤーブラシを使うと詰まりが取れ、逆流が解消する可能性があります。

 

しかし基本的にはスキルや知識を有する難しい作業となるため、業者に依頼する方が良いでしょう。業者に頼むと正確かつスピーディに最善な対応をしてくれます。また同じトラブルが起こらない状態にしてくれるのがメリットです。

 

逆流が生じた場合、浸水やカビ、細菌の発生、悪臭の充満など自宅内に様々な被害が発生するリスクがあります。そのため日ごろから水と洗剤以外はシンクから流さないように徹底するなどして、逆流が起こりづらい生活を心がけましょう。

 

高野祐二

水道修理事業会社
株式会社JUNコーポレーション代表取締役
高野祐二

水道設備の配管工として経験を積んだ後に水道屋本舗で水道緊急修理のスタッフとして長年活躍。 2022年より独立し、新たな水道緊急修理の会社である株式会社JUNコーポレーションの代表取締役に就任。水道修理スタッフの育成に尽力。

保有資格
- ガス可とう管接続工事監督者
- 給水装置工事主任技術者

こちらの情報はお役に立ちましたか?

自分でやってみるのが怖い。
プロにお願いしたい!

そんなお客様は
今すぐご相談ください!

まずは症状を教えてください!

通話料無料/24時間365日受付

フリー
ダイヤル

0120-0120-24

キッチン・台所の
修理と料金表

ic_search_symptom

つまりの
修理と料金表

ic_search_symptom

水漏れの
修理と料金表

ic_search_symptom

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
Copyright© Aqualine Ltd. All Rights Reserved.