ページTOPに戻る 通話無料

電話相談はこちら!

0120-0120-24 24時間受付
お問い合わせ

最新更新日:2020年09月17日

まずは状況をお知らせください
【24時間365日】

通話料無料 0120-0120-24

水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みを24時間受付でお客様をサポート!

最新更新日:2020年09月17日

水漏れ・つまりのトラブルなら水道屋本舗

  • お客様満足度99.8%※平成29年度(当社調べ) お見積り無料 24時間365日 TOTOLIXILINAX取扱店 クレジットカードOK! 修理実績100万件突破!

まずは状況をお知らせください! 24時間365日通話無料0120-0120-24

WEB特別割引

スタッフブログ詳細

屋外給水管の保護材が劣化

施工事例 お役立ち 水漏れ 東京都

本日のご依頼

東京都葛飾区稼働の永田です。

今回は屋外の給水管の保温材や保護材についてお伝えしたいと思います。

お家の給水管が古くなると水漏れが始まったりするものですが、保温材や保護材のメンテナンスでそのリスクも減らすことができます。

こういった状態の給水管をちょくちょく見ます。

保温材がはげてしまって直射日光を受けています。

よくよく点検してみると…

どうやら途中からやり直した形跡があります。

給水管の耐用年数は環境によって変わるものなので一概に何年とは言えないのですが、大体10年くらいを超えているのであれば一度見ていただいた方がいいかもしれません。

増築や改築をして露出配管をされてるようでしたら特にこういった外引きで給水管を引いているお宅が多いように感じます。

綺麗に巻き直して終了です。

給水管が30年以上持ってくれるものですが、塩ビ管は直射日光に強くないので、劣化が一気に進みます。30年と書いてますが、塩ビ管に関しては正直なところもっと持つように思えます。

保温材がはげてしまっている場合は、冬場の凍結による給水管の破裂もあります。

破裂してしまうと、そこからとんでもない量の水が出続けてしまいますので、そのようにならないよう年に一度でも良いので見ていただきたいです。

 

お急ぎの方はこちら 0120012024
お急ぎの方はこちら 0120012024
HOMEに戻る

お急ぎの方はこちら!

24時間 通話料無料

0120-0120-24

お電話一本でお伺いします!
WEB特別割引
ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと通常価格より2,000円OFF!
Copyright©2016 Aqualine Ltd. All Rights Reserved.